平屋

一条工務店でバルコニーがいらない理由【ベランダも不要】

スポンサーリンク

悩むペンギン
悩むペンギン
一条工務店の家で『バルコニー』って必要かな?何に使うんだろ?

一条工務店のバルコニー・ベランダは「いる?いらない?」を解説します。

この記事は『一条工務店でバルコニー・ベランダを検討中の人向け』です。

結論は「バルコニー=いらない」で、僕が平屋を選んだ理由の1つがバルコニーです。

経験談を元に理由と対策を合わせて解説しますね。

スポンサーリンク

【6つの理由】一条工務店のバルコニー

一条工務店で『バルコニーがいらない6つの理由』を解説します。

あると何となく便利そうなバルコニーですが、

  • バルコニーって便利だな
  • バルコニーがあって良かった

と感じたシーンは過去にほぼ無いです。

バルコニーがいらない6つの理由
  1. バルコニーの軒が短い
  2. 洗濯干しに使えない
  3. 物置に使えない
  4. 坪数アップで高くなる
  5. バルコニーの掃除が手間
  6. メンテ費が高い

僕の過去の体験談を元に解説します。

【理由①】バルコニーの軒がない

一条工務店のバルコニーは、軒がありません。

軒なしバルコニーは使い勝手がスゴく悪いです。

軒とは?

軒とは屋根の長さで、ここ↓の部分です。

軒の画像

一条工務店の家だと↓な感じです。

一条工務店の軒なしバルコニーの画像

軒がないと雨ざらし

一条工務店のバルコニーには軒がないので、雨風を防げません。

「軒がないバルコニー=外と同じ」なので、用途の幅が狭まります。

後で解説する理由に、共通する理由ですね。

軒の延長は有料

一条工務店では軒の長さを最大90cmまで延長できます。(有料オプション)

一条工務店の軒の長さ
  • 標準:ほぼゼロ
  • オプション:最大90cm

オプション費は「坪単価35~75万」ほどです。(坪単価の1/2~1/1でカウント)

正直、かなり高い( ゚Д゚)

「屋根の長さを伸ばすだけ」なのに、普通に坪単価のコスト加算はありえないです。

そもそもバルコニーの屋根に↑のコストを支払うなら、普通に部屋を大きくした方が良い気が…。

  • 記事は「軒の長さ=標準」で解説を進めます。オプション採用で軒を延長すると解決する理由も含まれます。

【理由②】バルコニーは洗濯干しに使えない

バルコニーは「物干しエリア」としても、使い勝手は悪めです。

洗濯干しに使えない理由
  • 布団は干さない
    → 布団クリーナーがラク&効果高い
  • 2階に持ち上がる手間
    → 濡れた洗濯物が重い&階段がシンドイ
  • 軒が無いから濡れる
    → 天気に左右される

「洗濯干し用」にバルコニーを設置しても、使うのは最初だけで「部屋 or 庭」で干す人も多いですよね。

布団もバルコニー・ベランダで干すより、布団クリーナーの方が「安い・ラク・綺麗」と圧勝です。

chii
chii
一条工務店の家は乾燥するから、部屋干しでスゴく乾くよ!

【理由③】バルコニーは物置に使えない

バルコニーは、物置としても使いにくい空間です。

物置に使えない理由
  • 広さが不十分で限定的
  • 雨ざらしでずぶ濡れ
  • 2階バルコニーに運ぶ手間

特に一条工務店のバルコニーは軒が無いので、外と同じです。

「狭い&雨ざらし」のバルコニーを物置として使うなら、僕は庭を物置として使います。

例えば冬用タイヤでも2階のバルコニーまで、わざわざ運び込むのが大変ですよね。

結論、バルコニーは物置として使えなくはないが使い勝手はかなり微妙です。

【理由④】バルコニーで家が高くなる

オプション費は35~75万ほど

バルコニーは「坪単価35~75万」の高額オプションです。

坪単価の「1/2~1/1」でカウントされ、軒を長くした屋根付きバルコニーだと1/1のコストが必要です。

つまりバルコニーと部屋を広くするコストが同じになるんですよね。

ismartは総2階が条件

ismartは総2階が条件なので、2階部分だけ(バルコニー部分だけ)を小さくは出来ません。

なので1階の広さをキープしつつ、建築コストを安くするには坪単価1/2のバルコニー設置がもってこいです。

とは言え、坪単価35~75万の建築コストで作るのに違いない点には注意ですね。

あつぎり
あつぎり
建築コストが安くなっても、使いにくいバルコニーにお金を払いたくないよね。

【理由⑤】バルコニーの掃除が手間

バルコニーは床・手摺りがスゴく汚れます。

特に一条工務店のバルコニーは軒がないので、汚れが酷いです。

記事の内容の通り「バルコニー=使い勝手△」なのに掃除の手間を増やしたくないですよね。

ちなみに水洗い用にバルコニーに水栓をつけると「オプション費 26,500円」が必要です。

【理由⑥】バルコニーはメンテ費が高い

バルコニーのメンテ費と頻度について解説します。

定期メンテが必要

バルコニーは10年毎の定期メンテが必要です。

表面のコーティングの種類でも価格差が出ますが、5~15年ごとに10~50万ほどの修繕費が必要です。

「雨漏り→床材まで水が浸透」すると、30~50万の高額になります。

バルコニーの劣化

バルコニー劣化で最も多い、2つのケースです。

  • 床の防水コーティングのヒビ割れ・剥がれ
  • 笠木・手摺りの継ぎ目に水が侵入

共に雨漏りの原因なので、放置すると「手遅れ or 高額」の修理費が必要になるケースも…。

更に「壁・木材が腐る、カビが生える、断熱材の劣化」など、事態を悪化させないために定期メンテは必須です。

家の雨漏りはバルコニーが最多

バルコニーは家で最も雨漏りしやすい場所です。

屋根と同じくらい雨風が当たるのに、屋根に比べて耐久性がスゴく弱いです。

特に一条工務店のバルコニーは軒が無く、雨がダイレクトに入ってくるので特に劣化しやすいはず。

スポンサーリンク

バルコニー活用法【使うならコレ】

バルコニーの活用法を2つ紹介します。

ルーフバルコニーでプライベート空間

6~8畳ほどのルーフバルコニーを作って、プライベート空間として使う方法です。

  • 家族でバーベキュー
  • 食後のティータイム
  • 天気の良い日に読書・PC

など広いバルコニーだと、色んな用途で使えます。

一条工務店ではムリてすが、

ルーフバルコニーの全面が屋根で雨風が凌げるタイプだと、天気を気にせず使えて最高ですよね。

建築コストや修繕費が高くなるので、これは理想論ですm(_ _)m

バルコニーをエアコン室外機の置き場に

バルコニーは、エアコンの室外機の置き場に便利です。

ポイントは2つです。

  • エアコン工事費が安くなる
  • 室外機で家の外観が崩れない

エアコン工事費が安くなる

2階の部屋へのエアコン工事費が安くなります。

ポイントは「室外機の設置場所」です。

2階に設置するエアコンが多いと、バルコニーはエアコン工事費の節約に繋がります。

1階が室外機で景観が崩れない

バルコニーが無いと、エアコンの室外機は基本的に庭に置くケースが多いです。

すると部屋数が多いほど、「庭が室外機だらけ」になり悲惨です。

室外機を「2段積み」や「壁掛け工事」にすると、1箇所/5~10万と高額( ゚Д゚)

室外機の置き場という点では、バルコニーは優秀ですね。

スポンサーリンク

【結論】一条工務店にバルコニーはいらない

記事をまとめます。

僕の結論は『一条工務店の家にバルコニーはいらない』です。

バルコニーがいらないと思う理由は、記事で解説したこちら↓の理由です。

バルコニーがいらない6つの理由
  1. バルコニーの軒が短い
  2. 洗濯干しに使えない
  3. 物置に使えない
  4. 坪数アップで高くなる
  5. バルコニーの掃除が手間
  6. メンテ費が高い

に対して、用途は「エアコンの室外機を置く」くらいです。

「設置・メンテ費・手間」を考えると、かなりコスパが悪いですよね。

なので「バルコニーは必要ない」と判断し、僕は平屋を選びました。

平屋を選んで大成功ですね\(^o^)/

ABOUT ME
あつぎり
田舎に住む生意気だけどちょっぴりイカしたペンギンです。”生き方を最適化する”をテーマに情報を発信します。僕の人生の母艦となる「あつぎりライフ」を運営中★