外観

【標準タイル vs ハイドロテクト】一条工務店の外壁タイル選び

悩むペンギン
悩むペンギン
一条工務店の外壁はハイドロテクトを選ぶべき?それとも標準タイルで十分?

我が家は一条工務店で建てたi-smartです。

経験談を元に『一条工務店の”外壁タイル”の選び方』を解説します。

あつぎり
あつぎり
選ぶべきタイルは「標準?それともハイドロ?」の答えが分かるよ!

一条工務店は「外壁=タイル貼り」が標準仕様です。

他社の住宅メーカーでは「タイル=超高級素材」なのに、

有料オプションで「標準タイル→ハイドロテクトに変更する必要性があるのか?」を記事で解説します。

chii
chii
我が家は『標準タイルで満足』です!

住宅メーカーで家づくりの特徴は違います。

『town life 家づくり』で「間取り・見積り」を見比べると、住宅メーカーの特徴が分かりますよ。

【完全無料】間取りのオーダー設計ができるtown life 家づくり【見積書も貰える】 いきなりですが、 間取り作成ツールでNO.1の 『town life 家づくり』は使いましたか? 住宅...

実際に使ってみて「間取りのオーダー設計」がスゴく良かったので、体験談を記事にまとめました。

あつぎり
あつぎり
間取り設計が無料なのは、スゴくお得だよね♪

一条工務店の標準タイルを選ぶメリット

一条工務店の標準タイル(石目調ボーダータイルの画像)

最初に『標準タイル(石目調ボーダータイル)のメリット』を解説します。

一条工務店の外壁の種類は、下記の2種類です。

一条工務店のタイル
  • 標準タイル(石目調ボーダータイル)
    → 標準仕様(無料)
  • ハイドロテクトタイル
    → 有料オプション(坪/1.3万)

標準タイルの「メリット&選んだ理由」は、こちら↓の3つの理由です。

標準タイルを選んだ理由
  1. 耐久年数は同じ60年間
  2. 標準タイル=コスパ最高
  3. ホワイトは標準タイルの方がデザインGood

サクッと解説しますね。

あつぎり
あつぎり
ハイドロも良いけど、標準タイルでも大満足っ!

【理由①】標準タイルも耐久年数は同じ60年間

家の工事の画像

標準タイル・ハイドロテクトの素材は『同じタイル』です。

なので耐久年数は同じで、共に60年間です。

『ハイドロテクト=性能がスゴく良い』のイメージがあるかもですが、

素材は同じタイルなので、メンテナンスコスト・修繕コストが同じなんですよね。

chii
chii
ハイドロテクトは「光触媒」で汚れにくいけど、タイルの耐久性は同じだよ!

【理由②】標準タイル=コスパ最高

一般的に「外壁=タイル貼り」は超高級オプションです。

他社の住宅メーカーだと「外壁タイル=150~300万」がオプション費の目安ですね。

でも一条工務店だと、標準仕様で無料なんです!

一条工務店では「標準タイル=標準仕様」であるがゆえに「標準タイル=何かショボそう…」と思ってしまいがちですが、

全くそんなことないっ!!!

「外壁タイルが標準仕様」は、コスパ良すぎです\(^o^)/

【理由③】ホワイトは標準タイルの方がデザインGood

ホワイト色のタイルを「標準タイル・ハイドロテクト」で比べると、

『標準タイルの方がカッコ良い』です。(個人の好み)

あつぎり
あつぎり
「カチッ」っとした雰囲気で建物が引き締まるよね♪

「標準」の白タイル

「ハイドロテクト」の白タイル

感じ方は人それぞれですが、僕はこんな↓イメージです。

  • 標準タイル:純ホワイト
    →カッチリ感が強い
  • ハイドロテクト:少しクリーム色
    →柔らかい感が強い

標準タイルはデザインに「角」があるので、ハイドロよりカッコ良い雰囲気になりますよ(/・ω・)/

chii
chii
逆にハイドロは「優しい」「やわらかい」印象になるよね!
スポンサーリンク

【一条工務店のタイル比較】標準タイル vs ハイドロテクト

一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

次に『標準タイル vs ハイドロテクト』で比較します。

あつぎり
あつぎり
「ハイドロテクト」の特徴を解説するね!

我が家は標準タイルを選びましたが、ハイドロテクトを魅力に感じていたのも事実です。

ハイドロテクトの特徴
  1. ハイドロテクトは外壁のキレイが続く
  2. セルフクリーニング効果は半永久的
  3. カラーが「5色」に増える
  4. 「約40〜50万」の有料オプション

標準タイル(石目調ボーダータイル)に対し、

「ハイドロテクトを選ぶと何が良くなるのか?」を解説しますね。

chii
chii
ハイドロテクトを判断する特徴は4つです!

【特徴①】ハイドロテクトは外壁のキレイが続く

一条工務店のハイドロテクトの外壁の画像

ハイドロテクトは光触媒で汚れに強くなる

ハイドロテクトは「光触媒が埋め込まれた特殊なタイル」です。

この光触媒で「水溶性の汚れに強く」なり、外壁が汚れにくくなります。

一条工務店とTOTOの共同開発で生まれた新時代のタイルなんですよね。

chii
chii
つまり「汚れが落ちやすいタイル」だね!

ハイドロテクトのセルフクリーニング

ハイドロテクトの魅力は、何と言ってもこちら↓のセルフクリーニング機能です。

あつぎり
あつぎり
「太陽&雨」がタイルをキレイにする機能!
一条工務店のハイドロテクトの仕組みを解説する画像
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

「太陽の光・雨の水」を利用して、外壁の汚れを落とせます。

  • 晴れの日 → 汚れが分解される
  • 雨の日  → 外壁が洗われる

自然界の原理を上手く活用した、夢のような外壁材ですよね(/・ω・)/

セルフクリーニング効果は半永久的

一条工務店のハイドロテクトの光触媒(セルフクリーニング)『効果は半永久的に続く』そうです。

ポイントは「タイルの中に光触媒の物質が埋め込まれている」こと。

chii
chii
外壁のキレイがずっと続くのは、魅力的よね!

とは言え、注意点(懸念点?)もあります。

ハイドロテクトの注意点
  • 光触媒の化学物質(酸化チタン)の寿命
    → 20年前後
  • ハイドロテクトのタイル寿命
    → 60年間

つまりハイドロテクト(光触媒)の効果が半永久的に続いても、タイル素材の寿命(60年)のタイミングでメンテナンスが必要です。

(※標準タイルの寿命も同じ60年間)

あつぎり
あつぎり
光触媒は「吹き付け or 埋め込み」で寿命が全く違うみたいだけど…、詳しくは不明。

カラーが「5色」に増える

一条工務店のハイドロテクトタイルのカラーの画像

ハイドロテクトだと、外壁タイルが「5色」に増えます。

更に↑の5色の中から2色を選んで組み合わせも可能です。

外壁カラーは「単色+組み合わせ」で、計25色の配色パターンから選べます。

あつぎり
あつぎり
ハイドロテクトを画像で紹介するね!

ハイドロテクトのグランセゾン

一条工務店のグランセゾンのハイドロテクトの画像①
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のグランセゾンのハイドロテクトの画像②
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
chii
chii
グランセゾンは軒が長くて、カッコ良いよね♪

アイスマートのハイドロテクト

一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像①
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像②
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像③
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
あつぎり
あつぎり
同じハイドロテクトでもグランセゾンとは雰囲気が違うよね!
一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像④
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像⑤
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のアイスマートのハイドロテクトの画像⑥
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

アイキューブのハイドロテクト

一条工務店のアイキューブのハイドロテクトの画像①
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
あつぎり
あつぎり
アイキューブは”可愛い”デザインだよね!
一条工務店のアイキューブのハイドロテクトの画像②
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店のアイキューブのハイドロテクトの画像③
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/
chii
chii
アイキューブは窓が特徴的よね。
【家づくりの進め方】絶対に使うべき資料請求サイト≪4選≫家づくりの進め方を解説する記事です。スムーズに行うために、必要な準備方法を記事で4つ紹介済みです。僕の家づくり体験談ベースの記事なので、参考になるはずです。...
あつぎり
あつぎり
この記事も参考になるよっ!

ハイドロテクトは「約40〜50万」と有料

あつぎり
あつぎり
ハイドロテクトは僕にとって、高かったんだよね…。

ハイドロテクトは「有料オプション」です。

これが高額で採用に踏み切れなかった理由でもあります。

家のタイプで金額が変わり、i-smartだと「1.3万/坪」です。

ハイドロテクトのオプション費
  • GRAND SAISON 標準(無料)
  • i-smart 1.3万/坪
  • i-cube 1.6万/坪

1番人気のi-smartでハイドロテクトを採用する場合、下記が坪数ごとのオプション費です。

「一般的な2階建て=32坪」だと「41.6万」のオプション費です。

chii
chii
外観の「キレイ&2色」に40万は、少し高いかも…。
スポンサーリンク

一条工務店で標準タイルを選んだ理由

最後に我が家が「標準タイルを選んだ理由」です。

ハイドロテクトは、一条工務店の人気オプションなので超悩みました。

あつぎり
あつぎり
僕が「標準タイル」を選んだ理由だよっ!
「標準タイル」を選んだ理由
  1. 外観は標準タイルで満足だった
  2. タイルの寿命は同じ60年
  3. 落ちる汚れは「水溶性」のみ
  4. 優先順位は「外観タイル<内装」
  5. 寿命60年が疑わしい
  6. ハイドロは雰囲気が逆にかぶる
chii
chii
ハイドロも良いけど、標準タイルで充分よね!

【理由①】外観は標準タイルで満足だった

外観タイルに決めるにあたり、

「標準タイル or ハイドロテクト」で自問自答の繰り返しです…。

  • 外観は2色が良いのか?
    → 全然。ホワイトで普通に満足!
  • メンテナンスフリーは必要?
    → 高圧洗浄機で洗えば良くない?
  • メンテフリー素材に40万を出せる?
    → 普通にキツイ…

つまり我が家にとって「ハイドロテクト=あったら良いな」程度で、

「オプション費40万を払って採用しよう!」とはならず!

あつぎり
あつぎり
「一条の人気オプション=値上げ対象」なんだよ!

ちなみにハイドロテクトは「人気オプション」を理由に、値上げが止まりません( ゚Д゚)

僕が知る限り、既に価格は4倍以上に値上がりです…。

オイルショックならぬ、ハイドロテクトショック!

さすがに値上げし過ぎでしょ…( ゚Д゚)

chii
chii
2015年当初の価格なら採用したかもっ!

【理由②】ハイドロテクトでも寿命は同じ60年

セルフクリーニング効果付きでも寿命は同じ

ハイドロテクトの魅力は「セルフクリーニングで汚れが付きにくい・勝手に落ちる」点です。

でも「外壁の寿命が長くなるのか?」と言われると、ハイドロテクトも標準タイルも寿命は同じ60年間です。

  • 外観の色
    →白1色で満足
  • メンテナンス費
    →標準もハイドロも同じ
  • 導入費
    →ハイドロは「+40〜50万」

つまり「外観のキレイ=40〜50万のコストが妥当か?」を考えた結果、

「汚れは高圧洗浄機で洗えばOK」と言うことになりました。

chii
chii
タイル素材の時点で、汚れにくい外壁だよっ!

ハイドロを選んでも完全メンテフリーでは無い

ハイドロテクトを選んでも「外壁が完全メンテフリーでは無い」です。

外壁のメンテナンス
  • 30年後:全シーリング打ち換え
    → 約68万
  • 30~40年後:外壁ボードの交換
    → 約60万

メンテフリーは「タイル本体」の話です。

ちなみに外壁ボードは劣化が少なく、修繕しないケースが多いです。

chii
chii
シーリングとは「壁を繋ぐゴム素材」で、タイルの間のプニプニした黒の部分のことね!
あつぎり
あつぎり
後でメンテ費のシミュレーションをするよっ!

【理由③】ハイドロテクトは「水溶性」の汚れのみ対応

ハイドロテクトで落ちる汚れは「水溶性の汚れのみ」です。

ハイドロテクトで落ちない汚れ
  • 鳥のフン
  • クモの巣
  • 害虫の付着した死骸
あつぎり
あつぎり
ハイドロでも全ての汚れが落ちるワケじゃないよ!

ザックリ言うと、

「目立つ×落ちにくい」汚れは、セルフクリーニング非対応と思った方が良いです。

chii
chii
結局、外壁の掃除は必要だよね!

【理由④】優先順位は「外観タイル<内装」

我が家でオプション採用の優先順位は「外観タイル<内装」でした。

なので「標準タイル→ハイドロテクト」の変更に約40万を出すのなら、

『内装に40万使った方が満足度が高い\(^o^)/』

と思い、標準タイルを選びました。

  • ケチると後悔するかな…?
  • 標準タイルは汚れるかな…?
  • 2色の方がカッコ良いかな…?
  • ハイドロって人気らしいし…

と家を建てる前は色々と考えますが、

実際に家を建てた後に

家の外観をじっくり見ることって、ほぼ無い!

という結論です(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
満足する間取りを作るには、タウンライフを使うのがおススメっ!
【使い方】タウンライフで無料の間取り設計 家づくりの必須サービスの『タウンライフ家づくり』の使い方を解説します。 我が家は一条工務店で平屋2...
chii
chii
”無料”で間取りのオーダー設計ができるよ!

【理由⑤】ハイドロテクトの寿命60年が疑わしい

ハイドロテクトの寿命は「半永久的(実質60年間)」ですが、僕は少し疑っています。

ハイドロテクトのセルフクリーニング効果は半永久的です!

と聞くと、

「さすがっ、一条工務店!スゲェ!」となります。

でも驚くことなかれ、

ハイドロテクトの保証期間は『たった2年だけ』

え…、短すぎない( ゚Д゚)?

寿命60年と言う割に、なぜっ!?

僕は「何か裏があるのでは?」と少しだけ疑っています…。

chii
chii
家の保証「10年」と言うわりに短い…、心配よね。
あつぎり
あつぎり
ハイドロの外壁は「2011年頃」に発売して、約10年の歴史なんだ。

【理由⑥】ハイドロテクトは雰囲気が逆にかぶる

一条工務店の家は、ハイドロテクトの採用率がスゴく高いです。

なので「カラー5色」「組み合わせ25パターン」から選べるとは言え、雰囲気が結構かぶります(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
良くも悪くも、一条ではハイドロ採用率が高いっ!

僕が住む地域の一条工務店の家は、

ハイドロテクトの2色カラーの外壁ばかり…。

そこで僕が思ったのは、

「標準タイル×ホワイト」の方が逆に違う雰囲気になるのでは?

と考えました(/・ω・)/

chii
chii
あえて逆をいく作戦ね!

少なくとも「標準タイル×ホワイト」は、近所では我が家だけです!

【結論】標準タイルで満足→ハイドロテクトは嗜好品

一条工務店の外壁で「標準タイル vs ハイドロテクト」の僕の結論はこちら↓

一条工務店の外壁は「標準タイル」で十分に満足する\(^o^)/

その理由は記事の通りで、こちら↓です。

標準タイルを選んだ理由
  • 耐久年数は同じ60年間
  • 標準タイル=コスパ最高
  • ホワイト単色のデザインGood

確かに「セルフクリーニング機能で外壁の汚れが付きにくい」のは魅力的です。

chii
chii
「ハイドロ=不採用」の理由は、こちら↓です。
ハイドロテクト不採用の理由
  • 耐久性は同じ60年
  • 目立つ汚れは取れない
  • 優先度は「外観タイル<内装」
  • 保証はたった「2年間」
  • ハイドロは逆にかぶる

ハイドロがもっと安ければ、おそらく採用していました(/・ω・)/

最後にサクッとおまけ解説です。

外壁のメンテ費&雑学
  • 「タイル vs サイディング」で修繕費を比較
  • タイルは1枚で約100円、全交換だと80万
  • i-palletはハイドロでは無い
あつぎり
あつぎり
「おまけ」と言いつつ、かなり重要!最後まで読んでくれた人に向けて♪

【修繕費】タイル vs サイディング

「タイル vs サイディング」でコストを比較します。

ちなみに一条工務店の公式HPに掲載のコレ↓は、参考にならないかもです。

一条工務店の公式HPのハイドロテクトの画像
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

一条工務店の公式HPによると、

50年間で約640万のコスト節約!

らしいです。

  • 一般的なサイディング
    → 修繕費:約707万
  • 一条工務店のタイル
    → 修繕費:約68万
chii
chii
サイディングの計算方法、何か高過ぎじゃない?

「サイディングの修繕費707万」への僕の意見↓です。

  • 10年に1回の修繕で計算
    →そんなに必要ない。15〜20年に1回の修繕で十分。
  • 1回の修繕費は102万で計算
    →そんなに必要ない。1回で70〜80万ほど。

つまり耐久性の低いサイディング外壁と言えど、

30年間で「修繕は2回、コストは150万ほど」で問題ないはず。

あつぎり
あつぎり
僕が予想する修繕費はこちら↓
  • 一般的なサイディング
    → 修繕費:150万
  • 一条工務店のタイル
    → 修繕費:68万

結果、『タイルだと”82万”お得!』と言うワケです。

でもハイドロテクトだと採用に「オプション費 約40万」が必要なので、

「82万 – 導入費 40万 = 42万」

とハイドロだと導入コストが響き、お得感の魅力が少しダウンです(´・ω・)

chii
chii
”お得感”だと、標準タイルが1番お得だよ!

タイルは1枚で約100円、全交換だと80万

一条工務店のタイルは「1枚100円ほど」です。

なので「タイルが割れた→新品に交換」は、意外と安いです。

でも60年後の全面タイル交換(約5万枚)だと、約80万(施工費込み)と超高額です( ゚Д゚)

i-palletはハイドロでは無い

一条工務店のアイパレットの外壁の画像

一条工務店では、i-pallet(アイパレット)という建売住宅も販売しています。

外壁が「タイル×2色」なので、

アイパレットは建売なのに、ハイドロテクトタイル?

と思いがちですが違います。

あつぎり
あつぎり
アイパレットには「建売専用タイル」が使われているよ!

つまり標準タイル(石目調ボーダータイル)に色が付いたイメージで、性能も標準タイルと同じです。

パッと見た感じだと「ハイドロテクト」っぽいので、見た目のランクは上がりますよね。

chii
chii
同じタイルがアイスマートでも採用できたら良いのに!

と言うか、

「外壁の全面タイル貼り=通常150万〜」を考えると、

建売で全面タイルはコスパ良すぎ( ゚Д゚)

ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。