後悔

【後悔ポイント】一条工務店と契約前に知らなきゃヤバイ『3つ』のこと

一条工務店って「ヤバい住宅メーカー」なのか?

後悔しないために、契約前に知っておくべき内容って何だろう…。

「一条工務店で家を検討中の人」向けに『一条工務店と契約前に知らなきゃヤバイ5つのこと』が分かる記事です。

一条の営業マン
一条の営業マン
一条工務店はスゴく良い家ですよっ!ビシッ

契約前は「良い所ばかり」に目がいきがちですが「悪い所を知った上で判断する」ことが大事です。

今回は「主力3設備の導入費&メンテ費がヤバイ高い話」をします。知らずに契約すると、後悔しますよ…。

導入費と30年のメンテ費
  1. 【ロスガード】
    導入60万 + メンテ120万
  2. 【太陽光システム】
    導入257万 + メンテ55~205万
  3. 【全館床暖房】
    導入250万(概算) + メンテ30万

どれも契約前に必見の内容で、
僕はロスガードのメンテナンス費の高さにビビりました…。笑

詳しくは記事で解説しますが、
どれも営業マンが簡単に教えてくれない内容ばかりです(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
「標準仕様」は無料では無く、「坪単価に反映済み」と考えるべきっ!
chii
chii
  • 「どこの住宅メーカー・工務店で家を建てよう…?」
  • 「家族が満足する家って、どんな間取り…?」
  • 「後悔しない家にするには、何に注意すれば…?」

とお悩みの方は『家づくりで失敗しない方法【家の満足度は間取りで決まる】』が参考になります。

家づくりを失敗しない方法【家の満足度は間取りで決まる】家づくりを失敗しない『3ステップ』を解説し、完全無料で「間取り・見積書・資料請求」を貰う方法が分かります。手間は「ネットで3分、ポチるだけ」と、超カンタン。「住宅メーカー選び・間取り設計」の家づくり攻略法が分かる記事です。...

紹介するのは「間取り設計・見積書・各社の強み」の有益情報が『完全無料』で手に入り、年間7万人以上が使う超人気サイトです。

自宅に居ながら「住宅展示場と同じ情報が手に入る」と人気のタウンライフ家づくりが必見ですね。

あつぎり
あつぎり
「簡単・早い・ラクチン・無料」って、最高じゃないかっ!
chii
chii
本編の『一条工務店と契約前に知らなきゃヤバイ『3つ』のこと』の解説に戻しますっ!

【知らなきゃ後悔】主力3設備の導入&メンテ費がヤバイ高い話

家のメンテナンスコストの画像

一条工務店の主力3設備導入コストメンテナンス費を解説します。

一条工務店は建てた後の住居コストは安くてお得!

と聞いている人も多いはず、
でもコレ↑は半分正解で半分間違いです。

確かに屋根・外壁の修繕費は他社より安いですが、メンテナンス費がヤバイほど高い設備があるんですよね…。

あつぎり
あつぎり
一条工務店の主力設備(=良い設備)の維持メンテは高い…。
導入費と30年のメンテ費
  1. 【ロスガード】
    導入60万 + メンテ120万
  2. 【太陽光システム】
    導入257万 + メンテ55~205万
  3. 【全館床暖房】
    導入250万(概算) + メンテ30万

こちらを合計すると↓

  • 導入費:567万
  • メンテナンス費:205~410万

導入費もメンテナンス費もヤバイ高い…。

どの設備も一条では標準仕様ですが、
「標準仕様=無料でお得」ではなく「坪単価に反映済み(有料)」と考えるべきです。

つまり「ロスガード・太陽光・全館床暖房が要る?要らない?」が一条工務店を選ぶポイントとも言えますよね。

あつぎり
あつぎり
「導入費+メンテ費を受け入れられるか?」を考えよう!
chii
chii
良い設備は維持費が大変…、一条オーナーで後から知って後悔ポイントになる人も多いの…。

【ロスガード】メンテが手間&激高≪30年で120万≫

一条工務店には「ロスガード」という、換気システムがあります。

このロスガードが「メンテナンス費が高くて、スゴく手間」なんですよね…。

ロスガードとはザックリ言うと、家に特大サイズの空気清浄機が埋め込まれるイメージです。

一条工務店のロスガードの画像

「なぜ後悔するか?」の理由は、下記の通り。

ロスガードの維持メンテ
  • フィルター交換は1年で38回
  • フィルター費用は1年で約1万
  • 本体のメンテ費は30年で約90万
  • 保証期間10年 & 耐用年数15年
  • 設置場所に「90㎝×90㎝」も必要
あつぎり
あつぎり
ロスガード…、僕はぶっちゃけ要らないんだな…。

フィルター交換は「年間1万+計38回」

ロスガードのフィルター交換の回数・金額の画像

ロスガードの「フィルターの掃除・交換」がスゴく大変です。

  • 交換コスト:年間 約1万
  • フィルター:年間 38回(箇所)

価格も交換数もヤバイ…、その詳細はこちら↓

交換周期1枚単価
給気高性能フィルター6か月1,182円
給気PM2.5対応フィルター3か月1,306円
防虫袋6か月137円
キッチン用給気フィルター6か月563円
排気フィルター6か月185円×2箇所

給気口は1部屋に1個以上あり『3か月に1回』ペース「交換 or 掃除」が必要と超大変です…。

あつぎり
あつぎり
33坪の我が家でも「6か所」の吸気口が…、家事の手間を増やしたくないのに…。

1年間のメンテナンスは、下記の通り。

うーん、めんどくせぇ…( ゚Д゚)
1年で計38回もフィルター交換するのって、多過ぎですよね。笑

どこのフィルターをいつ交換したかも覚えてられないですし、3か月に1回ペースとかスゴく手間です。

その上、交換用フィルター年間1万は高い…( ゚Д゚)タケェ

chii
chii
絶対に放置するやつ…。
  • ロスガードを使わなければフィルター交換は不要ですが、クロスやコーキングの劣化が早まる点に注意です。

本体メンテ費が91万と高い

ロスガードの本体メンテナンス『30年で91万』と、ドン引きするくらい高いです…( ゚Д゚)

あつぎり
あつぎり
担当の営業くんに聞いたロスガードのメンテナンス費だよ!

ロスガードのメンテナンス費はこちら↓

交換周期修理費
本体10~15年25万
熱交換器15年8万
ダクト30年25万

交換周期が違うので、30年間で統一して計算すると「維持メンテ費=91万」も必要です。

chii
chii
ロスガードは寿命が「10~15年間」と意外と短く、保証期間は「10年間」だよっ!
へっ…。欲しくない空気清浄機の維持メンテ費に91万( ゚Д゚)!?ドユコト

↑の通り導入時も「58万」と高額で、
更に「1年=1万」のフィルター交換を30年間続けると「計30万」とこれまたお高い…。

ロスガードに「30年間で必要コスト」をまとめると、下記の通り。

  • 導入費:58万
  • メンテナンス費:91万
  • フィルター交換:30万

合計で『179万』と、
ドン引きするくらい高いです( ゚Д゚)

「屋根・外壁」の修繕費が安くても、
他の維持コストが高ければ全く意味無いですよね…。

あつぎり
あつぎり
車が買えちゃうくらい高いやん…。

設置場所に「90㎝×90㎝」が必要で、間取り設計も難航

ロスガードの図面の画像

ロスガードは「1マス(90㎝×90㎝)」の設置スペースが必要です。

デメリットは下記の2点です。

  • 家が「1マス(90㎝×90㎝)」狭くなる
    →「1マス=約18万」のコストUP
  • 間取り設計が難しくなる
    →設置場所の条件が多い

ちなみに我が家は「収納が足りない問題」もあったので、「ロスガードが無ければ、収納を大きくできるのに…」と何度も思いました…。

「導入+メンテ+フィルター+設置スペース」を全て足すと、ほぼ『200万』と驚愕です…( ゚Д゚)

設置時の「条件・注意点」は、下記の通りです。

  • 2階建ては「2階」に設置
  • 1マス(90㎝×90㎝)が必要
  • 窓際にしか設置できない
  • 機械の動作音が気にならない場所に
  • 3か月メンテがしやすい場所に

一条ルールの間取り規制の中、
ロスガードの設置場所を考えるのは至難のワザです。

我が家は間取り設計で「で、ロスガードどこに設置する?スゴく邪魔だな…。」と設置場所を何回も悩みました( ゚Д゚)

あつぎり
あつぎり
メンテが手間で、維持コストが高く、更に間取り設計まで邪魔されるとは…。
chii
chii
せめてロスガードを「付ける・付けない」が選べたら良いのにね…。

【太陽光パネル】高額の必須設備≪257万≫

一条工務店の太陽光パネルの画像

一条工務店は、太陽光パネル搭載です。

家のオプションの中でも、特に「要る・要らない」の意見が分かれる設備ですよね。

その理由は、下記の通り。

  1. オプション費が257万と高い
  2. メンテナンス費が55~205万と高い
  3. 今後の不安要素が多い
あつぎり
あつぎり
今後の売電価格が、更に安くならないかも心配…。

理由①:導入費が「257万」と超高額

一条工務店の太陽光システムの導入費の画像

一条工務店は太陽光発電が必須で、我が家は「257万」でした。

太陽光パネルの見積りの画像

同じく太陽光も「付ける・付けない」が選べない必須設備なんですよね。

あつぎり
あつぎり
僕に選ぶ権利は無いのか…。

太陽光発電の売電価格は年々下がり、条件がスゴく悪いです…。

だから僕は「今から太陽光を導入しても旨味がないし、太陽光は無しかな…」と付けない方向で考えてたワケですが、

一条工務店では必須設備で、
しかも257万と超高額(((;゚Д゚)))))))ブルブルブル

理由②:メンテナンス費が「55~205万」と高い

一条工務店の太陽光システムのメンテナンス費の画像

話を詳しく聞くと、太陽光発電はメンテナンス費も高めなんですよね。

あつぎり
あつぎり
キミもメンテナンス費が高いのか…。

色んなパターンで聞きました↓

頻度修理費
全パネル載せ替え不明150万
蓄電池20年10万
パワコン20年20万
配線15年1か所/2~3千円
分電盤20年3万
売電メーター15年2万

場所毎に修理頻度が違うので、
仮に30年間で計算すると「約55万」です。※「全パネル載せ替え」を除く

もし太陽光パネルが発電できなくなり、「全パネル載せ替え 150万」が追加されるとヤバい((((;゚Д゚)))))))ブルブルブル

chii
chii
「発電量」と「導入費・メンテ費」を知った上で、判断するべきよね!損しないか心配…。

理由③:今後の不安要素が多い&不確定

太陽光発電って「設備<売電」で導入コストが回収できた頃には、「発電システムが壊れかけ状態…」って話をよく聞きますよね?

  • 導入費 → 発電して回収 → 修理費 → 発電して回収

の繰り返しで、一向に売電でプラスにならないと無意味ですよね。

しかも売電価格は下がる一方なので、今後は不安しかないです( ゚Д゚)

【床暖房】新築は無しでも暖かく快適≪約250万≫

一条工務店の全館床暖房の画像

一条工務店は、全館床暖房が標準仕様です。

繰り替えしですが、
「標準仕様=無料でお得」ではなく「坪単価に反映済みで有料」と考えるべきですよね。

同じく「価格・メンテ費」を掘り下げて解説します。

全館床暖房は250万相当?

一条工務店の全館床暖房の導入コストの画像

全館床暖房の導入コストは、見積書に記載ナシのため正確に分かりません。

一般的な戸建てに全館床暖房を採用すると「35坪=200~250万」くらいなので、

一条工務店の導入コストも「同じ or 少し安い」と想像できますよね。

あつぎり
あつぎり
「あると満足だけど、本当に必要か?」が悩んだポイント!

我が家の後悔ポイントは、「床暖が”要る派 → 要らない派”に契約後に変わったこと」です。

全館床暖房は標準仕様なので、
後から「床暖房を外したい…」となっても勿論ムリです。

chii
chii
契約前に知っておかないとリスクよね、予算調整がしづらいわ!

床暖房が要らない理由

あつぎり
あつぎり
カンペキな設備に見えて、意外とデメリットが多い!
  • 「家中どこにいても、暖かくて快適!」

と聞くと魅力的に思えますが、下記の通りデメリットも意外と多いです。

全館床暖房のデメリット
  • 導入コストが高い
    200~250万相当
  • 電気代が高い
    → 少ない部屋の全館床暖房は超割高
  • 暖かくなるまでに1~2日
    → 設定温度までは1週間ほど
  • 空気がめちゃ乾燥する
    → 冬は加湿器が必須
  • Wi-Fiが「1階↔2階」で遮断
    → 床暖房のアルミパネルの影響(死活問題)
  • 食材が腐りやすい
    → 温度20度以上は食材が痛む
chii
chii
特に季節の変わり目は使いにくく、冬は加湿器が必須よね!

全館床暖房の僕の結論はこちら↓

  • 床暖無しの家は多く、床暖は嗜好品
  • 最近の家は高断熱で、床暖無しでも暖かい
  • 床暖のコスト250万を他に使いたい

つまり「床暖房=要らない」の判断です。

とは言え、この時は既に契約済みなので手遅れなんですけどね…。泣

あつぎり
あつぎり
契約前の情報収集が足りなかったことが原因だな!

床暖房のメンテナンス費

一条工務店の全館床暖房のメンテナンス費の画像

全館床暖房のメンテナンス費は『30年=30万』が目安です。

あつぎり
あつぎり
床暖房…、キミもメンテナンス費が高いのか…。

メンテ費の詳細は、こちら↓

床暖房のメンテナンス
  • 毎年:不凍液の注入
    400円(1kg)ほど
    ※10キロ=約4,000円
  • 10年:不凍液の全交換&エアコン故障
    約30万
    ※不凍液 5万 + エアコン 25万
  • ※50年先:配管の全交換
    約40万

ロスガードといい、一条工務店は10年ごとに必要なコストが何かと多いですよね…。

ちなみに床暖房用の専用エアコンは「1台/25万」と普通のエアコンを買うより、少し高いです( ゚Д゚)

スポンサーリンク

【まとめ】維持メンテ費が安い住宅メーカーは他にある

記事をまとめます。

一条工務店の家は『建てた後は維持メンテ費が安い』のイメージがあるかもですが、これは間違いです。

あつぎり
あつぎり
維持メンテ費がお得な住宅メーカーは、他にある気がするぞ…。

確かに「屋根・外壁」のメンテ費は安いですが、下記の主力設備のメンテ費は逆に割高なので要注意です( ゚Д゚)

導入費と30年のメンテ費
  1. 【ロスガード】
    導入60万 + メンテ120万
  2. 【太陽光システム】
    導入257万 + メンテ55~205万
  3. 【全館床暖房】
    導入250万(概算) + メンテ30万

こちらを合計すると、下記の通り。

  • 導入費:567万
  • メンテナンス費:205~410万

導入費もメンテナンス費もヤバイ高いですよね…。

あつぎり
あつぎり
どれも「標準仕様」で必須の設備だから、納得できなきゃ契約しちゃダメだよ!

一条工務店の3大主要設備「ロスガード・太陽光・床暖房」の導入・維持コストで納得がいかなければ、住宅メーカー選びを再検討した方が良いかもです。

chii
chii
一条の家は最初に聞いてたより、実際の維持コストが高い…。
ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。