i-smart

【グランセゾン vs アイスマート】一条工務店を徹底比較【7つの決め手】

一条工務店のグランセゾンとアイスマートを比較する画像
一条工務店を悩む生物
一条工務店を悩む生物
一条工務店だと「グランセゾン」と「アイスマート」はどちらが良いんだろ?比較して教えて欲しいな!

この記事では『グランセゾン vs アイスマート』を比較し、

僕が「最上位グレードのグランセゾンではなく、アイスマートを選んだ理由」を解説します。

あつぎり
あつぎり
一条工務店でマイホームを建てた僕に任せてっ!

グランセゾンはアイスマートより、坪単価が「+3万」ほど高いです。

建築コストの差を計算すると、下記の通り。

  • 25坪 → +75万UP
  • 30坪 → +90万UP
  • 35坪 → +105万UP
  • 40坪 → +120万UP

我が家は「33坪」の2階建てなので、グランセゾンの方が「+99万」高くなる計算です。

この「約100万を追加で払い、グランセゾンを選ぶ価値があるのか?」を記事にまとめました。

あつぎり
あつぎり
グランセゾンを選ぶと「何が標準仕様になってお得なのか?」が決め手になるはず!
chii
chii
  • 「どこの住宅メーカー・工務店で家を建てよう…?」
  • 「家族が満足する家って、どんな間取り…?」
  • 「後悔しない家にするには、何に注意すれば…?」

とお悩みの方は『家づくりで失敗しない方法【家の満足度は間取りで決まる】』記事が参考になります。

家づくりを失敗しない方法【家の満足度は間取りで決まる】家づくりを失敗しない『3ステップ』を解説し、完全無料で「間取り・見積書・資料請求」を貰う方法が分かります。手間は「ネットで3分、ポチるだけ」と、超カンタン。「住宅メーカー選び・間取り設計」の家づくり攻略法が分かる記事です。...

紹介するのは「間取り設計・見積書・各社の強み」の有益な情報が『完全無料』で手に入り、年間7万人以上が使う超人気サイトです。

自宅に居ながら「住宅展示場と同じ情報が手に入る」と人気のタウンライフ家づくりが必見ですね。

ちなみに僕が”とある住宅メーカー”にタウンライフ家づくりから依頼したところ、こんな↓素敵なプレゼントが届きましたっ♪

見ての通り、『間取り・見積書・建築模型』です。
他にも「オプション一覧・照明計画書・カタログ」等も一緒に頂けるという充実っぷり♪

chii
chii
設計依頼した間取りと同じ建築模型が貰えて、家がイメージしやすかったよっ!

間取り・見積書も「2パターン(30坪・35坪)」作ってもらえたことで、比較・検討をスゴく進めやすかったです(」°∀°)」

この充実度で「完全無料」なので、使わない手は無いですね。

≫完全無料:タウンライフ家づくり

あつぎり
あつぎり
「簡単・早い・ラクチン・無料」って、最高っ♪

ぜひ、タウンライフ家づくりを使ってみてねっ!

chii
chii
ここからは本編の『グランセゾン vs アイスマートを徹底比較』の記事を進めますっ!
スポンサーリンク

【グランセゾン vs アイスマート】一条工務店を徹底比較

一条工務店のグランセゾンとアイスマートの画像

一条工務店の人気シリーズ「グランセゾン vs アイスマート」で比較します。

僕が感じたグランセゾンの魅力はこちら↓

グランセゾンの魅力
  1. ハイドロテクトが標準仕様
  2. パラペットルーフ&木目調軒天
  3. 内装のグレイス木目がカッコ良い
  4. モクリアのフローリングが最高品質

サクッと解説していきますね(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
このオプションが必要ならグランセゾンを選ぶ方が安く建てられるよっ!

【グランセゾンの魅力①】約40万相当のハイドロテクトが標準仕様

一条工務店のハイドロテクトタイルの画像

グランセゾンでは『ハイドロテクトタイル(約40万相当)が標準仕様で無料』です。

グランセゾン以外は全て有料オプションで、金額は下記の坪単価で計算します。

  • グランセゾン:無料
  • アイスマート:1.3万/坪
  • アイキューブ:1.6万/坪

「坪単価×家の坪数」で計算するため、家の大きさに比例してオプション費が高くなるワケですね。

「アイスマート 1.3万/坪」で計算するとこちら↓

  • 25坪:32.5万
  • 30坪:39万
  • 35坪:45.5万
  • 40坪:52万

我が家の「33坪」でも「オプション費 42.9万」と超高額オプション…( ゚Д゚)!

あつぎり
あつぎり
グランセゾンを選ぶと、これ↑が無料だからスゴくお得っ!

「一条工務店の標準の外壁材は?」と言うと、こちら↓

一条工務店の標準タイルの画像

ご存じかもですが、「標準仕様=1色だけ」と選択肢がありません(´・ω・`)

ハイドロテクトだと、下記の5色から選べて「1色単体・2色の組み合わせ」が可能です。

一条工務店のハイドロテクトの画像
chii
chii
ハイドロテクトは「汚れが付かない外壁タイル」で有名よねっ!

一条工務店の「標準タイルとハイドロテクトの違い」は、こちらの『一条工務店の外壁タイルの選び方』で解説済みです。

【標準タイル vs ハイドロテクト】一条工務店の外壁タイル選び一条工務店の外壁で『標準タイルvsハイドロテクト』を比較しました。「タイル外壁は高級なのに、ハイドロテクトって必要なの?」が分かります。「坪単価13,000円」の高額オプションを悩む人向けの記事です。...
あつぎり
あつぎり
高寿命のタイル外壁と言えど、「白」は汚れるよね…。

ちなみにハイドロテクトは2011年の発売以降は「3,000円/坪→13,000円/坪」と4倍以上に値上げされてます( ゚Д゚)

【グランセゾンの魅力②】パラペットルーフ&木目調軒天

2つ目のグランセゾンの魅力は「パラペットルーフ&木目調軒天」です。

↑の外観を比べると『グランセゾンの方が「凹凸感&メリハリ」があって圧倒的にカッコ良いっ!!』が僕の感想です。

あつぎり
あつぎり
グランセゾンの方が外観デザインが魅力的だよねっ!

この外観の違いは、下記の通りです。

パラペットルーフ

グランセゾンのパラペットルーフの画像

「1階↔︎2階」の間にある、これ↑がパラペットルーフです。

  • 総2階ルール無し
  • 凹凸感を出せるデザイン
  • 外観のメリハリが出る

外観の違いを大きな画像で確認します。

chii
chii
こちら↓が「アイスマート」です!
一条工務店のアイスマートの展示場の画像
chii
chii
次にこちら↓が「グランセゾン」ですね!
一条工務店のグランセゾンの展示場の画像

デザインは「個人の好み」ですが、僕はグランセゾンの方が好きですね(/・ω・)/

木目調軒天

グランセゾンの木目調軒天の画像

軒天とは、ここ↑です。

グランセゾンの軒天は「木目」が選べて、下記の3色から選べます。

グランセゾンで選べる軒天の画像

軒天はスルーされがちですが、家の外観デザインでスゴく重要なポイントです。

あつぎり
あつぎり
見上げた時の木目がたまらないよねっ!

対するアイスマートの軒天は、下記の4色から選べますがデザインはシンプルですね。

一条工務店のアイスマートの軒天の画像

そしてアイスマートは「総2階」のため、下記の通り「1階→軒ナシ、2階→軒アリ」の外観デザインです。

一条工務店のアイスマートの軒の画像

2つ目のグランセゾンの魅力は、
「パラペットルーフ&木目調の軒天」で、外観がカッコ良いということ\(^o^)/

一条工務店の軒は『一条工務店で軒を延長しないと後悔?』で解説済みです。

【一条工務店の軒】延長しないと後悔に…【軒の魅力を語ります】一条工務店の「軒」について解説する記事です。軒は家の快適性に大きく影響する大事なポイントです。一条工務店の「軒の標準仕様」「軒のオプション」について解説します。...
chii
chii
「軒」は地味だけど、”家の快適性”を決める重要ポイントだよっ!

【グランセゾンの魅力③】内装のグレイス木目がカッコ良い

一条工務店のグレイスシリーズの画像
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

グランセゾンの『グレイス木目の設備が最高にカッコ良い』です。

個人的には、グランセゾンを選ぶ1番の魅力です(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
グランセゾンは「高級感」、アイスマートは「シンプル」なデザインだよ!

グレイスキッチン

グランセゾンのグレイスキッチンの画像1
グランセゾンのグレイスキッチンの画像2

グレイスカップボード

グランセゾンのグレイスカップボードの画像

我が家は一条工務店の工場見学の抽選で『当たり』が出たので、30万相当のカップボードが無料\(^o^)/イエーイ

グレイス洗面台

グランセゾンのグレイスドレッサーの画像

シューズボックス

グランセゾンのシューズボックスの画像

書庫ユニット(有料)

グランセゾンの書庫ユニットの画像

書庫ユニットのみ有料(70,000~87,000円)ですが、他はグランセゾンを選ぶと全て無料です。

このグランセゾンの木目設備をアイスマートでも、下記の通り「有料オプション」で採用できます。

キッチン30万前後(要確認)
カップボード174,000~449,000円
洗面台4,500~143,500円
シューズBox17,000~113,000円

もしこれ↑を全てアイスマートで採用すると「計100万」という超高額オプションに…( ゚Д゚)

chii
chii
グランセゾンとアイスマートの差額が「約100万」だから「内装デザインの好み」が決め手になるかもっ?

【グランセゾンの魅力④】モクリアのフローリングが最高品質

一条工務店のモクリアフローリングの画像
一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

グランセゾンでは『モクリア』フローリング材が無料で選べます。

グランセゾンのモクリアの画像

アイスマートだと「8,000円/坪」と有料で、坪数ごとのオプション費は、下記の通りです。

  • 25坪:20万
  • 30坪:24万
  • 35坪:28万
  • 40坪:32万

我が家の「33坪」でも「26.4万」の高額オプションです( ゚Д゚)タケェ

一条工務店のモクリアフローリングの比較画像
  • フローリングの厚みが違う
    → 肌感に重厚感がある
  • 表材が強い
    → 傷が付きにくい
  • フローリング幅が広い
    → 床全体の開放感が出る

アイスマートの標準フローリングは、キズが付きやすいので「モクリアにグレードアップ」する価値アリです。

あつぎり
あつぎり
ここまでの「グランセゾンの魅力」を一旦、まとめるね!

グランセゾンの魅力は、下記の通り↓

グランセゾンの魅力
  1. ハイドロテクト
    →「40~50万相当」が無料
  2. パラペットルーフ&木目調軒天
    →見た目GOOD
  3. グレイス設備
    →「全100万相当」が無料
  4. モクリアのフローリング
    →「20~30万相当」が無料

ここまでの比較で、
グランセゾンの設備で魅力的に感じるモノがあれば「アイスマートよりグランセゾンを選ぶべきっ!」と言えます。

↑の総オプション費は『合計180万』なので、アイスマートとグランセゾンの差額の「100万」を超えてます(/・ω・)/

chii
chii
次にグランセゾンを選ばず、我が家が「あえてアイスマートを選んだ理由」を解説します!
スポンサーリンク

【7つの理由】グランセゾン不採用でアイスマートを選んだワケ

一条工務店のアイスマートの画像

下記の7つは『グランセゾンを選ばなかった理由』です。

不採用の7つの理由
  1. 天井高も吹き抜け採用で微妙
  2. 玄関の御影石はメンテが大変
  3. カッコ良い和室も、和室は不要
  4. デザインルーバーは掃除が手間
  5. 気密性・断熱性が低い
  6. 耐震強度が低い
  7. スリッドスライダーが採用できない

「アイスマート vs グランセゾン」で比較し、「なぜアイスマートを選んだのか?」を解説しますね。

あつぎり
あつぎり
「見た目」重視のグランセゾンと、「性能」重視のアイスマートだね!
chii
chii
同じ一条の家だから似た部分も多いけど、アイスマートを選んで良かった!

天井高も吹き抜け採用で微妙

一条工務店のグランセゾンの天井高の画像

グランセゾンは『天井が265㎝と高い』です。

あつぎり
あつぎり
天井が高いと開放的で、満足度アップだよねっ!

一条工務店の天井高の詳細は、下記の通り。

  • グランセゾン
    1階:265㎝、2階:250㎝
  • アイスマート
    1階:240㎝、2階:240㎝

アイスマートも「20,000円/坪」の有料オプションで、天井高265㎝が可能です。

坪数毎のオプション費は、こちら↓

  • 25坪:50万
  • 30坪:60万
  • 35坪:70万
  • 40坪:80万

「天井高の魅力+無料」が要らないと判断した理由は『リビングの半分近くが吹き抜けだから』です。

「天井高 265㎝」と「吹き抜け 480㎝」なら、吹き抜けの方が圧倒的に開放的です(/・ω・)/

他の2階の洋室が天井高250㎝(+10㎝)になっても、微妙なので要らないと判断という判断に!

chii
chii
単に天井が高いのは意味が無くて、「高い↔低い」のメリハリが開放感に繋がるよ!

「玄関ポーチ=御影石」はメンテが大変

一条工務店のグランセゾンの御影石の画像

グランセゾンは『御影石の玄関ポーチ』が採用できます。

「見た目の良さ」が特徴で、
使い勝手の実用性はスゴく手間なのでよく考えた方が良いかも…です。

  • 御影石は水分を吸収する
  • 吸収した水分はシミになる

例えば「雨の日に濡れた靴で帰宅して、玄関で放置」も御影石のシミの原因です。

「玄関の床が水に弱いってどうなの…」って感じですが、「見た目 vs 実用性」で判断すべきですね。

chii
chii
大理石も同じで「石」は水を吸収し易いから玄関床には使いにくいかも…。

アイスマートだと、下記の「ヨーロピアンタイル」の4種類から選べます。

一条工務店のヨーロピアンタイルの画像

ちなみに我が家は↑の「T-2102」です(/・ω・)/

カッコ良い和室も、和室は不要

一条工務店のグランセゾンの和室の画像

グランセゾンの和室は『デザイン・雰囲気がカッコ良い』です。

従来の和室と雰囲気が違い、
「近代的でデザイン重視の和室」って感じです!

対するアイスマートの和室はこちら↓

一条工務店のアイスマートの和室の画像

見比べると、グランセゾンの方が和室の高級感がありますよね(/・ω・)/

とは言え…、
『我が家には和室が無い!』
以上です(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
和室ゼロの家だから、比較する余地が無かった…。

デザインルーバーは掃除が手間

一条工務店のグランセゾンのデザインルーバーの画像

グランセゾンの『デザインルーバーは掃除が手間』ですす。

  • 外観の雰囲気が変わる
  • 窓の目隠しになる

などがメリットです。

例えば「バルコニー+デザインルーバー」で、
「外から見えないバルコニーで家族BBQ♪」なども良さげですよね(/・ω・)/

でも『窓とルーバーの間の掃除が絶対に手間!』なので、我が家では要らないと判断しました!

アイスマートだと有料オプションで、下記の通りです。

一条工務店のデザインルーバーの画像
  • ウォールタイプ:19.2万
  • スクリーンタイプ:19.2万
  • オープニングタイプ:13万

カラーは下記の3種類です。

デザインルーバーのカラーの画像
  • ブラックオーク
  • メープル
  • アーバングレー

「掃除の手間<外観の見た目」にこだわる人にオススメのオプションですよね。

グランセゾンは気密性・断熱性が低い

一条工務店の断熱材の画像

グランセゾンは『気密性・断熱性がアイスマートより低い』です。

chii
chii
「低い」と言えど、業界トップ水準だから安心だよ!

下記の値は「数字が低いほど、断熱性・気密性が優秀」と判断できます。

グランセゾンアイスマート
Ua値(断熱)0.360.25
Q値(断熱)0.980.51
C値(気密)0.610.59

「で、この数字はどれだけあればOKなの?」を「UA値」を使って深堀りしますね(/・ω・)/

日本の家づくりで「求められるUA値の基準」はこちら↓

一条はいずれもクリアです。
「省エネ基準を満たす」と言うことは、「少しの空調で快適に過ごせる家」と言えるので安心ですね。

次に「日本の地域毎に必要なUA値」はこちら↓

「グランセゾン・アイスマート」どちらも、日本中どこでも快適に過ごせる基準をクリア済みです\(^o^)/

あつぎり
あつぎり
比較はしたけど、どちらも優秀で差がほぼ無いね!

断熱性・気密性で「グランセゾン<アイスマート」と差があるのは「床・屋根・壁」の断熱材の厚みの違いです。

グランセゾンアイスマート
床下9cm14cm
屋根下14.5cm23.5cm
12cm19cm

     

アイスマートの方が「壁が分厚い=断熱材が厚い」ため断熱性・気密性が高いうえ、次の「耐震性の高さ」にも繋がります。

chii
chii
「断熱性・気密性・耐震性」はアイスマートが優秀っ!

耐震性は「グランセゾン<アイスマート」

アイスマートの耐震性の画像

耐震性は『グランセゾンより、アイスマートの方が強い』です。

耐震性の違いは「家を建てる工法の違い」です。

  • グランセゾン:在来軸組工法
    「柱」で家を支え、間取りの自由度が高い
  • アイスマート:ツーバイシックス工法
    「壁」で家を支え、間取りの自由度が低い

「家の強さ or 間取りの自由度」のどちらを優先させて、家を建てるかの話ですね。

chii
chii
「耐震等級3」は共にクリア済みだから、安心だねっ!

ちなみに我が家は徹底的に間取りをこだわったので、間取りで一切の妥協なく家を建てられました\(^o^)/

「自由な間取り」はグランセゾンの魅力でも、我が家はアイスマートでもイメージ通りの間取りが再現できたので魅力に感じなかったワケです。

グランセゾンはスリットスライダーが採用できない

グランセゾンでは『スリットスライダーが採用できない』です。

一条工務店のスリットスライダーの画像
  • ピュアホワイト
  • スギナチュラル

気にしない人が多いかもですが、僕は地味に嫌でした…。笑

だってスリットスライダー、カッコ良いですもん(´・ω・)

あつぎり
あつぎり
グランセゾンでは代わりに「デザインルーバー」があるよ!
一条工務店のデザインルーバーの画像

カラーは、下記の「4色」から選べます。

一条工務店のデザインルーバーのカラーの画像
  • ホワイト
  • ライト
  • グレー
  • ダーク
スポンサーリンク

【一条工務店を比較】アイスマートを選んで正解だった

我が家は『アイスマート』を選んで正解でした。

グランセゾンも魅力的ですが「グランセゾンの魅力が条件に合わなかった」ことが1番の理由です(/・ω・)/

あつぎり
あつぎり
グランセゾンの設備をアイスマートで、無料採用できたのが大きかったっ!

最後にまとめると、「グランセゾンの魅力」はこちら↓

グランセゾンの魅力
  1. ハイドロテクトが無料
    →「有料」で採用済み
  2. パラペットルーフ&木目調軒天
    →不要と判断
  3. 内装の木目設備が魅力的
    →「無料キャンペーン」で採用済み
  4. モクリアのフローリング
    →「無料キャンペーン」で採用済み

一条工務店と契約したタイミングが「グランセゾンの有料オプションを無料で採用できた」ことで満足度が超アップです\(^o^)/

『計126万相当(グレイス設備 100万+モクリア26万)』「無料」で、タイミングが良すぎました♪

合わせて、「グランセゾンを選ばなかった理由」はこちら↓

不採用の7つの理由
  1. 天井高も吹き抜け採用で微妙
  2. 玄関の御影石はメンテが大変
  3. 和室がカッコ良いけど、和室は不要
  4. デザインルーバーは掃除が手間
  5. 気密性・断熱性が低い
  6. 耐震強度が低い
  7. スリッドスライダーが採用できない

グランセゾンとアイスマートをザックリまとめると、下記の通りです。

  • グランセゾン
    → 外観・内装の見た目を重視
  • アイスマート
    → 性能を重視

家づくりは「住む人で良し・悪しの感じ方が全く違う」ので、参考程度にどーぞ(」°∀°)」

ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。