一条工務店

【グランセゾン vs アイスマート】一条工務店を徹底比較【7つの決め手】

悩むオヤジ

  • グランセゾンって、何が良いの?
  • アイスマートと比較して欲しい。
  • どちらが良いのかも教えて。

といった方に向けた記事です。

先に結論を言うと『家づくりに正解は無い』が答えです。

言い換えると「何を重視して選ぶかで、オススメが変わる」という話です。

あえて言うなら、下記の通りです。

  • グランセゾン
    → 「見た目・カッコ良さ」を重視する人向け
  • アイスマート
    → 「実用性・機能性」を重視する人向け

僕は「実用性・機能性」を重視したかったので、アイスマートを選びました。

グランセゾンはアイスマートより、坪単価が「+3万」ほど高くなります。「建築コストの差額」は、こちら↓です。

  • 25坪 → +75万アップ
  • 30坪 → +90万アップ
  • 35坪 → +105万アップ
  • 40坪 → +120万アップ

一般的に多い「35坪」だとグランセゾンの方が「+100万」も高くなる計算ですね。

そこで本記事では『グランセゾン vs アイスマート』を比較しつつ、「+100万を払って、グランセゾンを選ぶ価値があるのか?」を解説します。

本記事の内容

  • グランセゾン・アイスマートを比較
  • グランセゾンの4つの魅力
  • アイスマートの選んだ3つの理由
  • はたして一条はお得なのか?

この記事を読み終えると『グランセゾンとアイスマートだと、どちらを選ぶべきか?』が分かるようになります。

記事の後半では「一条工務店を選ぶと損する人」の特徴も解説済みです。

特にこれ↑は勘違いしている人が多いので、最後は必ず読んで頂いて判断して欲しいですm(_ _)m

スポンサーリンク

【グランセゾン vs アイスマート】一条工務店を徹底比較

一条工務店のグランセゾンとアイスマートの画像

一条工務店の人気シリーズ「グランセゾン vs アイスマート」で比較します。

グランセゾンの魅力を4つに絞ると、下記の通りです。

グランセゾンの魅力

  1. ハイドロテクトが標準仕様
  2. 外観デザインがカッコ良い
  3. グレイスの木目デザインがカッコ良い
  4. モクリアのフローリングが最高品質

グランセゾンは「カッコ良さ・見た目の満足度」がアップする設備が多いです。

この4つが必要な人は、グランセゾンがオススメだよっ!
あつぎり
スポンサーリンク

グランセゾンの魅力①約40万相当のハイドロテクトが標準仕様

一条工務店のハイドロテクトタイルの画像

1つ目のグランセゾンの魅力では『ハイドロテクトタイルが標準仕様(無料)』です。

ハイドロテクトとは「太陽光で外壁の汚れを浮かし、雨で汚れを洗い落とす性能」を持つ、メンテナンスフリーの外壁タイルです。

性能の高さゆえに一条工務店の家では、採用率が高いオプションですね。

ハイドロテクトは、下記の5種類から「1色もしくは2色」が選べます。

一条工務店のハイドロテクトの画像

こちらはグランセゾンは「無料」ですが、アイスマートは有料オプションになります。

  • グランセゾン:無料
  • アイスマート:1.3万 × 家の坪数

ハイドロテクトを「アイスマートに導入するコスト」を計算すると、下記の通りです。

  • 25坪:32.5万
  • 30坪:39万
  • 35坪:45.5万
  • 40坪:52万

中央値は「約40万」と、結構な高額オプションですね。

「なら標準仕様の外壁材は?」というと、こちらの「標準タイル(石目調ボーダータイル)」です。

一条工務店の標準タイルの画像
  • カラー:ホワイトのみ
  • 素材 :タイル

色が「1色のみ」と選択肢がないのは残念ですが、標準仕様で「タイル外壁」が選べる点はかなりオトクですね。

一般的に「外壁タイル=高級オプション」で、他社の住宅メーカーだと「100~200万」はする高級オプションです。

こちらのタイルの選ぶ基準は、下記の通りです。

  • 「耐久性+キレイ」を重視 → ハイドロテクト
  • 「耐久性のみ」を重視   → 標準タイル

グランセゾンだと、ハイドロテクトが無料で導入できます。

一条工務店の「標準タイルとハイドロテクトの違い」は、こちらの『一条工務店の外壁タイルの選び方』で解説済みです。

グランセゾンの魅力②外観デザインがカッコ良い

2つ目のグランセゾンの魅力は『外観デザインがカッコ良い』です。

グランセゾンは「凹凸感+メリハリ」を出しやすく、アイスマートよりカッコ良い外観が作れます。

ポイントは、下記の3つです。

グランセゾンの外観

  1. パラペットルーフで凹凸感を出す
  2. 総2階で作らなくてOK
  3. 軒天の「木目」がカッコ良い

こちらを順番に解説しますね。

パラペットルーフで凹凸感を出す

グランセゾンのパラペットルーフの画像

グランセゾンには、こちらの「パラペットルーフ」が設置できます。

メリット・デメリットは、下記の通りです。

  • メリット :カッコ良い家になる
  • デメリット:水が溜まりやすく、雨漏りの原因になる

こちらは、一般的な屋根と同じ材質です。そのため雨漏り防止に「10年毎のメンテナンスが必要になる」デメリットがあります。

総2階で作らなくてOK

次にグランセゾンとアイスマートの外観デザインを比較します。

グランセゾンだと「総2階」のルールが無くなるので、外観がカッコ良くなります。

下記の画像で確認しましょう。

GRAND SAISON

一条工務店のグランセゾンの展示場の画像

  • 工法   :在来軸組み工法
  • メリット :設計の自由度が高い
  • デメリット:2×6工法より耐震性が劣る

グランセゾンは「在来軸組み工法」で建てるため、間取り・外観の設計の自由度が高いです。

上記のように「1階より2階を小さくし、凹凸感を出す」デザインにすることで、家の外観がカッコ良くなりますよね。

設計度の自由度は高いものの、耐震性はアイスマートより劣ります。

i-smart


一条工務店のアイスマートの展示場の画像

  • 工法   :2×6工法
  • メリット :在来軸組み工法より耐震性が高い
  • デメリット:設計に制限が多い

アイスマートは「2×6工法」で家を建てるため、設計に制限が多いです。その変わりに耐震性が高くなります。

こちらは設計ルールに「建てる家は必ず総2階」があり、「1階=2階」と同じ広さで建てる必要があります。

すると家の凹凸感やメリハリが出しにくく、外観が「のっぺり」しがちです。

軒天の「木目」がカッコ良い

グランセゾンの木目調軒天の画像

グランセゾンは『軒天』「木目」が選べます。

カラーは下記の「3色」です。

グランセゾンで選べる軒天の画像
  • ダークブラウン
  • チャコールグレー
  • イエローブラウン

上記で解説した「パラペットルーフ」を下から見上げると、上記のような「木目の軒天」になっています。

この木目デザインがカッコ良くて、例えば「リビングから窓の外を見上げた時」にきっと満足するはずです。

「軒のメリットは?」と言うと、下記の通りです。

  • 雨よけになる
    → 人の通り道、物置に使える
    → 窓ガラスが汚れにくい
  • 日差しを遮れる
    → 部屋の温度が安定

アイスマートは下記の通り、1階の屋根(軒)がありません。

一条工務店のアイスマートの軒の画像

アイスマートは「総2階」で作るため、「軒は2階のみ」です。

一条工務店のアイスマートの軒天の画像

デザインは、こちらの4色から選べ、どれもシンプルなデザインですね。

一条工務店の軒は『一条工務店で軒を延長しないと後悔?』で解説済みです。

軒の解説は、こちらの記事を参考にしてねっ!
あつぎり
スポンサーリンク

グランセゾンの魅力③グレイスの木目デザインがカッコ良い

一条工務店のグレイスシリーズの画像

一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

3つ目のグランセゾンの魅力は『グレイスの木目デザインがカッコ良い』です。

「キッチン・シューズボックス・洗面台」等に高級感のある木目が使われており、かなり良い感じのデザインです。

実際に見て頂いた方が早いと思うので、下記の画像をご覧くださいm(_ _)m

グランセゾンは「高級感」、アイスマートは「シンプル」なデザインが特徴的だよねっ!
あつぎり

グレイスキッチン

グランセゾンのグレイスキッチンの画像1

グランセゾンのグレイスキッチンの画像2

グレイスカップボード

グランセゾンのグレイスカップボードの画像

グレイス洗面台

グランセゾンのグレイスドレッサーの画像

シューズボックス

グランセゾンのシューズボックスの画像

書庫ユニット(有料)

グランセゾンの書庫ユニットの画像

書庫ユニットのみ有料(70,000~87,000円)ですが、他はグランセゾンを選ぶと全て無料です。

このグランセゾンの木目設備をアイスマートでも「有料」で採用でき、オプション費は下記の通りです。

キッチン30万前後(要確認)
カップボード174,000~440,000円
洗面台4,500~143,500円
シューズBox17,000~113,000円

合計で「約100万」です。

グランセゾンとアイスマートの差額が「約100万」なので「この木目デザインの住設を採用したいか?」が判断の分かれ目と言えそうですね。

グランセゾンの魅力④モクリアのフローリングが最高品質

一条工務店のモクリアフローリングの画像

一条工務店公式HPより引用 https://www.ichijo.co.jp/

最後のグランセゾンの魅力は『モクリアのフローリングが最高品質』だと言うことです。

下記の4種類から選べます。

グランセゾンのモクリアの画像
  • ホワイトウォールナット
  • ライトウォールナット
  • グレーウォールナット
  • ビターウォールナット

画像だと特徴が分かりにくいですが、その違いは下記の通り。

  • グランセゾン(モクリア)
    → 木目が強く天然木に近い
  • アイスマート(EBコート)
    → シート加工で少し安っぽい

1つデメリットをお伝えすると「EBコートは強度が弱く、キズが付きやすい」です。(アイスマートの床材)

例えば「高さ1mの位置からスマホを落とすと床が凹む」くらいデリケートな材質です。

に対して、グランセゾンのモクリアは「天然木と同じレベルの強度・質感」と、かなり品質が上がります。

一条工務店のモクリアフローリングの比較画像

モクリアの特徴は、下記の通りです。

  • フローリングの厚みが違う
    → 肌感に重厚感がある
  • 表材が強い
    → 傷が付きにくい
  • フローリング幅が広い
    → 床全体の開放感が出る

アイスマートだとモクリアは「8,000円 × 坪数」の有料オプションで採用でき、坪数ごとの金額は下記の通りです。

  • 25坪:20万
  • 30坪:24万
  • 35坪:28万
  • 40坪:32万

おおよそ「20~30万円」と、かなりお高めですね…。


ここまでの「グランセゾンの魅力」を一旦、まとめるね!
あつぎり

本記事で解説した『グランセゾンの魅力』は、下記の通りです。

  • ハイドロテクトのセルフ洗浄で外壁がずっとキレイ
  • 凹凸ある外観デザインがカッコ良い
  • 高級感あるグレイス木目で満足度◎
  • 「高級感+強度◎」の高品質なフローリング

いずれもグランセゾンの標準仕様で、満足度を感じられる設備ばかりですよね。

上記の設備を「もしアイスマートに有料オプションで採用すると?」は、下記の通りになります。

  • ハイドロテクト
    → 約50万」
  • グレイス木目の設備
    → 約100万
  • モクリアのフローリング
    → 約30万

合計で「約180万円」ですね。

ここで1つ正直にお伝えすると、僕が一条工務店と契約した時は「②と③」のオプションが無料でアイスマートに採用できました。

つまり130万相当のオプションがタダで貰えたというワケです。

その理由は、下記の通り。

  • グランセゾンが発表された直後だった
  • 発表直後は無料・キャンペーン価格で導入できるケースが多い
  • つまり契約するタイミングがかなり重要になる

僕は「お得に契約できてスゴイだろ?」と自慢したいワケではなく、これは他の住宅メーカーでも良くあるケースということをお伝えしたいです。

タイミングが良ければ「50万・100万相当のオプションが無料で貰えるチャンス」なので、色んな住宅メーカーを覗いてみるのがオススメです。

「そんな時間なんてないよっ!」という方は「タウンライフ家づくり」を使ってみて下さいm(_ _)m

僕が使った時は、下記のような充実した情報が頂けました。

  • 間取り(30坪・35坪)
  • 見積書(30坪・35坪)
  • 建築模型(30坪の間取りを元に)
  • キャンペーン情報
  • カタログ・照明計画‥‥など

上記の写真は、とあるハウスメーカーから頂いた資料ですが、他にも「計5社」から有益な情報を頂いています。

こちらは「完全無料」で使えるサービスです。何十万のオプションが無料で手に入るキャンペーン情報が得られるかもなので、使わない手はないですよね。

≫無料でお試し:タウンライフ家づくり

設計士によって「アイデア・工夫・提案力」が違うから、色んな人に相談した方が良いよっ!
あつぎり
Chii
見積書があると「値引き交渉」を有利に進められて、家を安く買えるよっ!

【3つの理由】グランセゾン不採用でアイスマートを選んだワケ

一条工務店のアイスマートの画像

次に紹介するのは『グランセゾンを選ばなかった3つの理由』です。

グランセゾン不採用の理由

  1. 天井高でも吹き抜けだと効果ナシ
  2. 玄関の御影石は手入れが大変
  3. 耐震強度が低い

ここからは僕が感じた「グランセゾンの悪い所・微妙な所」を解説します。

「見た目」重視のグランセゾンと、「性能」重視のアイスマートだね!
あつぎり

その①:天井高でも吹き抜けだと効果ナシ

一条工務店のグランセゾンの天井高の画像

グランセゾンは天井が265㎝と高いです。

ですが吹き抜けのリビングを作る人は、その265㎝の天井高のメリットも微妙になります。(我が家のケース)

まず「天井の高さ」を解説すると、下記の通り。

  • グランセゾン
    1階:265㎝、2階:250㎝
  • アイスマート
    1階:240㎝、2階:240㎝

アイスマートも「有料オプション 20,000円 × 坪数」で、天井高265㎝に変更することができます。

こちらのオプション費を計算すると、下記の通り。

  • 25坪:50万
  • 30坪:60万
  • 35坪:70万
  • 40坪:80万

こちらは高額オプションである上、我が家の吹き抜けリビングでは効果が薄くなると判断しました。

その②:玄関に御影石を採用すると手入れが大変

一条工務店のグランセゾンの御影石の画像

グランセゾンは『御影石の玄関ポーチ』が採用できます。

御影石とは「大理石」のような高級感のある材質です。

見た目はかなりカッコ良いですが、これは採用しない方がいいと判断しました。

その理由は、下記の2つです。

  • 御影石は水分を吸収する
  • 吸収した水分はシミになる

例えば「雨の日に濡れた靴で帰宅して、玄関で放置する」、これで御影石にシミができます。

大理石も御影石も「石」なので、水を吸収し易いです。石は水に濡れると黒っぽくなりますよね?あれと同じ現象が起こります。

その③:耐震性は「グランセゾン<アイスマート」

アイスマートの耐震性の画像

耐震性は『グランセゾンより、アイスマートの方が強い』です。

耐震性の違いは「家を建てる工法の違い」でもあります。

  • グランセゾン:在来軸組工法
    「柱」で家を支え、間取りの自由度が高い
  • アイスマート:ツーバイシックス工法
    「壁」で家を支え、間取りの自由度が低い

つまり「家の強さ or 間取りの自由度」のどちらを優先させるかの話です。

Chii
「耐震等級3」は共にクリアした建物だから、安心だねっ!

ちなみに我が家は「2倍耐震」といって、『耐震等級5相当』の有料オプションを採用しました。

こちらは「耐震性の高さ」にこだわる人にオススメのオプションで、詳しくは『一条工務店の2倍耐震』の記事を参考にしてください。

【最後に】一条工務店は坪単価が高くなり過ぎた…

最後に残念なお知らせです。

注意点と合わせて、2つお伝えします。

一条は価格が高くなり過ぎた

一条工務店は坪単価は直近の10年間で高騰しており、今は「75万」ほどです。

昔は「中価格帯で品質が高い工務店」でしたが、今は大手ハウスメーカーと同じくらい建築コストが高いです。となると「もはや一条工務店を選ぶ必要があるのか?」という疑問が出てきます。

例えば、下記の2つは比較されましたか?

  • 坪単価75万の大手住宅メーカー
    「セキスイハイム」「住友不動産」と比較しても良いかも
  • 規格住宅・セミオーダー住宅
    → 高級ハウスメーカー(住友林業など)の家が安く建てられるというプラン

特に「②」は最近、人気のプランなので聞いてみる価値アリです。

超大手の住友林業の家がこの価格帯で建てられるのは、昔じゃ考えられません。

モデルハウスが標準仕様のワナ

1つ注意すべきが「一条工務店のモデルハウスは全てが標準仕様」だと言うこと。

これは良くも悪くもあり、下記の通りです。

  • 良い面:標準仕様の満足度が高い工務店
  • 悪い面:本当は必要ない設備まで標準仕様に含まれる

例えば「全館床暖房って本当に必要ですか?」と僕は多くの人に聞きたい。

最近の家って、真冬で床暖房ナシでも普通に暖かいです。(これは恥ずかしながら、一条で家を建てた後に気付きました…)

その理由は全館床暖房の導入コスト(約200万が目安)は坪単価に含まれているからです。逆に言うと、全館床暖房ナシの家を買うと約200万円がそのまま安くなると言えますよね。

他にも同様の設備は多く、下記の通りです。

  • ロスガード(全館換気システム)
    → 約60万
  • 外壁タイル
    → 約100万

価格は、僕の概算ですが「どれも良い設備」なので高額であることには間違いなさそうです。

結局のところ「住宅メーカーは、自分達の生活スタイルに合うか・合わないか」で選ぶことが大事なので、色んな住宅メーカーを見比べた上で判断するようにしましょう。

≫ タウンライフ家づくり:無料で住宅メーカーを比較

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-一条工務店
-