一条工務店

【一条工務店】ハニカムシェードを付けると後悔する【5つのいらない理由】

悩むオヤジ

  • ハニカムシェードって、必要?
  • あると便利?もしくは邪魔?
  • 無料だけど、採用すべき?

といった悩みを解決できる記事です。

結論から言うと『ハニカムシェードは必要ナシ』です。

その理由は多くあり、下記の通りです。

  • 開閉でレールから外れる
  • 真っ白で汚れが目立つ
  • 水洗いができない
  • 手間なお手入れが必要
  • 電動は壊れると修理が高額

つまり日々の生活で、かなり邪魔なんですよね、、、

例えばハニカムシェードを採用したものの、

  • ほぼ開けていない
  • ずっと閉めたまま

という人がかなり多いです。

本記事では、下記の3つを分かり易く解説します。

本記事の内容

  • ハニカムが必要ない理由
  • ハニカムの修理・交換費用
  • ハニカムが特に必要ない場所

この記事を読み終えると『ハニカムシェードって、どこの窓に付けると最適か?』が分かるようになりますよっ!

窓の用途毎に判断することが大事だねっ!
あつぎり
\ 間取りはアイデアいっぱい /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がお作りします。
  • 間取り:豊富なアイデア
  • 見積書:建築費を明確に
  • 比較 :大幅な値引きも
  • 手続き:スマホ3分で家に届く
カタログでは得られない、
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

【ハニカムシェードの魅力】導入する3つのメリット

最初に『ハニカムシェードを導入するメリット』をサクッと解説します。

「無料だから全ての窓に付けておこう」は、後で絶対に後悔しますよ。

窓の用途毎に「いる・いらない」を判断しましょう。

メリット①:窓の断熱性能がアップ

ハニカムシェードを閉めると、窓の断熱性能がアップします。

一条工務店の窓は「トリプル樹脂サッシ」が使われており、窓の断熱性能は高いです。

とは言え、断熱性は「窓<壁」です。

そこで「窓+ハニカムシェード」の組み合わせで、断熱性能をアップすることができます。

ハニカムシェードを閉めると、冬だと室温が「+1~2度」ほど暖かくなるよっ!
あつぎり

メリット②:カーテンが必要ナシ

2つ目は『カーテンが必要なくなる』メリットです。

ハニカムシェードは、下記の3種類です。

  • 断熱ハニカム(標準)
    →部屋の中が見えない×遮光効果なし
  • レースハニカム(オプション)
    →透けて部屋の中が見える
  • 遮熱ハニカム(オプション)
    →部屋の中が見えない×遮光効果あり(真っ暗)

「③遮熱ハニカム」を選ぶと、昼でも部屋を真っ暗にできるので「寝室」などにピッタリですね。

Chii
カーテンの代わりにしたい人は「遮熱ハニカム」がオススメだよっ!

メリット③:ハニカムは全ての窓が標準仕様

ハニカムシェードは、『全ての窓がハニカムシェードが標準仕様』で導入できます。

例えば「断熱→遮熱」への変更は『有料』ですが、1箇所1,000〜5,000円と価格は意外と安いです。

上記の金額で「レースカーテン+遮光カーテン」がいらなくなると考えると、わりとコスパ良いですよね。

ハニカムシェードを付けると後悔する【5つのいらない理由】

次に『ハニカムシェードが必要ない5つの理由』を解説します。

ハニカムシェードは良い所がありつつも、いらないと感じる理由の方が多いです。

「ハニカムシェード=無料」なので全ての窓に採用する人が多いですが、これが後の後悔ポイントに繋がるんですよね。

理由①:開閉でレールからスグに外れる

ハニカムシェードは『開閉でレールから外れるから、無いほうが日々の生活がラク』です。

上げ下げがスムーズに動かないので、高頻度でレールから外れます。外れたハニカムシェードは直すのにはコツが必要で、これがかなり手間です。

そのため「こんなに外れるなら、いっそのこと付けなければ良かった」と後悔する人が多いです。

ハニカムよりカーテンを選んだ方がラクだよっ!
あつぎり

理由②:電動タイプは壊れると高額な修理費がかかる

ハニカムシェードの電動タイプは壊れると、高額な修理費がかかる点に注意です。

「手動で上げ下げするとレールから外れるから、電動タイプを選ぼう」と考える人がいますが、あまりオススメできません。

電動タイプの料金は、下記の通りです。

  • 導入費用:1箇所/1万
  • 交換費用:2万~
  • 修理費用:5万~

電動ハニカムシェードの導入は「1箇所/1万」とわりと安めですが、壊れた時の「交換・修理」がかなり高いです。

しかも結構な頻度で壊れます、、、

「電動が壊れる → ハニカムが開かない → 修理せざるを得ない」で、高額の修理代が必要になるパターンはサイアクですよね。

Chii
この修理費を聞くと「いらないかなぁ…」と感じちゃう…。
しかもハニカムシェードの保証期間は「2年」と短いんだっ!
あつぎり

理由③:クリーム色で汚れが目立つ

ハニカムシェードは『クリーム色なので汚れがかなり目立つ』点にも注意です。

しかも「汚れが付きやすく、汚れが取れにくい素材」なので、5年後・10年後もキレイを維持できている気がしません、、、

ちなみに「アクセントクロス(色付きの壁紙)×ハニカムシェード(クリーム色)」は、色の相性がかなり悪いです。

理由④:水洗いができず、手入れが手間

ハニカムシェードは『水洗いができず、手入れがかなり手間』です。

一条工務店の説明書に記載の「ハニカムシェードのお手入れ方法」は、下記の通りです。

  • ホコリ汚れ
    → ハンディモップで掃除する
  • シミ汚れ
    → スポンジに薄めた中性洗剤を付けて拭き取る

誰もが「これだけじゃ、絶対に汚いよね?」と疑問をお持ちなはず。

「カーテンは汚れるから、定期的に洗濯する。でもハニカムシェードは、拭き取るのみ。」

これでキレイを維持できるはずないですよね、、、

理由⑤:窓が結露してカビの原因になる

冬にハニカムシェードを閉めると『窓が結露してカビの原因』になります。

「窓 ↔ ハニカムシェード」の表面の温度差が開くことが原因なので、ハニカムシェードを10~15㎝ほど上げておくと、結露防止を防止できます。

【結論】ハニカムシェードは、必要最低限で導入するべき

「いらないと感じる5つの理由」を元に判断した答えは、ハニカムシェードの導入数は最低限にしておくべきです。

下記は「特にこの窓はいらない」と判断した場所です。

  • キッチン横の勝手口
    → 調理の汚れが飛ぶ
  • リビングの大きな窓
    → 開閉の頻度が多いと、レールから外れる
    → 調理の汚れ、ニオイが付きやすい
  • 子供部屋
    → カーテンの方が使い易い
  • 光を取り込みたい窓
    → トイレ・洗面所・階段近くなど

逆に「寝室」は、ハニカムシェードがオススメです。

その理由は「遮熱ハニカムを選ぶと、部屋に光が全く入らない」ので、寝室の最適性アップに繋がります。

寝坊しないよう注意です(/・ω・)/

\ 後悔しないために /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がプランをお作りします。
カタログでは得られない
「アイデア・魅力」が詰まった
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-一条工務店
-