【要らない】ハニカムシェードが不要な5つの理由

気になるペンギン

ハニカムシェードって必要かなぁ?全ての部屋に取り付けた方が良いのかな?要る・要らないの意見が聞きたい…。
記事で分かること
  • ハニカムが要る理由・要らない理由
  • 修理・交換費用
  • 我が家の導入事例・選んだ理由
  • 付けない時はどうするのか?

どーも、一条工務店の25坪の平屋住まいのあつぎり(@atsugili01)です!

あつぎり

我が家は一条工務店で建てた25坪の小さな平家です。

一条工務店の平屋暮らしの僕が「ハニカムシェードが要らない」を記事にまとめました。

我が家の特徴
  • 一条工務店 25坪の平屋
  • i-smart(内装:グランセゾン)
  • 田舎の夫婦2人暮らし

Chii

みんな「ハニカムシェード=凄く良い」って言うけど、そうとも限らないよ!

それでは解説します。

【要らない】ハニカムシェードが不要な5つの理由

結論、僕はハニカムシェードは要らない派です。

でも一条工務店では標準設備なだけあって、全否定するほどNGな設備ではないです。

ただ「要らないなぁ」と思うデメリットも多いので、特徴をまとめました。

【メリット3選】ハニカムシェードが必要な理由

ハニカムシェードのメリットは、下記の3点です。

  1. カーテンが要らない
  2. 部屋の断熱性能がアップ
  3. 断熱ハニカムは全部屋無料

ハニカムシェードは一条工務店の標準オプションなので、全ての部屋に無料で付きます。

【メリット①】カーテンが要らない

カーテンも普通に買うと高いもんな…。

あつぎり

ハニカムシェードがあると、カーテンが要らないです。

種類は、下記の3つから選べます。

ハニカムシェードの種類
  • 断熱ハニカム(標準)
  • レースハニカム(オプション)
  • 遮熱ハニカム(オプション)

遮熱タイプを選ぶと、遮光カーテンも要らなくなります。

断熱(標準)と遮熱は、光を通すかどうかの違いです。

遮熱は「光を遮る構造」で昼でも部屋を真っ暗にできるので、寝室や子供部屋にピッタリですね。

レースは名前の通りで、透けるレースカーテンと同じ用途のハニカムシェードです。

MEMO

有料オプションの遮熱タイプは、窓との隙間がほぼないので遮光カーテン以上に部屋を暗く出来ます。

「ハニカムシェードがあると、カーテンが要らない!」と言う人は、遮光タイプを選んでいる人が多いですね。

【メリット②】部屋の断熱性能がアップ

ハニカムシェードを閉めると、部屋の断熱性能がアップします。

一条工務店のi-smartの窓は「トリプル樹脂サッシ」なので、窓の断熱性能は高めです。

とは言え、断熱性は「窓<壁」なんですよね。

いくら一条工務店の窓の断熱性能が凄いとは言え、窓があると冬は部屋が寒くなります。

例えば、冬に暖かい空気の6割は窓から逃げると言われています。

でもハニカムシェードを閉めると窓から暖かい空気が逃げるのを阻止して、+3〜5度ほど室温が高くなると言う声が多いです。

Chii

「夏は涼しく、冬は暖かく!」がハニカムシェードの特徴ね!

【メリット③】断熱ハニカムは全部屋無料

一条工務店では大きい窓も小さい窓も全ての部屋が無料(断熱タイプ)で、ハニカムシェードを設置できます。

「断熱→遮熱」は有料ですが、1箇所1,000〜5,000円とオプション費用は意外と安めです。

我が家だと仮に全部屋「断熱→遮熱」に変更しても1.5万ほどのオプションでした。

僕は「カスミガラス+遮熱ハニカム」の組み合わせがオススメですね!

【要らない5つの理由】ハニカムシェードは必要ない

デメリットも知った上で判断しよう!

あつぎり

ここまで聞くと「ハニカムシェードすげー!無料なら絶対にあった方が良いじゃん!」と思いますよね。

でも「ハニカムシェードって、やっぱり要らないかも…」と思うポイントが意外と多いです。

ハニカムシェードが要らないと思う5つの理由です。

  1. 開閉でレールから外れる
  2. 汚れが目立つ
  3. 水洗いができない
  4. お手入れが手間
  5. 結露の原因になる

Chii

操作性、メンテナンス性に難ありといった印象ね!

【理由①】開閉でレールから外れる

ハニカムシェードは「開閉でレールから外れるから、無い方がラク」です。

上下動がスムーズじゃないので、開け閉めの基本動作でよく外れます。

しかも外れたら直すのが超手間なんですよね( ゚Д゚)

「外れにくい or 直ぐに直せる」の片方ならまだしも…、外れやすくて直しにくいはタチが悪いです。

わりと高頻度で直す作業をするはずなので、覚悟しておいた方がいいですよ。

【理由②】汚れが目立つ

カーテンと同じで、長く使い続けるものだから汚れも心配…。

あつぎり

ハニカムシェードは「汚れが目立つから要らない」です。

色はホワイト色のみなので、汚れが付くと凄く目立ちます。

ちなみに純白ホワイトではなく、薄く黄ばんだようなホワイトです(/・ω・)/

10年後は汚れが超目立ってそうで、長期的に見たら要らないかなと思います。

せめて暗い色のハニカムシェードがあれば良いんですけどね…。

Chii

アクセントクロスとハニカムシェードのホワイト色の相性も微妙よね…。

【理由③】水洗いができない

ハニカムシェードは「水洗いが出来ないのも要らない理由」です。

初めて聞いた時は

「えっ。ハニカムシェードって洗えないの!?」

って、確か2回ほど聞き直しました( ゚Д゚)

洗えないカーテンって、ダメだろ…。

あつぎり

「ハニカムシェード=カーテン」に近い用途なのに、

洗えないってどーなの、一条工務店さん!?

複雑な構造なのは分かりますが、カーテンが汚れるのにハニカムシェードは洗わなくて綺麗なワケないですよね。

Chii

全面ホワイトなのに洗えないとなると、10年後はキレイなのかな…?

【理由④】お手入れが手間

ハニカムシェードは「お手入れが手間なので、むしろ無い方が良い」です。

「丸洗いが出来ないないなら、どーやってメンテナンスするの?」と気になりますよね。

方法は下記の2つです。

  1. ホコリ汚れ → ハタキやハンディモップで掃除
  2. シミ汚れ → 水で薄めた中性洗剤で掃除

②を少し補足します。

中性洗剤でのメンテナンス方法
  1. 中性洗剤を水で薄める
  2. 布やスポンジに中性洗剤を浸して絞る
  3. ハニカムシェードの汚れを拭き取る

なんか超めんどくさいです…。

これを見た時の僕の心の声↓笑

  • こんなチマチマしたやり方で、やってられるか( ゚Д゚)!!!
  • ホコリ汚れとシミ汚れの中間の汚れはどーすんの!?放置?
  • 結局、丸洗いの代わりになる掃除方法はないってこと?

カーテンと同じくらい、普段のメンテナンスがラクだと最高なんですけどね。

Chii

色々と調べてみたけど、他にハニカムシェードのお手入れ方法は見つからなかったわ!

【理由⑤】結露の原因になる

ハニカムシェードは「結露の原因になるから要らない」が理由です。

一条工務店のi-smartの窓は、トリプル樹脂サッシでほぼ結露しません。

でもハニカムシェードを窓の下まで完全に下げ切ると、窓とハニカムシェードの間で結露します。

ハニカムシェードが結露する原因の解説画像

これは窓を真上から見た図ですが、イメージはこんな感じです。

ハニカムシェードで「窓の表面↔︎室温」の温度差が開くことが原因で、結露すると言うわけです。

ちなみに結露する温度差と湿度はこちらです。

温度差 湿度
10度 50%
7度 60%
5度 70%
3度 80%

冬の湿度が平均50%なので、「窓の表面↔︎室温」の差は10度以上の開きが出るケースもありそうですね。

ハニカムシェードを閉めると結露するのは問題ですが、「断熱効果」と言う点ではハニカムシェードはかなり期待できそうですね。

対策としてハニカムシェードを下から数㎝ほど上げておくと、結露が防げます。

特にこの部屋は要らない

特に僕が要らないと思う部屋は、こちらです。

ハニカムシェードが要らない部屋
  • 窓の開閉が多い部屋
    →レールから外れる
  • 常に光を取り込みたい部屋
    →閉める回数が少ない
  • キッチン横の勝手口
    →調理の空気汚れ、飛び散り汚れ

特にキッチンの勝手口横のハニカムシェードは、調理汚れが飛び付きやすいです。

キッチンの空気は油分が多いのでハニカムシェードが汚れやすく、しかも掃除で取れにくいことが理由です。

スポンサーリンク

【無料の魅力】ハニカムシェードが要らないとはいえ…

「無料」と聞くと、つい…。

あつぎり

ハニカムシェードがもし高い有料オプションだったら、僕なら絶対に要らないです。

でも一条工務店は、断熱ハニカムが無料なんですよね…。

「無料&断熱効果」が悩む原因です(/・ω・)/

ハニカムの導入を部屋ごとに決定

我が家はハニカムシェードを付ける・付けないを部屋ごとに決めました。

「無料」と聞くと、要らなくてもつい欲しくなっちゃいますよね…。

ハニカムを導入した部屋

ハニカムシェードを取り付けても問題がなさそうな部屋は下記の条件です。

ハニカムと相性の良い部屋
  • ハニカムの開閉が少ない部屋
  • ハニカムが汚れにくい部屋

結果的に導入したのは「リビング以外の洋室」の窓です。

  • 洋室の窓は、普段から締め切ったまま
  • リビングと違って空気で汚れにくい
  • 窓が多くて全部屋分のカーテンは高い

↑「外れやすさ」と「掃除できない」のデメリットが消えますよね。

Chii

洋室だと汚れが付きにくいのも採用した理由!

不採用の部屋

我が家は「リビングの全ての窓」は、ハニカムシェードが不採用です。

要らないと判断した理由は、下記です。

ハニカムシェード不採用の理由
  • リビング窓は開閉数が多く、外れやすい
  • 調理の空気で、ハニカムが汚れやすい
  • ニオイがついても、洗えない
  • キッチン横の勝手口は、汚れが飛ぶ

リビング窓側に建物が無いので、ハニカムシェードを開けっ放しにすることが多いのも要らないと判断した理由です。

無料だから、一旦付けるのもアリ

使い勝手やお手入れの面が微妙でも、ハニカムシェードは無料なので取り付けてもOKかと思います。

とりあえず付けておいて、要らなくなったら取り外す方法ですね。

ただデメリットは「外した時に窓枠にビス跡が残ること」です。

ハニカムシェードは、カーテンレールと同じように窓枠のビス固定なので取り外し跡が目立ちそうですね。

【補足】電動ハニカムは壊れる

ハニカムシェードは「手動タイプ」「電動タイプ」があります。

電動タイプはリモコン操作で、上げ下げがラクチンなのが魅力です。

電動ハニカム:有料+1万

電動ハニカムへは「1箇所/+1万」有料オプションです。

電動ハニカムのメリット
  • 開け閉めが自動でラク
  • ハニカムが外れる心配無し
  • 手が届かなくても開閉できる

特にリビング窓のように開閉回数が多く、大きなサイズほど電動ハニカムはオススメです。

「電動ハニカム超便利〜♪ゼッタイ採用すべきだよ!」みたいな声も多いですが、デメリットは修理費です。

なにせ電動ハニカムシェードは、壊れた時はバカ高い!!!

電動ハニカムの修理費

電動ハニカムは「交換対応」「修理対応」があります。

電動ハニカムの修理費用
  • 交換対応 → 1〜3万ほど
  • 修理対応 → 5万以上も…

構造が複雑?なのか、「部品代+作業料」の修理代金はかなり高めです。

本体を丸ごと交換の方が安くなり、「修理<交換」で対応するケースが多いようですね。

注意

電動ハニカムが壊れたら最低1万〜、もし家中の電動ハニカムが定期的に壊れたら大変なことに…。

ハニカムシェードの修理に10万も20万も払うとなると、かなり地獄ですよね。

「電動=便利」とは言え、機械は故障ありきなので最低限に押さえたいです。

【無難が1番】ハニカムシェード無しの部屋はカーテン

カーテンはニトリ楽天市場店で!

我が家はニトリで購入!

僕は無難にニトリで買いました。

「ニトリ楽天市場店」だと楽天ポイント10倍なので、普通に店舗で買うよりもお得\(^o^)/

最近だとカーテンのサブスクも!

JAPAN CURTAINでサブスクも悩みました(/・ω・)/

理由は「部屋の雰囲気にカーテンのデザインが合うか分からなかったから」です。

これほどセンスが問われるものはありません…( ˙-˙ )

サブスクカーテンの魅力
  • 月額550円~(税込)
  • 「42色×1㎝単位」のオーダーメイド
  • 「初回+2年間で2回」の変更OK

色やデザイン、サイズを間違うリスクが無いです。

「部屋の雰囲気を変えたいなぁ」と思った時も、違うカーテンに変更OKなのが魅力ですね。

Chii

横幅も高さも1㎝単位の調整が可能ってスゴイ!!

【結論】やっぱりハニカムシェードは要らない

僕はハニカムシェードの数は必要最低限にしたよ!

あつぎり

記事をまとめます。

結論、やっぱりハニカムシェードは要らないです。

でも我が家は「無料」という誘惑に惹かれて、洋室はハニカムシェードを採用しました。

「リビング窓・キッチン横の勝手口」は、あえてハニカムシェード不採用です。

理由は記事で解説した通りで、何かとデメリットが多いからです。

なんだかんだ開け閉めも手入れもしやすいカーテンが1番良いですね\(^o^)/

Chii

問題は、開け閉めのスムーズさとメンテナンスね!