ハウスメーカー

【ライバルを徹底比較】セキスイハイムvs一条工務店【どちらを選ぶべきか答えます】

悩むオヤジ

  • 一条工務店の特徴を知りたい…
  • セキスイハイムの特徴を知りたい…
  • ライバル2社を比較してほしい…

といった疑問・悩みを解決できる記事です。

結論から言うと、どちらを選ぶべきかの正解はありません。

その理由は「住む人が変われば、最適な住宅メーカーも変わる」からで、ここがマッチしないと後で後悔する可能性がスゴく高まります、、、

当たり前ですが「僕が一条を選んだから、あなたも一条を選べば間違いナシ」なんてこと、絶対に無いですよね。

本記事では「セキスイハイムvs一条工務店」を比較しているため、最後まで読んで判断してみて下さい。

本記事の内容

  • 「建築コスト」を比較
  • 「間取りの自由度」を比較
  • 「家の快適性」を比較
  • 一条を選ぶ時の注意点
  • 両社の5つの似ている特徴

記事を読み終えると「あなたにマッチした住宅メーカーがどちらなのか?」が分かるようになりますよ。

筆者の紹介

  • マイホーム:一条工務店(i-smart)
  • 住宅ローン:4,300万
  • 家の特徴 :2階建て
  • 家族構成 :3人暮らし
一条工務店に住む「あつぎり(@atsugili01)」が解説するよっ!僕のInstagramも参考にしてね!
あつぎり
\ 間取りはアイデアいっぱい /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がお作りします。
  • 間取り:豊富なアイデア
  • 見積書:建築費を明確に
  • 比較 :大幅な値引きも
  • 手続き:スマホ3分で家に届く
カタログでは得られない、
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

スポンサーリンク

【ライバルを徹底比較】セキスイハイムvs一条工務店【どちらを選ぶべきか答えます】

【セキスイハイムvs一条工務店】マイホームに一条を選んだ理由【ライバル2社を比較】の画像

本記事は、下記の順番で解説を進めます。

本記事の内容

  1. 「建築コスト」を坪単価より計算
  2. 「間取りの自由度」を構造で比較
  3. 「家の快適性」を気密性・断熱性で判断
  4. 一条工務店は家の好みが分かれる

特に「④」は知らないと大損する内容なので、必ず読んで頂きたいですm(_ _)m

スポンサーリンク

【坪単価】建築コストは「一条工務店<セキスイハイム」

まず最初に『建築コスト』を比較します。

一般的な「35坪の家」だと、下記が建築コストの目安です。

  • セキスイハイム:2,800万
  • 一条工務店  :2,450万

差額は「350万」です。

つまり「350万を上乗せして、セキスイハイムを購入する価値があるか?」が判断ポイントになりそうですね。

建築コストを下記で、もう少し深掘りします。

「セキスイハイム」の坪単価

こちらはセキスイハイムの坪単価です。

  • パルフェ:80〜90万
  • スマパワ:70〜80万
  • ドマーニ:60〜70万

坪単価の平均は「80万」なので、こちらを元に建築コストを計算すると下記のようになりました。

  • 25坪:2,000万
  • 30坪:2,400万
  • 35坪:2,800万
  • 40坪:3,200万

「一条工務店」の坪単価

こちらは一条工務店の坪単価です。

  • グランセゾン:70〜80万
  • アイスマート:65〜75万
  • アイキューブ:50〜70万

坪単価の平均は「70万」なので、こちらを元に建築コストを計算すると下記のようになりました。

  • 25坪:1,750万
  • 30坪:2,100万
  • 35坪:2,450万
  • 40坪:2,800万

一条工務店は「モデルハウスと同じ家が”標準仕様”で建てられる」が特徴の住宅メーカーです。

セキスイハイムより建築コストが安いだけじゃなく、標準仕様の設備が充実していると言えますね。

上記は良いように聞こえますが、実際は「メリット・デメリットが共存している」ことを後で解説します。

【間取りの自由度】セキスイハイムは自由度が高く、一条工務店は制限が多い

セキスイハイムの方が『間取りの自由度が高い』です。

と言うより、「一条工務店は間取りの制限が多過ぎる」と言うのが正しいかもしれません。

  • 家を支える「耐力壁」が必要
  • 天井の至る箇所に「タレ壁」が必要

こちらの代表例を2つ紹介します。

家を支える「耐力壁」が必要

こちらは我が家のボツ間取りで、リビングの中央に「壁」があります。

  • キッチンの目の前に壁…
  • テーブルの後ろに壁…

場所的にも、かなり邪魔ですよね、、、

こちらは「耐力壁」と言って、家の強度を担保するために必要な壁です。

一条工務店は「2×6工法」という「壁で家を支える仕組み」のため、リビングのような大空間では強度不足をカバーするために必要になるケースが多いです。

天井の至る箇所に「タレ壁」が必要

耐力壁に加え、天井の至る箇所に「タレ壁」が必要になります。

こちらは天井より「厚み15㎝」ほどの壁が出っ張るイメージで、上を見上げた時に圧迫感をかなり感じますよね、、、

「1階・2階・廊下・洗面所」の至る箇所にタレ壁が必要となり、一条工務店の家でおそらく「タレ壁がゼロの家は、ほぼ存在しない」と思います。

スポンサーリンク

【家の快適性】一条工務店は業界トップ、セキスイハイムは少し劣る

家の快適性は『一条工務店の方が快適に過ごせる』と言えそうです。

とは言え、セキスイハイムも快適性が優秀なので「誤差の範囲」かなと。

その理由を「UA値・Q値・C値」を使って解説します。

  • UA値:外気温の影響を受けにくい
  • Q値 :熱の逃げにくさ
  • C値 :熱の逃げにくさ

こちらは、よく聞く「断熱性・気密性」のことですね。

いずれも「値が低いほど優秀な指標」で、メリットは下記の通りです。

  • 空調を付けなくても、寒い日も暑い日も快適
  • 空調を少し付けただけで、過ごし易い空間になる

下記で表にまとめました。

気密性・断熱性を比較する

まずは「住宅メーカーのUA値・Q値・C値」を比較すると、下記のようになります。

UA値Q値C値
一条工務店0.250.510.59
三井ホーム0.431.612.00
スウェーデンハウス0.431.320.71
セキスイハイム(木造)0.461.600.99
檜屋住宅0.561.905.00
セキスイハイム(鉄骨)0.612.202.00
住友林業0.751.91-
積水ハウス0.752.40-
ミサワホーム0.752.4-
パナホーム0.872.7-
ヘーベルハウス0.872.75.00
トヨタホーム-1.865.00

一条工務店は業界トップで、セキスイハイムは4位ですね。

比較表より「一条工務店の快適性の方が高い」と言えるものの、住んだ時の実感は誤差の範囲です。

こちらを下記で深掘りします。

必要なUA値を検証する

上記の表の数字だけ見せられても「あ…、そうなの…」と感じたはずなので、次に「実際に必要なUA値は?」を具体的に解説します。

  • 一条工務店      :0.25
  • セキスイハイム(木造):0.46
  • セキスイハイム(鉄骨):0.61

こちらのUA値を下記と比較してくださいm(_ _)m

必要とされるUA値

UA値
北海道0.4
東北・長野・岐阜0.5
その他の日本0.6
省エネ基準0.87
ZEH基準0.6
ZEH+基準0.4
昭和55年基準1.8
平成4年基準1.5
平成11年基準0.96

つまり寒冷地だと一条工務店が相応しいものの、セキスイハイムも大半の地域では気にしなくて良い水準と言えますね。

例えば「昭和55年基準」を使って「実家が築40年だから~」といったようにイメージすると、分かり易いかもです。

UA値より電気代を計算する

最後にUA値より『1年間の電気代の差額』を計算します。

「快適に過ごせる家=空調に頼らない」とも言えるので、こちらの方が「生活の違い」をイメージし易いかなと。

  • 一条工務店      :0.25
  • セキスイハイム(木造):0.46
  • セキスイハイム(鉄骨):0.61

UA値は「0.1=電気代1,000~1,500円安くなる」と言われています。これを元に計算すると、下記の通りです。

  • セキスイハイム(木造)
    一条工務店より1年間で「2,100~3,150円」電気代が高い
  • セキスイハイム(鉄骨)
    一条工務店より1年間で「2,440~3,660円」電気代が高い

1か月の電気代で見ると「200~300円差」なので、誤差の範囲ですよね。

つまり「家の快適性は一条工務店の方が優秀だけど、住んだ時の実感はセキスイハイムとそこまで差が無さそう」と言えます。

一条工務店は家の好みが分かれる

次に『一条工務店は合う・合わないが明確に分かれる家』だという話をします。

一条工務店は「モデルハウスと同じ家が”標準仕様”で建てられる」が特徴の住宅メーカーです。

なので「好みがピッタリ合えばお得、でも好みが合わなければ大損」と言えます。

例えば、下記の通りです。

  • 全館床暖房:導入費250万
    → 真冬でも家中が暖かくて快適
  • ロスガード:導入費60万
    → 家中を換気できてキレイな空気で快適
  • その他
    → 「外壁タイル・キッチン・シューズボックス」など、標準仕様が充実

でも「これって本当に必要な設備なの?」と僕は問いたいです。

これらは標準仕様ですが、全て無料ではありません。

上記の「数百万の導入費」は、全て坪単価に含まれているため「有料」と考えるべきです。

つまり「一条工務店の標準仕様=必要性が低い」と感じるなら「不要な設備が大量に埋め込まれた家を買うことになる」ので、契約前に考えを整理しておきましょう。

他の住宅メーカーも似た要素はあるけど、一条工務店は特に当てはまるよねっ!
あつぎり
Chii
標準仕様は「不要でも取り外すことができない」点に注意ねっ!

ここまでの話を一旦、まとめます。

ポイントとなる箇所を書き出すと、下記の通りです。

  • 建築コスト
    セキスイハイムの方が「約350万(35坪)」高くなる
  • 間取りの自由度
    一条工務店は「耐力壁・タレ壁」で設計の制限が多い
  • 家の快適性
    一条工務店の方が快適性が高いものの、実感の違いは小さい
  • 家づくりの特徴
    一条工務店は標準仕様の充実により、家の好みが分かれる

個人的に「④一条の標準仕様をどう判断するか?」がポイントになるかなと。

そこで一条工務店の「設備の導入費・メンテナンス」に関して『本当は高額なメンテナンス費用【維持費をぶっちゃけます】』の記事をどうぞ。


【セキスイハイムvs一条工務店】両社の似ている5つの特徴

『セキスイハイムvs一条工務店』の比較を続けます。

次に解説するのは「両社の似た特徴」ばかりなので、サクサクっと見ていきましょう。

両社の特徴

  1. 外壁:「タイル外壁」で高耐久性
  2. 屋根:「太陽光発電」のエコハウス
  3. 空調:「全館空調」でカイテキ
  4. 換気:「全館換気」でカイテキ
  5. 生産:「工場生産」で高品質

僕が比較した時は「細かな違いはあれど大きな差は無い」と感じました。

外壁:「タイル外壁」で耐久性が高い

まずは『外壁タイル』を解説します。

一条工務店・セキスイハイム共に「タイル外壁で耐久性が高い」住宅メーカーです。

タイル外壁の特徴は、下記の通り。

  • 劣化しにくく、見た目のキレイが続く
  • 「耐久性 60年」と高寿命な外壁材
  • タイル1枚毎に交換可能で修繕費が安い

「紫外線で汚れを浮かし、雨で汚れを流す」、セルフクリーニング機能付きの外壁タイルを使っています。

つまりメンテナンスフリーで、めちゃラクチンなんですよね。

【セキスイハイム】磁器タイル

セキスイハイムは、「磁器タイル」という、セルフクリーニング機能付きのタイル外壁です。

セルフクリーニング機能

セキスイハムの磁器タイルの画像

磁器タイルに「シリカ成分」の膜を作り、雨水と共に汚れを流し落とす仕組みです。

雨水がシャワーの役割を果たすというワケですね。

外観デザイン

セキスイハムの外観デザインの画像1

こちらがセキスイハイムの外観デザインです。

タイル外壁なので、「カチッ」としたカッコ良い外観ですね。

セキスイハムの外観デザインの画像2

セキスイハムの外観デザインの画像3

セキスイハイムは「渋いデザイン」もあれば「カッコ良いデザイン」もあり、選べる幅が広いですね。

セキスイハムの外観デザインの画像4

外壁材のカラーが豊富なので、自分の好みなデザインの家を作ることができます。

逆に一条工務店は「外壁カラー=5色」と少なく、デザイン力はセキスイハイムの勝ちかなっ!
あつぎり

【一条工務店】ハイドロテクトタイル

次に一条工務店の「ハイドロテクトタイル」を解説します。

セルフクリーニング機能

一条工務店のハイドロテクトの画像

一条工務店のハイドロテクトタイルは「光触媒」を外壁材に埋め込み、外壁のキレイを持続させる特徴があります。

仕組みは、下記の通りです。

  • 太陽光で汚れを分解する
  • 雨で汚れを洗い流す

「太陽光・雨水」を上手く活用したメンテナンスフリーのタイル外壁ですね。

ハイドロテクトは、下記の「5種類」から選べます。

一条工務店のハイドロテクトの画像

「単色1色 or 組み合わせ2色」で、計25パターンの組み合わせから選べ、外観イメージは下記の通りです。

外観デザイン

一条工務店のハイドロテクトタイルの画像1

こちらは「ブラック×ホワイト」だねっ!
あつぎり

一条工務店のハイドロテクトタイルの画像2

Chii
「オレンジ×ピンク」だよ!

一条工務店のハイドロテクトタイルの画像3

最後は「ホワイト×ピンク」だ!
あつぎり

タイルは修繕費が安く、人気の外壁材です。メンテナンス費は、下記の「一条工務店の公式HP」が参考になるはずです。

サイディング外壁とタイル外壁の修繕コスト比較の画像
「サイディング」は外壁材で一般的に使われている素材だよ!
あつぎり

サイディング外壁は「10年毎」にメンテナンスが必要で、1回の修繕コストも高いです。

そのため50年間の修繕コストを「サイディングvs外壁タイル」で比較すると、サイディングの方が「約640万も高くなる」という話ですね。

  • サイディングは、修繕頻度が多い
  • サイディングは、1回の修繕費が高い

一条工務店は「タイル外壁=標準仕様」ですが、他社の住宅メーカーだと「タイル外壁=100~200万の高額オプション」です。

つまり「外壁材にタイルを採用したい人」は、一条工務店を選ぶとお得と言えそうです。

一条工務店のメンテナンス費用は『一条工務店のメンテナンス費用は高い【維持費をぶっちゃけます】』で解説済みです。

屋根:全面太陽光で自家発電するエコハウス

次に「屋根」『太陽光システム』の視点で解説します。

「セキスイハイム・一条工務店」共に屋根全面に太陽光パネルを搭載しており、自家発電が可能なエコハウスです。

【セキスイハイム】おひさまハイム

セキスイハイムのおひさまハイムの画像1

こちらはセキスイハイムの「おひさまハイム」です。

セキスイハイムのおひさまハイムの画像2

  • 太陽光で電気を発電
  • 蓄電池に電気を貯める
  • 家で電気を使う

自家発電による「①→②→③」の仕組みで、電気代が「安くなる or 要らなくなる」という仕組みです。

【一条工務店】全面太陽光パネル

一条工務店の全面太陽光の画像

続いて、一条工務店の全面太陽光パネルです。

特徴は、下記の通り。

  • 「パネル表面=強化ガラス」で屋根の定期メンテが不要
  • 強化ガラスは、火災保険で修理可能
  • 「太陽光パネル=軽い」ため、家の耐震性UP
  • 電気を蓄電池に溜めて使える

一条工務店の家は、太陽光パネルの採用率が高いです。そのため「大量生産=導入コストを安く」することができ、約10年で初期の投資コストを回収できる想定です。

空調:「エアコン or 床の冷暖房」で全館空調

続いて、『全館空調』を解説します。

「セキスイハイム・一条工務店」共に全館空調システムに力を入れており、下記の通りです。

  • セキスイハイム
    →快適エアリー(床下エアコン)
  • 一条工務店
    →うるケア(全館床暖房・冷房)

いずれも「床から暖める・冷やす」が特徴の全館空調で、サクッと解説します。

【セキスイハイム】快適エアリー

セキスイハイムの全館空調は『快適エアリー』という、床から風が吹き出すエアコンです。

快適エアリーで空調する画像1

暖かい風は天井付近に溜まりやすいため、冬は床ダクトから温風を出して部屋全体を暖めます。

快適エアリーで空調する画像2

導入コストは「約120万〜」と、全館空調としては一般的な価格です。

  • 1階のみ:約80万〜
  • 2階のみ:約40万〜

快適エアリーは「1階だけ・2階だけ・1階+2階」と導入エリアを選べ、導入コストも変わってきます。

【一条工務店】全館床暖房+床冷房

一条工務店の全館床暖房・床冷房の画像

一条工務店の全館空調は『床暖房+床冷房』です。

家全体の床下に配管が通っており、床を「暖める・冷やす」ことで室温をコントロールします。

一条工務店の全館空調の解説画像
  • 床暖房 → 「温水」を循環させる
  • 床冷房 → 「冷水」を循環差せる

一条工務店の全館空調は2種類あり、下記の通りです。

  • 床暖房のみ
    →うるケア=標準仕様(無料)
  • 暖房+冷房+除湿+保湿
    →さらぽか空調=有料 1.5万/坪

さらぽか空調は「坪1.5万×35坪=52.5万」と高額なオプションですが、快適エアリーの「約120万〜」と比べると安いと言えます。

ちなみに他社の「全館空調の価格一覧」はこちら↓です。

一条工務店
さらぽか・うるケア
約50万〜
セキスイハイム
快適エアリー
約120万〜
ヒノキヤグループ
Z空調
約120万〜
トヨタホーム
スマート・エアーズ
150万〜
住友林業
エアドリームハイブリッド
195万
パナソニック
エアロハス
200万
三井ホーム
スマートブリーズ
250万
積水ハウス
エアシーズン
250万
ミサワホーム
エアテリア
250万

全館空調の導入コストを比較すると、一条工務店が最も安いです。

ですが注意点が1つあり、「床冷房だけでは猛暑日の冷房運転がシンドイ」ということです。結局は「床冷房+壁掛けエアコン」で併用する人が多いようですね。

一条工務店は「床暖房=標準仕様」だけど、『坪単価』に導入コストが含まれている点に注意だねっ!
あつぎり
一条工務店の床暖房は「標準仕様」ですが、無料ではありません。導入コスト(おそらく約200万前後)は坪単価に含まれています。

もし「床暖房=いらない」人なら、必要ない高額設備付きの家を買うことになるので、逆にかなりコスパが悪いとも言えますね…。

Chii
結局のところ、住宅メーカー選びは「何を重視して家を作りたいか?」だよねっ!

「自分たちにピッタリの住宅メーカーはどこか?」を知りたい方は「タウンライフ家づくり」を参考にして下さい。

住宅模型の画像

こちらは「家づくりの要望」を伝えると、各社の設計士よりベストなプランを提案して貰えるサービスです。

例えば「5人の設計士に依頼すると5通りのアイデア」が集まります。プロの視点で考えられた間取りを見ると、色んな発見があるので有益ですよ。

  • 「この住宅メーカーだと、こんな家が作れるのかっ!」
  • 「同じ予算でも大きな家が建てられて設備も良い感じっ!」

といった、新たな発見があります。

\ 完全無料でプラン作成 /

家づくり計画書を依頼

家は人生で1度っきりの買い物…、だから「後悔だけは避けたい」人にもオススメだよっ!
あつぎり

換気:全館換気システムで常に快適

セキスイハイムと一条工務店の「換気システム」は、ほぼ似たような性能です。

  • セキスイハイム
    → 快適エアリー(空調+換気で併用)
  • 一条工務店
    → ロスガード(換気のみ)

個人的に、ほぼ差がないように感じました。

換気システムの違いは、下記の2点で比較します。

  • 微粒子の捕集率
    →どれだけ空気をキレイに出来るか?
  • 熱交換率
    →換気で外気温の影響を受けないか?

「微粒子の捕集率」を比較する

換気フィルターの「微粒子の除去率」は、快適エアリー(セキスイハイム)が優秀です。

微粒子捕集率
快適エアリー
(セキスイハイム)
0.3μm99.97%
ロスガード
(一条工務店)
1μm95%

快適エアリーの方が「より細かい微粒子を高い補修率で空気をキレイにできる」ため、空気清浄効果が高いと言えますね。

セキスイハイムの快適エアリー

セキスイハイムの快適エアリーで捕集できる微粒子の画像

快適エアリーは「0.3μm」以上の微粒子「99.97%捕集」できます。

セキスイハイムの快適エアリーの高性能フィルターの画像

「HEPAフィルター」は空気清浄機や掃除機の排気口で使われるフィルターと同じなので、快適エアリーは家に空気清浄機を埋め込むのと同じ効果を得られそうですね。

一条工務店のロスガード

一条工務店のロスガードの画像
一条工務店のロスガードの高性能フィルターの画像

一条工務店のロスガードは「1.0μm」以上の微粒子を「95%捕集」できます。

数字だと実感しにくいかもですが、快適エアリーより「フィルターが荒い&捕集率が低い」点に注意です。

「熱交換率」を比較する

換気システムの「熱交換率」ロスガード(一条工務店)が優秀です。

こちらの熱交換率が高いほど、換気時に外気温の影響を受けにくくなります。

例えば「真冬に換気を行っても部屋が寒くなりにくい」といった具合です。

セキスイハイムの快適エアリー

セキスイハイムの快適エアリーの熱交換率の画像

セキスイハイムの快適エアリーは「熱交換率 85%」です。

こちらが「どのような効果があるか?」というと、下記の通りです。

  • 外気温が「0度」である
  • 快適エアリーの熱交換器を通る
  • 空気が「17度」に温まる
  • 温まった空気が部屋に入る

上記の通りで「①→②→③→④」の順番で、熱交換が行われます。

一条工務店のロスガード

一条工務店のロスガードの熱交換率の画像

一条工務店のロスガードは「熱交換率 90%」と、快適エアリーより「+5%」高いです。

「で、どれだけ違うの?」と言われると、下記の通り。

  • 一条工務店(ロスガード)
    「0度→18度」に切替
  • セキスイハイム(快適エアリー)
    「0度→17度」に切替

これらは「1度差」なので、ほぼ変わらないと思って良さそうですね。

生産:「工場」生産で高品質

「セキスイハイム・一条工務店」共に『家づくりの大半を工場で行う住宅メーカー』です。

生産ラインだと多くの種類は作れないけど、「良い商品を安く作れる」からコスパ良い家になるよねっ!
あつぎり

下記のようにパーツを工場で生産し、現場では「組み合わせ+仕上げ」を行う流れです。

一条工務店の工場生産の画像1

一条工務店の工場生産の画像2

  • 工場で出来る限りパーツを作る
  • 現場でパーツの組み立てを行う

今の時代は「現地生産→工場生産」に移行する住宅メーカーが多く、効率性を重視した仕組みですね。つまりコスパの良い家づくりです。

工場生産のメリットは、下記の通りです。

  • 品質の安定が「人<機械」と高い
  • 手作業の質が「現場<工場」と高い
  • 外気・気候の影響を受けない
  • 作業効率UP=コスト削減
  • 「専門家+機械」で品質チェック

デメリットは「オリジナルある家を作るのが難しい」点です。

「工場生産=ライン生産」のため「少品種・大量生産」になりがちで、「我が家だけの特別なデザイン」等は作れないと考えた方が良いです。

【まとめ】住宅メーカーを選びに正解はない

最後に記事をまとめます。

「セキスイハイム・一条工務店」は家づくりのコンセプトが似ており、大きな優劣はないように感じます。

あえて言うのなら、下記の通りかなと。

  • セキスイハイム
    → 「間取り・外観」を重視したい人向け
  • 一条工務店
    → 「価格・快適性」を重視したい人向け

とは言え、1番伝えたい事は「住宅メーカーを選びに正解はない」と言うことです。

その理由は「住む人が変われば、最適な住宅メーカーも変わる」からで、ここがマッチしないと後で後悔する可能性がスゴく高まります、、、

住宅メーカー毎に「家づくりのコンセプト」が様々なので、ここを間違えないようシッカリと調べたした上で判断すべきですね。

≫住宅メーカー比較:無料で使える

「自分達に何が合うか?」をシッカリと見極めようっ!
あつぎり

【おまけ】セキスイハイムの賃貸併用住宅

セキスイハイムの賃貸併用住宅の画像

最後にサクッと雑学です(/・ω・)/

セキスイハイムで「おっ、面白いなっ!」と感じたのが『賃貸併用住宅』で下記の通り。

セキスイハイムの賃貸併用住宅の画像

  • 1階・2階=賃貸・テナント
  • 3階=住居

大きな土地と資金が必要ですが、下記のメリットが考えられます。

  • 家賃収入でローン返済が可能
  • 老後で3階がシンドくなれば、1階の賃貸に住める
  • 親が1人で生活出来なくなれば、1階に住ませられる

実際は色んなハードルがありますが、「立地・周辺環境」等の条件を満たせばアリかなと…。

以上ですm(_ _)m

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-ハウスメーカー
-