比較

【三井ホームvs一条工務店】”三井の品質”と”一条のコスパ”

住宅メーカー選びで『三井ホームvs一条工務店』を比較する記事です。

我が家は一条工務店で建てた「i-smart(アイスマート)」です。

三井ホームと一条工務店を比較した結果、”僕が一条工務店を選んだ理由”を記事で解説します。

比較する項目は下記の通りです。

  • 坪単価の違い
  • 外観デザインの特徴
  • 気密性・断熱性
  • メンテナンス費の高い・安い
  • 全館空調の種類と好み

【坪単価】”高額の三井”と”コスパの一条”

最初に坪単価の比較ですが

『三井ホームの家は高いっ!!!』

が僕の正直な意見です。(ぶっちゃけ、庶民にはかなりキツイ…)

同じグレードだと「坪単価 20万差」なので、「35坪=700万」と金額差がかなり大きいです。

注文住宅と規格住宅で分けて、坪単価を解説しますね。

注文住宅

各社の坪単価の目安は、下記の通りです。

この坪単価「20万差の理由」は、次で解説しますね。

三井ホームの人気シリーズの坪単価は下記の通り。

続いて一条工務店の坪単価はこちら↓

いずれも「○〜○万」と価格幅があるのは、
「小さい家ほど坪単価が高く、大きいほど安く」なるからです。

規格住宅

次に規格住宅の坪単価を解説しますね。

規格住宅の特徴は下記の通りです。

要は「住宅メーカーが用意したプランの中から選ぶ」ため、低コストで家が建てられるプランです。

三井ホームの規格住宅はこちら↓

坪単価「60〜75万」が目安です。

三井ホームでも規格住宅だと、”中価格帯”と手の届く価格帯ですよね。

対する一条工務店の規格住宅はこちら↓

改めて『三井ホーム=高いっ!』です。

気になる「三井ホームが高い理由は何か?」を順番に解説しますね。

【外観デザイン】”オシャレな三井”と”シンプルな一条”

三井ホームと一条工務店の外観デザインを比較します。

家の外観は”好み”です。

なので「良い・悪い」の正解はありませんが、僕は一条工務店の外観が好きですね。

【三井ホーム】オシャレ・カワイイ外観

三井ホームは”選べる商品数の多さ”も特徴です。

逆に一条工務店は選択肢が少ない上に、外観の雰囲気が似たシリーズが多いです。(後で解説)

なので「周りの家と同じデザインは嫌だ」という人は、三井ホームがオススメですね。

WOODY DESIGN
三井ホームの外観デザインの画像1

三井ホームの「オシャレ・カワイイ」家が多いですよね。

Lucas
三井ホームの外観デザインの画像2
SCARA
三井ホームの外観デザインの画像3

ホワイトの外壁をベースに「木目の茶色・ブラック外壁」を組み合わせた、モノトーンなデザインが印象的です。

【一条工務店】外観はシンプル

一条工務店は『シンプルな全面タイル』の外観が特徴です。

グランセゾン
アイスマート
アイキューブ

タイルの種類は「5色」と少なめです。

一条工務店のタイルの画像

組み合わせパターンは「1色or2色」と、三井ホームと比べてかなり少ないです。

一条工務店の人気シリーズは、↑の3つの商品です。

商品のコンセプトは違えど「外観=全タイル」なので、外観の雰囲気がほぼ同じです。

口コミなどで「一条工務店の家はどれも同じに見える…」と言われる理由はコレです。

あつぎり
あつぎり
僕は一条工務店の外観が好きだよっ!

家のデザインは「種類の多さ」だけで無く、
「カッコ良い・カワイイ・オシャレ」で好みが分かれますよね。

僕の思う感じだと、

  • カッコ良い家 → 一条工務店
  • カワイイ家  → 三井ホーム
  • オシャレな家 → 三井ホーム

一条工務店は「全面タイル」なので、「シンプル・カッコ良い・スッキリ」の印象が強いですね。

逆に三井ホームは”白デザイン”をベースに「黒・木目」を合わせることで「カワイイ・オシャレな家」に仕上げています。

【気密性・断熱性】

気密性・断熱性は『暮らしの快適さ』に直結するので、大事ポイントです。

  • 寒い冬・暑い夏でも快適な暮らし
  • 安い電気代でエコな住まい

これ↑を求める人は「気密性・断熱性」にこだわるべきです。

高気密・高断熱は一条工務店が業界トップですが、三井ホームもかなり快適ですよ。

【一条工務店】全方向にウレタンフォームの断熱材

一条工務店の断熱施工の画像1 一条工務店の断熱施工の画像2

「屋根・壁・床」の全方向に断熱材がビッチリです。

一般的な「グラスウール」ではなく、「ウレタンフォーム」は2倍の性能を持ちます。

【三井ホーム】ロックウールで全面断熱

三井ホームの断熱施工の画像1 三井ホームの断熱施工の画像2

三井ホームは「天井(屋根)断熱」が有名です。

「ダブルシートパネル」で屋根から受ける太陽熱をカンペキに遮断します。

三井ホームの断熱施工の画像3

水にも熱にも強いロックウールを使うことで、30年後・60年後も高い断熱性キープが期待できます。

「2階の部屋・屋根裏・ロフト」などの空間でも暑くないのが特徴ですね。

chii
chii
どちらも住宅メーカーのトップクラスの気密性・断熱性だよっ!

なので『2社の優劣は、ほとんど無いっ!』が僕の答えです。

気密性・断熱性の比較で「わが社は△□断熱で快適です!」と言われても、

「で、結局はどれだけ快適なの?」と分からないですよね。

なので数字・具体例を使って明確に解説します。

UA値・Q値・C値

断熱性・気密性は「UA値・Q値・C値」で判断します。

  • UA値=断熱性(熱の逃げにくさ)
  • Q値=断熱性(熱の逃げにくさ)
  • C値=気密性(隙間の面積)

どれも「値が低い=優秀」です。

UA値とQ値は、ほぼ同じ意味です。
2013年頃から「Q値→UA値」に変わって使われています。

主要な住宅メーカーの値はこちら↓

UA値Q値C値
一条工務店0.250.510.59
三井ホーム0.431.612.00
セキスイハイム0.461.600.99
住友林業0.751.91
積水ハウス0.752.40
ヘーベルハウス0.872.75.00

いずれも大人気の住宅メーカーばかりですが、一条工務店の「UA値・Q値・C値」が3冠です。

日本で必要なUA値

次に思うのが

「一条と三井のハイスペックなのは分かったけど、どれだけ快適なの?」

ですよね。

日本の家づくりで、求められる基準はこちら↓

「省エネ基準を満たす」と言うことは、「少しの空調で快適に過ごせる家」ということです。

一条工務店はいずれも余裕でクリアです。

更に深掘りして「各地域で求められるUA値は?」と言うと、こちら↓

同じく一条工務店のUA値は、全てクリアです。

さすがは業界トップの高気密・高断熱の家\(^o^)/

対して、三井ホームは「北海道クラスの寒冷地だとややスペック不足かな…」という印象ですね。

ちなみに『UA値 0.1=1年間の電気代が1,000~1,500円ほど変わる』計算なので、省エネ性は誤差の範囲です。

【メンテナンス】一条のメンテフリーがお得過ぎる

家を購入した後のメンテナンス費は『一条工務店が圧倒的にお得』です。

僕が一条工務店を選んだ1番はコレ↑です。

最もメンテナンスが手間で、高額になりがちな「外壁」で比較しますね。

【三井ホーム】メンテは高い&手間

三井ホームの外壁材は『リシン吹き付け』です。

吹き付けは「真っ白な外壁」の部分で、安く施工できる外壁です。

「価格の安さ」と対照的に、何かとデメリットが多いんですよね。

坪単価が高い三井ホームで「外壁メンテナンス=高い・多い・手間」なのは、納得がいかなかったんですよね。

ちなみにメンテナンス費は下記の通り。

  • 1㎡=約2,000円
  • 外壁140㎡(約35坪)×単価2,000円=280,000円

つまり「家をキレイに保つ=7〜8年毎に28万」のメンテ費が必要というワケです。

塗り替えだけでも「60年=約200万」と激高です( ゚Д゚)

【一条工務店】ラクでお得な外壁タイル

対して、一条工務店の外壁材は「全面タイル」です。

『外壁タイル=高耐久』で高級な外壁材です。

一般的に「タイル=高額オプション」で、導入コストに「100〜200万」ほど必要です。

にも関わらず、「一条工務店=標準仕様(無料)」とコスパ最高なんですよね。

更にハイドロテクト「坪/1.5万」は『汚れが付着しない外壁』で外観のキレイがずっと続きます。

ハイドロテクトの画像

タイルに埋め込まれた「光触媒」が理由です。

自然の力で汚れが洗い流されるイメージですね。

「メンテ費・手間」を比べて、ハイドロテクトの圧勝だなと僕は思いました。

【全館空調】エアコンvs床暖房+床冷房

「全館空調とか豪邸にある贅沢品で、我が家には関係ない」

と思ってました。

でも今は全館空調が当たり前なんですよね。

「耐久年数+導入コスト+電気代」で比べると、一般用エアコンより安いケースもあるので無視できないです。

【三井ホーム】スマートブリーズ

三井ホームの全館空調は『スマートブリーズ』です。

三井ホームのスマートブリーズの画像

導入コストは「230-250万」と高額です…。

スマートブリーズは下記の3種類から選べます。

  • スマートブリーズ・エース
    →40坪以上の住宅向け
  • スマートブリーズ・プラス
    →40坪以上の住宅向け(消臭機能付き)
  • スマートブリーズ・ワン
    →40坪以下の住宅向け

【一条工務店】さらぽか空調

さらぽか空調の画像

一条工務店の全館空調は『さらぽか空調』です。

「床暖房+床冷房」で家全体の温度管理ができますよ。

一条工務店の全館空調は2種類あり、下記の通りです。

一条工務店は「全館床暖房=無料」とコスパ良すぎです。

「床暖房+床冷房」のさらぽか空調でも「35坪×1.5万=52.5万」と他社の全館空調より激安なんですよね。

さらぽか空調が故障しても「専用室外機の交換=約25万」と、これまた安いです。

特に「エアコンの風がニガテ」な人は、さらぽか空調を選ぶと快適に過ごせますよ。

あつぎり
あつぎり
全館空調は”好み”で決めると良いよっ!

全館空調は、多少の優劣はあれど「快適性に大差が無さそう…」が僕の感想です。

家の気密性・断熱性は一条工務店の方が上ですが、空調の効きに大きな差が出るレベルでは無いです。

  • 三井ホーム
    →「エアコン」で全館空調
  • 一条工務店
    →「床暖房+床冷房」で全館空調

僕は「エアコンの暖房」がニガテなので、一条工務店のさらぽか空調派ですね。

「導入+メンテ」のコストが安いのも魅力的です。

【工法】同じ2×6工法でも特徴が違う

同じ2×6工法でも三井ホームは「大空間リビング」が得意です。

逆に一条工務店は「大空間=超ニガテ分野」と同じ2×6工法でも、真逆のタイプです。

一条工務店との打合せの感覚だと、多分「5~6m
くらい」が最大間口なはず。

「大きなリビング=中央に耐力壁」が必要なケースが多く、大空間がニガテな住宅メーカーです。

参考程度に他社の最大間口はこちら↓

  • 大和ハウス 7.1m
  • 住友林業 7.1m
  • 積水ハウス 7.0m

木造でも鉄骨クラスの開放空間が作れる三井ホームは魅力的ですよね。

鉄骨だと「気密性・断熱性が低くなりがち」なので、三井ホームは「木造+鉄骨」の魅力を併せ持ったハイブリッド住宅メーカーと言えますね。

【アフター保証】10年保証+有償30年保証

三井ホームも一条工務店もアフター保証は、ザックリ同じです。

  • 無料保証:10年
  • 有償保証:30年

基本的な10年間保証に加え、

「住宅メーカーが指定するメンテナンスを実施した時のみ30年保証が使える」

といった仕組みです。

とは言え、「有償工事=高額」なんですよね。

他社で約10万の工事内容の見積りが「15〜20万」と信じられない価格のケースが多いです。

それに住宅メーカーのアフター保証は「修理対応が遅い」とか「様子を見ましょう」と言って何もしてくれないケースが多いです。

【結論】品質の三井とコスパの一条

僕の住宅メーカー選びの結論は『一条工務店を選んで正解』です。

三井ホームの家はスゴく魅力的です。

でも平均的なサラリーマンの僕には、かなりハードルが高いんですよね。

その点、一条工務店はコストを抑えつつ魅力的な内容が満載です。

  • シンプル・カッコイイ外観
  • 外観タイルで耐久性◎
  • 屋根=強化ガラスで耐久性◎
  • 全館床暖房で快適
  • 修繕が少なく、安い

これ↑全て無料なんですよね。

『お得過ぎっ\(^o^)/』

僕の年収で無理に三井ホームの家を買うと、下記の懸念が考えられます。

  • 家を小さくせざるを得ない
  • 希望のオプションが付けられない
  • 住宅ローンの支払いに追われる
  • 趣味や旅行に使えるお金が足りない
  • 老後資金が貯められない

などなど、お金の不安が一気に増えてしまいます。

「住宅展示場=標準仕様」で家づくりをイメージしやすかったのも、一条工務店を選んだ理由の1つですね。

ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。