ハウスメーカー

【ハウスメーカーの坪単価の上昇】値上げしても、絶対に下がらない住宅価格

悩むオヤジ
ハウスメーカーの坪単価が上昇してるらしいね…。

マイホームを検討中なんだけど、どうすれば安く買えるのかなぁ?

ハウスメーカーの坪単価が引き続き、上昇しています。

特に2021年はウッドショックの影響もあり、建築コストが大幅に上昇した1年でした…。

「家を建てたいけど、高くて買えない…」という声をスゴく聞きます。

そういった方に向けて、本記事では「2022年に最適なマイホームの選び方」を解説しました。

本記事の結論は「規格住宅を買うのが最もコスパが良い」です。

それでは解説を進めます。

スポンサーリンク

【ハウスメーカーの坪単価の上昇】値上げしても、絶対に下がらない住宅価格

本記事は、下記の順番で解説します。

最近、規格住宅がスゴく人気です。

「大手ハウスメーカーの家を建売よりも安く建てられる」ことが理由で、選ぶ人が増えています。

坪単価が高くなり過ぎた今、選択肢の1つに使えるはずです。

ぜひ、参考にして下さいm(_ _)m

スポンサーリンク

上昇した坪単価が下がることが無い

まず最初に『上昇した坪単価が下がることが無い』という事実があります。

「値上げはするけど、値下げはしない」

「大手ハウスメーカー・ローコストメーカー・工務店」と、どこも口を揃えて言う常識ですね。

過去10年間で上昇し続けるハウスメーカーの坪単価

次に『過去10年間で上昇し続ける坪単価』を紹介します。

2010年2015年2020年
住友林業75万90万95万
三井ホーム80万90万100万
積水ハウス75万85万92万
大和ハウス70万82万90万
セキスイハイム72万80万85万
ミサワホーム68万77万80万

 

どのハウスメーカーも10年間で「+10~20万」ほど、坪単価を値上げしています。

一般的な35坪の戸建てだと、なんと「+350~700万」も高くなった計算です。

そして2021年はウッドショックの影響もあり、坪単価が更に「+3~5万」ほど上昇しました。詳しくは、下記の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

坪単価の上昇は「規格住宅」で解決する

「坪単価が高くなり過ぎていて、家が欲しくても買えない…」という方は、『規格住宅』を選べば解決します。

「規格住宅とは?」を解説すると、下記の通り。

  • 決められたプランの中から選ぶ
  • 選べる「間取り・設備・外観」の種類が少ない
  • 「少品種×大量生産」で安く建てられる

ザックリ言うと「注文住宅ほど自由に選べないけど、安く家を建てられる」のが、規格住宅です。

一般的に「建売住宅が最も安い」と思われがちですが、実は違うケースが多々あるんですよね。

実際に僕が見積りを依頼したところ、下記のような結果が出ました。

  • 注文住宅:3,600万
  • 建売住宅:3,200万
  • 規格住宅:3,000万

なんと「建売住宅より規格住宅の方が安い」という事実です。

注文住宅が最も高額なのは納得ですが「規格<建売」には、少し驚きですよね。

その理由は、下記の通り。

  • 建売は万人向けに、全体的に広く設計
  • 建売はムダに広く、割高である

例えば寝室に「6~8帖」も必要ですか?

僕は「寝室=寝るだけの部屋」なので、4.5~5帖もあれば十分です。これだけでも建坪のムダを省け、建築コストを安くする効果があります。

規格住宅は、何千種類の中から自分にピッタリな間取りプランが選べます。壁の位置を変更したり、無くしたりすることもできます。

「決められた選択肢から・自分にピッタリなプラン」を選ぶことで、建売より安く建てられるのが規格住宅の良さです。

規格住宅は「大手の住宅メーカーの家を安く建てられる」ことでも、人気なんだよっ!
あつぎり

規格住宅に力を入れるハウスメーカー

規格住宅の取り扱いがある「ハウスメーカー・工務店」は、下記の通りです。

  • ミサワホーム:スマートスタイル
  • タマホーム :シフクノいえ
  • 積水ハウス :ノイエ
  • 一条工務店 :アイスマイル
  • 住友林業  :フォレストセレクション
  • 三井ホーム :セレクトオーダー
  • ヤマト住建 :エネージュSGR
  • レオハウス :ココライフ

これは一部で、他にも色んなハウスメーカー・工務店で、規格住宅の取り扱いがあります。

とは言え、「ハウスメーカーの数が多過ぎて、1つ1つの展示場に行くのは手間だ…」と感じた人は、ぜひタウンライフ家づくりをご活用ください。

\ 完全無料でプラン作成 /

家づくり計画書を依頼

たった3分のスマホ手続きで、下記の有益な情報が手に入るサービスです。

  • 規格住宅の資料請求
  • 規格住宅の資金計画書
  • 家を建てる土地情報

全てのサービスが「完全無料」で使えます。

規格住宅の資料に合わせて、注文住宅のプランを聞いても良いかもねっ!聞くのはタダだもんっ!
あつぎり

規格住宅は、建築コストが安いです。

例えば「大手ハウスメーカーでも、規格住宅だとこんなにも安く建てられるんだっ!」という新発見があります。

「大手ハウスメーカーが予算内で建てられる事実を契約後に知って後悔…」とならないよう、タウンライフ家づくりを使ってサクッと確認しておきましょう。

\ 完全無料でプラン作成 /

家づくり計画書を依頼

【まとめ】ハウスメーカーの坪単価の上昇は止まらない

最後に本記事をまとめます。

ハウスメーカーの坪単価は、今後も上昇し続けるはずです。

現に過去10年で平均「+20万」も上昇しているため、今後もこの流れは続きそうですね…。

解決策としては、下記の通り。

  • 出来るだけ早くに家を買う
  • 割安で高品質な規格住宅を買う

「人件費・原材料」も高騰する今、ハウスメーカーでは毎月のように坪単価が見直されています。

ここ10年ずっと値上げが続き、2021年も更に値上げされています。

今は金利も上がりつつあるので、マイホームを検討中の方は早めに検討した方が良いかもですね。

本記事は、以上ですm(_ _)m

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-ハウスメーカー
-