一条工務店

一条工務店で「予算1500万」以内で家は建つのか【解決策は1つだけ】

悩むオヤジ
一条工務店は予算1,500万で家を建てられるの?

具体的には、

マイホームは注文住宅で考えているけど、家に多くのお金はかけたくない。でも一条工務店の家が気になってて、候補の1つに考えたい。予算1,500万だと、建てるのはムリ?

といった疑問を解決する記事です。

先に結論を言っておくと「一条工務店で建てられなくはないけど、オススメはしない」です。

その理由は、下記の通りです。

  • 坪数がかなり小さくなる
  • 選べるグレードが少ない
  • オプションが付けられない
  • そもそも予算的に厳しい…

オススメしないと言うより、他の住宅メーカー・工務店を選ぶ方が満足度が高くなると言えそうです…。

一条工務店は良い住宅メーカーですが、他にも魅力的な住宅メーカーは多くあります。最適な条件・予算から判断して住宅メーカーを選びましょう。

本記事では、下記の5つを分かり易く解説します。

本記事の内容

  1. 坪単価より建築面積を計算
  2. 「平屋」という選択肢は?
  3. オススメできない2つの理由
  4. 一条の坪単価が高い理由
  5. 満足度の高い住宅メーカー

この記事を読み終えると『予算1,500万で建てられる、一条工務店の家をイメージできる』ようになります。

筆者の紹介

  • マイホーム:一条工務店(i-smart)
  • 住宅ローン:4,300万
  • 家の特徴 :2階建て
  • 家族構成 :3人暮らし
一条工務店に住む「あつぎり(@atsugili01)」が解説するよっ!僕のInstagramも参考にしてね!
あつぎり
\ 間取りはアイデアいっぱい /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がお作りします。
  • 間取り:豊富なアイデア
  • 見積書:建築費を明確に
  • 比較 :大幅な値引きも
  • 手続き:スマホ3分で家に届く
カタログでは得られない、
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

一条工務店で「予算1500万」以内で家は建つのか【解決策は1つだけ】

本記事は、下記の順番で解説を進めます。

家づくりに必要な費用など、まとめて解説するねっ!
あつぎり

一条工務店の坪単価より建築面積を計算する

まず最初に「予算1,500万以内」で建てられる家の広さを坪単価より計算します。

下記は一条工務店の人気モデルと坪単価の中央値です。

  • アイキューブ:65万
  • アイスマート:70万
  • グランセゾン:75万

そして予算1500万を元に計算した「建てられる家の広さ」は、下記の通り。

  • アイキューブ:23坪(76㎡)
  • アイスマート:21坪(69㎡)
  • グランセゾン:20坪(66㎡)

「何人で住む家か?」にもよりますが、3~4人家族だとかなり厳しそうです…。

家の広さが「20~23坪」だと、間取りは「2LDK」が限界で、下記のイメージです。

  • リビング:14帖
  • 主寝室 :6帖
  • 洋室  :4帖

「シンプルな暮らしをする2人家族」だと、わりと問題ナシの広さですね。

Chii
大きな家を建てるのは、難しそうね…
3~4人暮らしだと、ストレスを感じる広さかもっ!
あつぎり

人気のアイスマートは「平屋」だと何とか…

もし「人気のアイスマートで家を建てたい」という人は『平屋』も選択肢の1つです。

「平屋って高いんじゃないの?」と思うかもですが、間取りによっては逆に安くなるケースもあります。

その理由は、下記の通り。

  • 平屋は階段が必要ナシ
  • 廊下もほぼ必要ナシ
  • 2階のトイレが必要ナシ

平屋は2階建てで必要な「廊下・階段」が必要なくなるぶん、部屋を広くできます。

「平屋=高い」は、実は誤解だよっ!
あつぎり

具体的には、下記の通りです。

  • 約3~4坪のムダが削られる
    → 200~280万ほど安くなる
  • 設備が減り、価格が安くなる
    → 50万ほど

つまり「建築コストが安くなり、部屋を広く使える」というメリットがあります。

居住スペースを比べると「2階建て/20坪 = 平屋/22~23坪」がほぼ同じになるイメージです。

予算1,500万以内が難しい3つの理由

本記事は、ここまで「家の建物価格」のみで、話を進めてきました。

ですが家を建てるには「オプション費・建物以外の費用」も必要で、それは追加で「+400~600万」ほどと大きな金額です。

建物価格に「+20~30%」が目安だよっ!
あつぎり

すると合計の予算は「約2,000万」に膨れ上がります、、、

ここで解説するのは、下記の3つです。

  • オプション費は「約100万~」が目安
  • 建物以外に「約20%」の費用が必要
  • 一条は標準仕様が充実し過ぎている

特に「③標準仕様の充実」は、一条工務店を判断する重要なポイントなので、下記の読んで判断してみてくださいm(_ _)m

Chii
家を建てるには坪単価以外にも、色んな費用が必要なんだよっ!

オプション費は「約100万~」が目安

導入するオプション費は「100万~」が目安です。

下記は、一条工務店で家を建てる際にほぼ必須になるオプション設備です。

  • ベタ基礎(必須):約30万
  • 網戸      :約10万
  • 照明の工事・器具:約10万

「これってオプションって言うの?」と感じる設備ばかりですが、一条工務店の見積書では「オプション費」として計上されます。

「一条工務店はモデルハウス仕様が標準仕様」とアピールするにも関わらず、家を建てる時に必須のベタ基礎が有料オプションでカウントするのは何かセコイですよね、、、

他に「キッチンのカップボード」や「食洗器の深型タイプ」など、お好みの設備を選ぶとおおよそ「100万~」ほどのオプション費が必要になるケースが多いです。

坪単価が高い一条工務店だと、自分達の好みのオプションが選べなさそうだよね…。
あつぎり

建物以外に「約20~30%」の費用が必要

家を建てるには「建物+オプション」以外に「+20~30%」ほどの費用が必要です。

具体的には、下記の通りです。

  • 間取りの設計料
  • 照明・内装の工事費
  • 銀行ローンの保証金
  • 外構工事代
  • 引っ越し代
  • 税金・保険

などの項目があり、

ザックリ、本体工事代に「+20~30%」が上乗せされるイメージです。

つまり建物価格1,500万だと、「+300万~」ほどが必要になると考えておくべきかなと。

まとめると、下記の通りです。

  • 建物   :1,500万
  • オプション:100万~
  • 必要コスト:300万

合計で「1,900万~」となり、1,500万の予算から大きくオーバーします。

一条工務店の建築コストが高くなる原因で、確実に1つ言えることは「充実し過ぎている標準仕様」です。

「標準仕様が充実=お得」とは、限らないから注意だよっ!
あつぎり

一条は標準仕様が充実し過ぎている

一条工務店は『モデルハウス仕様が標準仕様』をアピールする家です。

標準仕様に含まれる設備の中でも、特に高価格な設備は下記の3つです。

  • 全館床暖房:家全体を床暖房で温める
  • ロスガード:家に埋め込んだ巨大空気清浄機
  • 外壁タイル:外壁の修繕回数を減らす素材

これらの導入コストは、合計で「300万(想定)」ほど。

僕は、ここで強く問いたいです。

「この設備って、本当に必要ですか?」

上記はどれも標準仕様ですが、無料ではありません。

そして一条工務店の坪単価が高い原因は「充実した標準仕様の設備が坪単価に含まれている」からです。

つまり上記の設備が不要な人が一条工務店を選ぶと「いらない設備が大量に埋め込まれた割高な家」を買うことになるので、注意して下さいm(_ _)m

  • 標準仕様に納得する人 → 一条を選ぶとお得
  • 標準仕様が不要な人  → 一条を選ぶと損

住宅メーカー選びは「その人に合うか・合わないか」なので、住宅メーカーの特徴を見比べて判断しましょう。

他社の住宅メーカーを選ぶと「約300万を設備・家具・家電などに自由に使える」とも言えるよねっ!
あつぎり
Chii
「標準仕様として選ぶか、自分達の好きな設備を選ぶか」が住宅メーカー選びのキーになりそうっ!

予算1,500万以内で満足する住宅メーカー

最後に「予算 1,500万以内で満足する住宅メーカー」をサクッと紹介します。

予算・条件が厳しいにも関わらず、ムリな住宅メーカー選びを行うと不満の多い家になります、、、

一条工務店は良い住宅メーカーですが、他にも魅力的な住宅メーカーは多くありますよっ!

有名どころをサクッと紹介すると、下記の通りです。

  • タマホーム
  • アイダ設計
  • レオハウス
  • アイフルホーム
  • アエラホーム

これは住宅メーカーの一部でしかありません。他にも地域に特化した工務店もあれば、お得な家が建てられるローコストメーカーもあります。

他にも『規格住宅』と言って「選べる間取り・設備は少ないものの、割安で建てられる家」も最近は人気です。

こちらは「大手ハウスメーカーの家を安く・コスパ良く建てたい」人が選ぶケースが増えており、僕も選択肢の1つに検討していました。

規格住宅は、例えば超大手の「住友林業・ヘーベルハウス」の家でも、安く・お得に建てられるプランなので検討する価値ありですよ。

気になる人は「こちら」から依頼してみて下さいm(_ _)m

≫住宅メーカー比較する:完全無料

Chii
スマホ手続き3分で、ポチポチっと完了っ!

【結論】一条工務店より他社を選ぶ方がコスパ良い

本記事の結論は『一条工務店は良い住宅メーカーだけど、満足する住宅メーカーは他にある』です。

まず一条工務店の家を予算1,500万以内となると、延床面積が20~23坪とかなり狭いです。

それに建物価格に「オプション費」や「その他費用」を加えると、予算を大幅にオーバーします。

  • 建物(20坪):1,500万
  • オプション費 :+100万~
  • 建物以外   :+300万(約20%)

つまり一条工務店で家を建てるには「予算2,000万前後~」と、考えておく方が良さそうです。

そして予算1,500万に収まらない原因は「一条工務店の標準仕様が充実し過ぎている」からです。

  • 標準仕様に納得する人 → 一条を選ぶとお得
  • 標準仕様が不要な人  → 一条を選ぶと損

もちろん「良い設備=維持費・メンテナンス費用も高い」ので、注意して下さいね。詳しくは、下記の記事が参考になります。

【一条工務店】本当は高額なメンテナンス費用【維持費をぶっちゃけます】

続きを見る

一条工務店の標準仕様に納得できない人は、他社の住宅メーカーを選ぶ方がきっと満足度が高くなるはずです。

特に「ロスガード(全館換気システム)」は、手入れが手間でメンテナンス費も高いんだよね…。

契約前に知っていれば、、、

あつぎり
\ 後悔しないために /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がプランをお作りします。
カタログでは得られない
「アイデア・魅力」が詰まった
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-一条工務店
-