一条工務店

【一条工務店】土地込みで3,000~3,500万で建てられるのか

悩むオヤジ
一条工務店の注文住宅って、土地込みで「3,000〜3,500万」で建てられるの?

といった悩みを解決できる記事です。

結論を言うと『建てられなくはないけど、家の満足度が下がりそう…』です。

その理由は、下記の通りです。

  • 家の坪数が小さくなる
  • 選べるグレードが下がる
  • 太陽光が付けられない
  • オプションに満足できない
  • 外構工事がショボくなる
  • 土地の条件が悪くなる

など、色んなデメリットがあります。

つまり「予算3000〜3500万だと、ちょっとキツイかも…」です。

いくつかの我慢ポイントが出るてくるので、本記事ではその解決策も用意しました。

また「予算3,000〜3,500万で最適な住宅メーカーを選ぶ方法」も記事の後半で解説済みです。

本記事の内容

  • 予算別にシミュレーション
  • 予算別の解決策を紹介
  • オススメできない理由
  • 予算に最適な住宅メーカー

この記事を読み終えると『一条工務店の注文住宅で予算3,000~3,500万で建てられる家をイメージできる』ようになります。

筆者の紹介

  • マイホーム:一条工務店(i-smart)
  • 住宅ローン:4,300万
  • 家の特徴 :2階建て
  • 家族構成 :3人暮らし
一条工務店に住む「あつぎり(@atsugili01)」が解説するよっ!僕のInstagramも参考にしてね!
あつぎり
\ 間取りはアイデアいっぱい /

ご希望に沿ったプランを設計士が作成します。
  • 間取り:豊富なアイデア
  • 見積書:建築費を明確に
  • 比較 :大幅な値引きも
  • 手続き:スマホ3分で家に届く
カタログでは得られない、
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

\ 完全無料でプラン作成 /

家づくり計画書を依頼

【一条工務店】土地込みで3,000~3,500万で建てられるのか

さっそく『一条工務店の家を土地込みで3,000~3,500万で建てられるのか?』を検証します。

本記事は、僕が一条工務店で家を建てた実体験「アイスマート・33坪」をベースに話を進めますね。

我が家の建築コストは、下記の通りです。

「アイスマート・33坪」の建築費

  • 建物本体 :2,400万
  • 太陽光  :230万
  • オプション:180万
  • 諸経費  :45万
  • 付帯工事 :110万
  • 外構工事 :165万
  • 土地   :950万
  • その他  :270万

家の特徴をお伝えすると、下記の通りです。

  • リビング:22畳(和室ナシ)
  • 間取り :3LDK+書斎
  • その他 :吹き抜け、ランドリールーム

こちらで土地込みの合計金額「4,350万」でした、、、

すると予算内に収めるには、下記の減額が必要になります。

  • 予算3,000万:ー1,350万
  • 予算3,500万:  ー850万

かなりの減額が必要のため、おそらく「何かを我慢する」ことになりそうですね。

検証①:一条工務店で「土地込み3,500万」で建てるには?

一条工務店で「土地込み3,500万以下で建てる方法」は、下記の通りです。

「※マーク」が変更点です。

検証:土地込み 3,500万

  • 建物本体 :2,190万(ー210万)
    ※30坪に小さく(ー3坪)
  • 太陽光  :0円(ー230万)
    ※太陽光ナシに
  • オプション:60万(ー120万)
    ※オプションを最低限に
  • 諸経費  :45万
  • 付帯工事 :110万
  • 外構工事 :115万(ー50万)
    ※外構工事を最低限に
  • 土地   :650万(ー300万)
    ※安い土地を買う
  • その他  :270万

こちらの合計金額『3,440万 (ー910万)』です。

ポイント・注意点は、下記の通りです。

  • 家の坪数は「30坪」が限界
  • 太陽光発電・オプション無し
  • 外構工事を安く、シンプルに
  • 土地を「650万」以下で探す

アイスマートで計算済みですが、ランクが1つ下のアイキューブを選ぶと建物の価格が「ー210万」ほど安くなります。これも選択肢の1つですね。

検証②:一条工務店で「土地込み3,000万」で建てるには?

続いて、一条工務店の注文住宅で「土地込み3,000万以下で建てる方法」は、下記の通りです。

検証②:土地込み 3,000万

  • 建物本体 :1,950万(ー450万)
    ※30坪に小さくする
    ※アイキューブを選ぶ
  • 太陽光  :0円(ー230万)
    ※太陽光ナシに
  • オプション:60万(ー120万)
    ※オプションを最低限に
  • 諸経費  :45万
  • 付帯工事 :110万
  • 外構工事 :115万(ー50万)
    ※外構工事を最低限に
  • 土地   :450万(ー500万)
    ※安い土地を買う
  • その他  :270万

こちらの合計金額『3,000万 (ー1,350万)』です。

こちらは「アイキューブに変更して、オプションを絞って、安い土地を探して、何とか…」の状態なので、土地込み3,000万はかなりキツイと言えそうですね。

ポイント・注意点は、下記の通りです。

  • アイキューブで満足度が下がる
  • 家の坪数は「30坪」が限界
  • 太陽光発電・オプション無し
  • 外構工事は安くシンプルに
  • 土地を「450万」以下で探す

ぶっちゃけ「一条工務店で建てられる最低ラインの注文住宅」といった感じで、満足度はかなり下がるかも…。

運や交渉力に左右される「④・⑤」がポイントになりそうですね。

一条工務店は標準仕様からグレードダウンする方法もあり、例えば「食洗機を削る=ー59,500円」といった方法も1つです。(一部の設備のみ)

一条工務店で予算3000~3500万(土地込み)は満足度が下がる

最後に「一条工務店の坪単価が高い理由」「住宅メーカーを選びのポイント」を解説します。

一条工務店の家は魅力的です。ですが実は「合う・合わない」がハッキリ分かれる住宅メーカーだということを解説します。

標準仕様の充実で坪単価が高い

一条工務店は「標準仕様がモデルハウス仕様」とアピールしており、標準仕様がかなり充実しています。

ですが「標準仕様=無料ではない」点に注意です。標準仕様の設備は全て坪単価に含まれているので、どれも有料と同じですよね。

代表的な標準仕様は、下記の通りです。

  • 全館床暖房:家全体を暖める
  • 外壁タイル:修繕頻度を減らす
  • ロスガード:空気清浄機の役割

導入価格は「推定 300万」です。

つまり充実した標準仕様が坪単価を押し上げていると言えますね。

こちらは「一条を選ぶと絶対に購入が必要な設備」なので、一条工務店が「合うか・合わないか」を判断するポイントです。

  • 標準仕様に納得
    → 一条を選ぶとお得になる
  • 標準仕様が不要
    → 一条を選ぶと割高で損する

なお、上記の設備は導入費・メンテナンス費が共に高額であることに注意して下さい。

一条工務店のメンテナンス費は、下記の記事が参考になります。

一条に合わない人は、他社の住宅メーカーを選ぶと満足する

一条工務店の「標準仕様」に魅力を感じない人は、他社の住宅メーカーを選ぶ方が絶対に満足します。

なぜなら他社だと300万円分の設備が自分の好きな設備・オプションを自由に選べて、自由な家づくりができるからです。

例えば、下記の通りです。

  • 家が安くなる・大きくできる
  • 「立地が良い・広い土地」を買える
  • 好きなオプションを導入できる
  • 家具・家電がランクアップできる

一条工務店は坪単価が高いです。それを予算3,000~3,500万で建てようとすると、坪数がかなり小さくなります。すると間取りの制限も多くなり、暮らしにくい家になる可能性がグッと高くなるんですよね。

間取り設計は、下記の記事を参考にして下さい。

【まとめ】住宅メーカー選びは「合うか・合わないか」

最後に記事をまとめます。

住宅メーカー選びは「住む人に合うか・合わないか」なので、正解はありません。

一条工務店は魅力的な住宅メーカーですが、合わない人が実は多い点には注意ですね。

むしろ標準仕様が特徴的なので「合う・合わない」がハッキリと分かれるはず…。

もし「一条工務店の設備は魅力的だけど、別に無くてもいいかな…」と感じる人は、他社を選ぶ方が満足度が高くなるはずです。

好みが合わない住宅メーカーを選ぶと「割高な家」を買うことになるので、注意して下さいねm(_ _)m

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-一条工務店
-