一条工務店

【一条工務店】天井高を作るオプション3選+間取り設計の5つのコツ

悩むオヤジ
一条工務店で天井が高くて、開放感のあるリビングを作りたい…。一条工務店で建てられるお家の「天井の高さ」や「天井高のオプション」を知りたいな。

本記事では、一条工務店の天井高を紹介します。

先に結論を言うと、一条工務店は天井高がかなり苦手な住宅メーカーで、間取り設計の規制がかなり厳しいです。

なぜなら、高い耐震性を担保するために、間取り設計で「できる・できない」のルールが厳しく決められているからです。(これを ”一条ルール” と言います)

一条工務店の人気シリーズの天井高は、下記の通りです。

一条工務店の天井高(標準仕様)

  • アイスマート :240cm
  • グランセゾン :265cm
  • グランスマート:240cm
  • アイキューブ :240cm
  • アイスマイル :240cm

この通り、間取り設計の自由度が高い「在来軸組み工法」で建てるグランセゾンでも、天井高は265cmと他社の住宅メーカーより低めです。

例えば、三井ホームやミサワホームは「天井高300cm」が標準仕様であることを考えると、一条工務店の天井高は少し物足りないと感じる人も多いはずです。

そこで一条工務店では、下記の ”天井高のオプション” を採用することで、開放感のあるお家が建てられます。

天井を高くする3つのオプション

  • 天井高+20cm / 2万円 × 坪数
  • 吹き抜け    / 坪単価2分の1 × 坪数
  • 勾配天井    / 施工面積毎に計算

こちらの注意点は、天井を高くすることで間取り設計の規制が増えることです。

我が家のケースだと、ダイニングに開放感のある8畳の吹き抜けを作れた一方で、リビングには「タレ壁+耐力壁」が必要になり、同時に圧迫感がある空間になりました、、、

一条工務店のi-smart(アイスマート)|ダイニングの吹き抜け(8帖)

一条工務店のi-smart(アイスマート)|ダイニングの吹き抜け(8帖)

吹き抜けのタレ壁・耐力壁

一条工務店のi-smart(アイスマート)|吹き抜けのタレ壁・耐力壁

一条工務店は「お家の性能」が魅力の住宅メーカーです。

その一方で、間取り設計の自由度が低く、「天井の高さ」や「間口の広さ」などの開放感を重視する人には不向きな住宅メーカーとも言えます。

住宅メーカー選びは、住む人に「合うか・合わないか」なので、一条工務店の特徴を知った上で判断しましょう。

詳しくは、本記事で解説します。

本記事の内容

  • 一条工務店の全10シリーズの天井高
  • 天井高を作るオプション3選
  • 天井高を感じる間取り設計の5つのコツ

当ブログの管理人

一条工務店のグランスマートで暮らす、あつぎり(@atsugili01)が解説しますっ!
あつぎり

一条工務店の天井高|全10シリーズの標準仕様を解説します

一条工務店の天井高|全10シリーズの標準仕様を解説します

まず最初に『一条工務店の全10シリーズの天井高』を解説します。

先に結論を言うと、天井高を重視する人は「GRAND SAISON(グランセゾン)」などの在来軸組み工法で建てるシリーズがオススメです。

なぜなら在来軸組み工法は、間取り設計の自由度が高く、標準仕様で天井高265cmのお家を建てられるからです。

一条工務店の全10シリーズの天井高(標準仕様)を書き出すと、下記の通りです。

シリーズ天井の高さ工法
アイスマート240cm2×6
グランスマート240cm2×6
アイキューブ240cm2×6
アイスマイル240cm2×6
アイパレット240cm2×6
グランセゾン265cm在来軸組み
セゾン265cm在来軸組み
セゾンAタイプ265cm在来軸組み
ブリアール265cm在来軸組み
円熟の家「百年」265cm在来軸組み

こちらの通りで、天井の高さは「2×6工法=240cm」、「在来軸組み工法=265cm」と、お家を建てる工法で違います。

下記でお家のデザインや特徴をサクッと確認しましょう。

アイスマート:天井高240cm

一条工務店|アイスマート:天井高240cm

一条工務店のi-smart(アイスマート)|https://www.ichijo.co.jp/

最初は、一条工務店で人気No.1の「i-smart(アイスマート)」で、こちらは「天井高 240㎝」のお家です。

一条工務店の人気を作る起爆剤となった商品で、2011年に発売されて以降、今もなお大人気のお家です。

2×6のパネル工法で建てるため、天井高は240cmと低めです。

なぜならパネル工法は、建物を ”壁” で支えることで「断熱性・気密性・耐震性」に優れている一方で、間取り設計の自由度は低くなるからです。

例えば、他社の注文住宅や建売、マンションなどと比較しても、天井高240㎝は高くも低くもない平均的な高さと言えます。

アイスマートは ”間取り設計の自由度” よりも ”お家の性能の高さ” を重視したお家なので、天井が高くて開放的なお部屋を作るのは苦手です。

アイスマートの特徴

  • 工法 :2×6工法
  • 発売 :2011年
  • 坪単価:約75万円〜
  • 天井高:240cm

グランセゾン:天井高265cm

一条工務店|グランセゾン:天井高265cm

一条工務店のGRAND SAISON(グランセゾン)|https://www.ichijo.co.jp/

人気No.2の「GRAND SAISON(グランセゾン)」は、デザイン性を重視したお家で、天井高は265cmです。

先に紹介したアイスマートより天井高が「+25㎝」高いものの、他社の住宅メーカーでは平均的な高さと言えます。

なぜなら、グランセゾンで天井を高くできる理由は「在来軸組み工法」によるもので、こちらは他社の住宅メーカーで一般的な工法だからです。

お家を建てる「工法」の違い

  • グランセゾン:在来工法
    →間取り設計の ”自由度” が高い
  • アイスマート:2×6工法
    →断熱・気密・耐震などの ”性能” が高い

グランセゾンは、下記の「ハイドア」や「スリッドルーバー」などを組み合わせると、お部屋の開放感をより演出できます。

一条工務店|グランセゾンのハイドア・スリッドルーバー

一条工務店|グランセゾンのハイドア・スリッドルーバー

つまり一条工務店で「天井が高くて開放感のあるお家を建てたい」人は、グランセゾンを選ぶようにしましょう。

グランセゾンの特徴

  • 工法 :在来軸組み工法
  • 発売 :2019年
  • 坪単価:約78万円〜
  • 天井高:1階265cm、2階250cm

グランスマート:天井高240cm

一条工務店|グランスマート:天井高240cm

一条工務店のGRAND SMART(グランスマート)|https://www.ichijo.co.jp/

一条工務店の2022年発売の新商品であるグランスマートは、天井高240㎝です。

こちらは、一条工務店の最上位グレードであるものの、2×6のパネル工法でお家を建てるため、天井高は240㎝とアイスマートと同じです。

ざっくり言うとグランスマートは、アイスマートとグランセゾンの良いところを組み合わせたお家で、下記の通りです。

グランスマートの特徴

  • デザイン性:グランセゾンと同じ
  • 断熱・気密:アイスマートと同じ
  • 耐震性  :アイスマートと同じ

ちなみに「アイスマートを選んで、グランセゾンの設備を有料オプションで導入する」方が建築コストが安いケースもあるので、気になる人は一条工務店に 見積り を依頼してみましょう。

住宅メーカーの建築コストが知りたい人は、 タウンライフ家づくり を使うと「間取りプランの設計+見積書の発行+カタログ・建築模型」などの有益な情報が簡単に手に入ります。

タウンライフ家づくりで届いた「間取り・見積書・建築模型」

こちらは、資料の取り寄せが ”スマホ入力3分” と簡単で、全てのサービスが ”完全無料” で使えます。

お家づくりは調べ事が盛りだくさんで、時間がいくらあっても足りないので、 タウンライフ家づくり のような便利ツールを積極的に活用しましょう。

>>> 2023年:最新の坪単価を確認する【完全無料】

グランスマートの特徴

  • 工法 :2×6工法
  • 発売 :2022年
  • 坪単価:約80万円〜
  • 天井高:240cm

アイキューブ:天井高240cm

一条工務店|アイキューブ:天井高240cm

一条工務店のi-cube(アイキューブ)|https://www.ichijo.co.jp/

アイキューブは2×6のパネル工法で建てられる、天井高240cmのお家です。

アイスマートやグランスマートと「設備の性能」や「デザインの高級感」では劣るものの、お家の断熱性・気密性・耐震性などの性能面は上位グレードと同スペックです。

グランスマートアイスマートアイキューブ
Q値(断熱性能)0.510.510.51
C値(機密性能)0.590.590.59
Ua値(断熱性能)0.250.250.25
耐震性能耐震等級3耐震等級3耐震等級3
工法2×62×62×6

例えば、キッチンや洗面台、お風呂などの性能や高級感に差があり、各シリーズの設備の違いは、下記の通りです。

一条工務店|グランセゾン・アイスマート・アイキューブの洗面化粧台

グランセゾン・アイスマート・アイキューブの洗面化粧台

一条工務店|グランセゾン・アイスマート・アイキューブのキッチン

グランセゾン・アイスマート・アイキューブのキッチン

つまりアイキューブは「お家の性能は重視するけど、設備は平均的な品質で満足する人」にオススメのお家と言えます。

アイキューブの特徴

  • 工法 :2×6工法
  • 発売 :2008年
  • 坪単価:約70万円〜
  • 天井高:240cm

アイスマイル:天井高240cm

一条工務店|アイスマイル:天井高240cm

一条工務店のi-smile(アイスマイル)|https://www.ichijo.co.jp/

アイスマイルは、4,000種類以上の規格プランから選ぶ規格住宅で、天井高は240㎝です。

坪単価が「60万円前後」と、先に紹介したどのシリーズより建築コストが安いです。

なぜなら、アイスマイルは「間取り・外観・設備」などを既に設計されたプランから選ぶため、注文住宅よりも生産コストを大幅に引き下げできているからです。

基本的な天井高は240cmであるものの、中には吹き抜けや勾配天井が組み込まれた間取りプランもあります。

お家の広さも「20坪前半〜40坪以上」と幅広い選択肢から選べるため、お好みのプランが見つかれば、最もコスパが高いお家とも言えます。

アイスマイルの特徴

  • 工法 :2×6工法
  • 発売 :2014年
  • 坪単価:約60万円〜
  • 天井高:240cm

アイパレット:天井高240cm

一条工務店|アイパレット:天井高240cm

一条工務店のi-pallet(アイパレット)|https://www.ichijo.co.jp/

アイパレットは、一条工務店で唯一の「建売分譲住宅」で、天井高は240㎝です。

間取りのこだわりが少ない人なら、アイパレットで「吹き抜けのある間取り」を選ぶと、割安なお値段で高性能なお家を購入できます。

なぜなら、アイパレットは建売住宅であるものの、全てのお家に「全面タイル外壁・屋根一体型の太陽光パネル・全館床暖房」などの高級設備が搭載されているからです。

これらは上位グレードのアイスマートやアイキューブの標準仕様と同じなので、アイパレットは建売とは思えないほど高スペックなお家と言えます。

間取りは「3LDK or 4LDK」から選べ、吹き抜けがある間取りも多いので、チェックしてみましょう。

アイパレットの特徴

  • 工法 :2×6工法
  • 天井高:240cm
一条工務店の他のシリーズは、下記をクリックすると開きますっ!
あつぎり

一条工務店で天井高を作る3つのオプション

一条工務店で天井高を作る3つのオプション

続いて、一条工務店で『天井高を作る3つのオプション』を紹介します。

一条工務店の標準仕様だと「天井高265cm(グランセゾン)」が限界である一方で、下記のオプションを併用すると、開放的な空間が作れます。

天井高を作るオプション

  1. 吹き抜け    / 坪単価2分の1
  2. 勾配天井    / 施工面積による
  3. 天井高+20㎝ / 坪2万円

1つ補足すると、人が「開放感」を感じる空間を作るには、単に天井を高くするよりも「天井の高低差」のある間取りを作りましょう。

例えば、下記の2つのパターンだと「②」の方が開放感を感じる空間になります。

  • 天井高が全面300cmの間取り
  • 天井高がキッチン220cm、リビング300cmで、各部屋が隣接した間取り

つまり「天井高220cmのキッチン→天井高300cmのリビング」に移動する時に「天井の高低差」が生まれることで、お部屋の開放感が生まれます。

こちらの間取り設計のコツを意識しつつ、一条工務店で天井高を作る3つのオプションを確認しましょう。

天井高を作るオプション①吹き抜け/坪単価2分の1

一条工務店のi-smart(アイスマート)|8帖の吹き抜け

一条工務店で天井高を作る1つ目のオプション『吹き抜け』です。

吹き抜けは、1階と2階を1つの空間にすることで、天井高500㎝という圧倒的な開放感ある空間が作れます。

先ほど解説した通りで、人は「天井が”低い”空間 → 天井が”高い”空間」に移動する時に開放感を感じ易いため、間取り設計のポイントは「天井の高低差」です。

参考までに我が家は、下記のような間取りを作ることで、開放感あるお部屋が完成しました。

一条工務店の吹き抜け

一条工務店のi-smart(アイスマート)|吹き抜けの間取り

「①リビング/天井高240㎝」と「②ダイニング/天井高500㎝(=吹き抜け)」、「③キッチン/天井高240㎝」を隣接させたことで生まれる高低差260㎝により、開放感バッチリの間取りです。

なお、グランセゾンなどの在来軸組み工法だと「最大550㎝の吹き抜け」を作ることができ、下記の通りです。

一条工務店の吹き抜けの天井高

  • アイスマート:天井高 500㎝
    1階/240㎝ + 2階/240㎝ + 2階床の厚み/20㎝
  • グランセゾン:天井高 550㎝
    1階/265㎝ + 2階/265㎝ + 2階床の厚み/20㎝

下記の「ファイン手摺り(166,000円)+オープンステア(20,000円)」のオプションを併用することで、吹き抜けに奥行き感が生まれ、更なる開放感に繋がります。

一条工務店の吹き抜け・ファイン手摺り

一条工務店のi-smart(アイスマート)|ファイン手摺とオープンステア

一条工務店の吹き抜けは、2階部分に「坪単価2分の1(約35~40万円)」のオプション費が必要で、建築コストが高額です。

吹き抜けの導入コスト

  • 坪35万円 × 4坪 = 140万円
    ※坪単価70万円のi-smartで8帖(=4坪)の吹き抜けのケース

オプション費で「吹き抜け/140万円 + ファイン手摺/16万円」が加わると、一条工務店よりも1ランク上の住宅メーカーの建築コストと同じくらいです。

つまり、一条工務店で天井高のオプションを付けるよりも、天井高300㎝が標準仕様の住宅メーカーでお家を建てる方が建築コストが安くなるケースも考えられます。

そのため気になる住宅メーカーは、住宅展示場で見積りを依頼するか、 タウンライフ家づくり で間取り・見積書を取り寄せて、おおよその建築コストを把握した上で契約に進むようにしましょう。

>>> 住宅メーカーから専用プランを取り寄せ【無料です】

天井高を作るオプション②勾配天井/施工面積による

一条工務店の勾配天井

一条工務店の勾配天井

一条工務店で天井高を作る2つ目のオプション『勾配天井』です。

勾配天井のオプション費は、勾配天井の角度・施工面積で異なり、1坪あたり「6〜8万円」になるケースが多いです。

勾配天井のオプション費

  • 4坪(約8帖) /24〜32万円
  • 5坪(約10帖)/30〜40万円
  • 6坪(約12帖)/36〜48万円

勾配天井の注意点は、下記の2つです。

勾配天井の注意点

  • 間取りの自由度が大幅に下がる
  • 充分な天井高を作れないケースも…

②を補足すると、勾配天井は屋根に傾斜を付けて天井を高くするため、「お家の広さ」や「勾配天井を作る位置」によっては、天井の高さを十分に確保できないケースがあります。

なぜなら、一条工務店は「気密性・断熱性・耐震性」などの”お家の性能”を維持するために、間取り設計の自由度が大幅に損なわれているからです。

例えば、吹き抜けや勾配天井など天井を高くする間取りは、高い耐震性をキープするために「タレ壁」や「耐力壁」が必要になり、逆に圧迫感が出るケースもあります。

一条工務店の耐力壁・タレ壁

一条工務店のi-smart(アイスマート)|耐力壁・タレ壁

こちらは実際に間取り設計を依頼してと詳細が分からないため、詳しくは こちら から確認して下さい。

天井高を作るオプション③天井高+20cm/坪2万円

https://www.ichijo.co.jp/

一条工務店で天井高を作る3つ目のオプション『天井高+20cm』です。

こちらは、2×6工法で建てる1階全面の天井を「240㎝→260㎝」に+20cm高くするオプション(2階部分は除く)で、オプション費は「坪2万円 × お家の坪数」です。

天井高+20㎝のオプション費

  • 25坪:50万円
  • 30坪:60万円
  • 35坪:70万円
  • 40坪:80万円

天井高+20㎝のオプションは、導入コストが高額であることに加えて、間取り設計の制限が大幅に増えるため、我が家では ”不採用” にしました。

具体的には「タレ壁や耐力壁が増える」や「大きな窓を導入できない」、「そもそも天井高を+20㎝で施工できないお部屋もある」といった内容です。

他社の住宅メーカーだと「天井高270㎝」や「天井高300㎝」のお家が標準仕様で建てられることを考えると、 ”お家の開放感” を重視する人は一条工務店以外の住宅メーカーを選択肢に加えても良いかもしれません。

住宅メーカー天井高坪単価
一条工務店265㎝78万円~
住友不動産270㎝70万円~
タマホーム270㎝60万円~
桧家住宅300㎝60万円~
三井ホーム300㎝90万円~

例えば、坪単価が一条工務店より高い住宅メーカーでも「天井高300㎝が標準仕様で、天井高のオプション費が不要になり、トータルの建築コストが逆に安くなる」というケースも考えられます。

「自分たちの条件」と「住宅メーカーのコンセプト」がピッタリ合うと、建築コストが大幅に安くなるので、 タウンライフ家づくり でプラン設計を依頼してみましょう。きっと新しい発見があるはずです。

タウンライフ家づくり とは、お家づくりを検討する多くの人が利用するサイトで、下記のような資料を取り寄せできます。

タウンライフ家づくりで届いた「間取り・見積書・建築模型」

住宅メーカーの「カタログ」はもちろん、中でも自分たちの要望を元に設計された間取りプラン、こちらを元に作った見積書・建築模型は、お家づくりで欠かせない情報源です。

これらの有益情報を気になる住宅メーカーから一括で取り寄せでき、全てのサービスが完全無料で使えます。

至れり尽くせりのサービスなので、1度は使っておかないと損ですよ。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツ

天井高を感じる間取り設計の5つのコツ

最後に『天井高を感じる間取り設計の5つのコツ』を解説します。

天井高を演出する間取りプラン

  1. 天井高の高低差を作る
  2. 空や庭へ繋がる空間を作る
  3. 背丈の低い家具を選ぶ
  4. 縦長の窓・設備を選ぶ
  5. 奥行きを感じる設備を選ぶ

先に解説した ”天井高のオプション” と併用すると効果的なので、ぜひお試しください。

こちらは、我が家でも活用したテクニックなので、画像付きで解説しますね。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツその①:天井高の高低差を作る

一条工務店のi-smart(アイスマート)|吹き抜け

一条工務店のi-smart(アイスマート)|吹き抜け

天井高を感じる間取りを作る1つ目のコツは『高低差のある天井を作る』です。

この理由は、本記事で何度も解説した通りで、天井が高いだけの空間よりも人は「天井の高低差」が大きいほど開放的に感じるからです。

具体的には、下記のような間取りです。

一条工務店のi-smart(アイスマート)|開放感を出す間取りの高低差

一条工務店のi-smart(アイスマート)|開放感を出す間取りの高低差
高低差で開放感を出す間取り設計

  • リビング :天井高240㎝
  • ダイニング:天井高500㎝
  • キッチン :天井高240㎝

我が家の場合、「①リビング」と「③キッチン」から「②ダイニング」に繋がる間取りを作り、天井高に約260㎝の高低差を作ることで開放感を演出しました。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツその②:空や庭へ繋がる空間を作る

一条工務店のi-smart(アイスマート)|空と繋がる吹き抜け

一条工務店のi-smart(アイスマート)|空と繋がる吹き抜け

天井高を感じる間取りを作る2つ目のコツは『庭や空へ繋がる空間を作る』です。

なぜなら、お家の中だけで作れる開放感には限界があり、部屋と外を繋げることで無限の開放感を生み出せるからです。

我が家の場合、吹き抜けとダイニングに大きな窓を設置して「部屋→空」への繋がりを意識した間取りを設計しました。

参考までに、我が家の吹き抜けで採用している窓は、下記の通りです。

一条工務店のi-smart(アイスマート)|JF5961・JF2461

一条工務店の吹き抜けの窓|JF5961・JF2461
  • JF5961/50,000円
  • JF2461 ×3枚/標準仕様

特に天気が良い日は、大きな窓から青空が見えて爽快な気分になれることに加え、日中はお部屋が照明が必要ない明るさなので大満足です。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツその③:背丈の低い家具を選ぶ

天井高を感じる間取りを作る3つ目のコツは『背丈の低い家具を選ぶ』です。

その理由は、低いソファやテーブルを選んで天井を見上げるように暮らすことで、天井の高さを感じ易くなるからです。

例えば、ダイニングテーブルなども「ロータイプ」を選ぶようにしましょう。

お家の間取りやオプションにお金をかけるよりも、家具選びを工夫する方が低コストで開放感に繋げられるのでオススメです。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツその④:縦長の窓・設備を選ぶ

一条工務店の窓|JK2061・JF2061

一条工務店の窓|JK2061・JF2061

天井高を感じる間取りを作る4つ目のコツは『縦長の窓・設備を選ぶ』です。

なぜなら、床から天井に伸びる縦長デザインの設備を設置すると、天井を高く見せる視覚効果があるからです。

一条工務店のグランセゾンだと、下記の「ハイドア」「スリッドルーバー」を採用すると、開放感に繋がり易いです。

一条工務店のGRAND SAISON(グランセゾン)|ハイドアとスリッドルーバー

一条工務店のGRAND SAISON(グランセゾン)|ハイドアとスリッドルーバー

こちらは、お洒落な雰囲気が作れるだけじゃなく、お部屋のアクセントにもなるので、グランセゾンでお家を建てる人は、採用しておきたい設備です。

天井高を感じる間取り設計の5つのコツその⑤:奥行きを感じる設備を選ぶ

一条工務店のオプション|ファイン手摺・オープンステア

一条工務店のオプション|ファイン手摺・オープンステア

天井高を感じる間取りを作る5つ目のコツは『奥行きを感じる設備を選ぶ』です。

なぜなら、視線を遮る設備をお部屋から取り除き、廊下や階段を視覚的に1つの空間に取り込むことで開放感が出るからです。

我が家の場合、下記の「ファイン手摺」「オープンステア」を併用することで、吹き抜けを更に開放的な空間へ仕上げました。

一条工務店のオプション|ファイン手摺・オープンステア

一条工務店のオプション|ファイン手摺・オープンステア
  • ファイン手摺 /166,000円
  • オープンステア/20,000円

ファイン手摺は、高額なオプションであるものの、お家を1坪広くする(約70~80万円)よりもお値段が安いので、開放的な空間作りにおいてはコスパが良いオプションだと言えます。

【結論】一条工務店で開放感あるお家を作るのは難しい

本記事の結論は『一条工務店で開放感あるお家を作るのは難しい』です。

なぜなら、一条工務店の標準仕様の天井高は「240㎝ or 265㎝」と一般的な住宅メーカーより低いことに加え、間取り設計の規制(=一条ルール)が異常に厳しいからです。

例えば「吹き抜け」や「勾配天井」のオプションを採用することで、一条工務店でも開放的なお部屋が作れる一方で、下記のような「タレ壁・耐力壁」が必要になるケースが多いので注意して下さい。

一条工務店のi-smart(アイスマート)|タレ壁・耐力壁

一条工務店のi-smart(アイスマート)|タレ壁・耐力壁

このように住宅メーカー毎に、独自の設計ルールを決めているケースが多々あるので、契約前に必ず確認しておきましょう。

住宅展示場で間取りの相談をするか、 タウンライフ家づくり で間取りプラン・見積り書を取り寄せて、届いたオリジナルプランの内容から判断するようにしましょう。

タウンライフ家づくりで届いた「間取り・見積書・建築模型」

こちらは自分が希望するお家の条件を元に間取りプランを設計し、図面や見積書、建築模型を作ってくれるサービスです。

例えば「リビングは20帖以上で、300㎝の天井高が欲しい」といった希望を伝えると、その条件を元に住宅メーカーの設計士が専用プランを提案してくれます。

手続きは「スマホ入力 3分」と簡単で、全てのサービスが無料で使えるので、1度は使っておきましょう。

例えば「一条工務店より坪単価が高い住宅メーカーでも、天井高のオプションが不要になり、結果的に建築コストが安くなる」といったケースもありますよっ!
あつぎり
  • この記事を書いた人

あつぎり

一条工務店のグランスマート(2階建て・33坪)|住宅ローン 4,350万円の返済に励む、平凡な30歳サラーリマンの記録ブログ

-一条工務店