i-smart

一条工務店はシャッターが全て有料【要らない5つの理由】

一条工務店ってシャッターが有料らしいけど、要らないのかな?有料とは言え、シャッター無しは何かと心配だな・・・。

一条工務店はシャッターが全て有料オプションです。

「えっ、一条工務店の家は標準仕様が充実なのに有料なのっ?」と思うかもですが、

『一条工務店は窓ガラスが超強力だから、シャッターが必要ない家』が結論です。

マイホームを一条工務店で建てた僕が解説しますね。

一条工務店はシャッターが全て有料【要らない5つの理由】

『一条工務店はシャッター(雨戸)が全て有料オプションです。』

と聞くと、

  • 「シャッターって標準仕様が当たり前じゃないの?」
  • 「シャッターに金を取るとか、一条工務店はケチだ」

と思うかもですが、

下記の3つの理由を知ると「一条工務店でシャッターがいらない」に納得するはずです。

  1. 窓は超強力3枚ガラスで割れない
  2. 防犯ブザー付き窓で安心の防犯性◎
  3. シャッターは逆にキケンなケースも
  4. 窓が割れたら保険で直せばOK
  5. メンテナンスが手間

ザックリ言うと、
「窓ガラスが強い=シャッターいらず」が理由です。

逆に言うと「シャッターが必要な家=窓ガラスが弱い家」なんですよね。

順番に解説します。

理由①:窓は超強力3枚ガラスで割れない

一条工務店の窓は『超強力な3枚ガラスで割れる心配が無いため、シャッターが不要』です。

窓の特徴は、下記の通り。

  • 強力な3枚ガラス
  • 防犯合わせガラス
  • 「風速70m/秒」に耐える

一般的に強いと言われる台風が「風速40〜50m/秒」ですが、一条工務店の窓ガラスの強度は「風速70m/秒」なので、強度的には全く問題無しです。

そもそも「台風で窓ガラスが割れないかな…?」と心配するレベルではなく、

『泥棒にハンマーで窓ガラスを叩き割られない』水準で作られているイメージに近いです。

逆に「賃貸アパート・建売の戸建て」が全部屋シャッター付きなのは、窓の強度が弱いからが理由です。

  • 一条の家 :強度が強い窓
  • 賃貸・建売:一般的な強度の窓
あつぎり
あつぎり
窓の強度が「強い or 弱い」のシンプルな理由なんだねっ!

「シャッター有り=当たり前」が間違い

「戸建て=シャッター有りが普通」と思いがちですが、視野を広げるとシャッター無しの窓ガラスは多いですよね。

  • マンションの窓ガラス
  • ビルの窓ガラス
  • 車の窓ガラス

どの窓ガラスもシャッター無しですよね。

つまり「シャッターが無い=台風で窓ガラスがバキバキになるか?」と言うと、その心配は不要です。

とは言え、

台風の安全度は「シャッター無し<シャッター有り」には間違いないです。

一条工務店では『有料オプション』でシャッターが導入できるので、次で解説しますね。

シャッターのオプション費

料金は僕が聞いた限りだと、
「一条工務店のシャッターのオプション費」は下記の通り。

手動自動
J8615T(3枚窓)61,000円116,800円
J8371(2枚窓)86,500円122,800円
J8671(3枚窓)72,500円127,800円
J4430(2枚窓)51,300円107,200円

ちなみに開き窓は、シャッターの取り付けは出来ません。

一般的な32〜35坪の家の全ての窓にシャッターを取り付けると、オプション費は下記の通り。

  • 手動:50〜80万
  • 自動:100〜160万

大きい窓は自動シャッターを選んだと考えると、ザックリで「全窓=100万」が目安です。

理由②:防犯ブザー付き窓で安心の防犯性◎

一条工務店は『防犯ブザー付き窓なので安心の防犯性◎』です。

全窓に標準装備なので、
もし「泥棒が窓から侵入を試みても、窓を開けると防犯ブザーが鳴る」仕組みなので防犯性はバッチリです。

泥棒の侵入経路で最も多いのは「窓」です。

窓を見て「防犯対策済みの家」と分かると「部屋の中も防犯対策がされた家なのでは?」と連想して侵入リスクがグッと下がります。

  • 超強力な3枚ガラス
    →泥棒に家の中に入らせない
  • 防犯ブザー付き窓
    →泥棒に狙われるリスクを下げる

理由③:「窓=シャッター」は逆にキケンなケースも

3つ目の理由は『シャッターを閉めておけば、安全』は間違いです。

『家を長期的に留守にする時にシャッターを閉める』

これ↑正しいように見えて、実は「メリット・デメリット」の両方があります。

  • シャッターのメリット
    →窓ガラスの防犯性がアップ
  • シャッターのデメリット
    →長期不在が丸分かりで、泥棒に狙われやすくなる

「シャッター=安心」かもですが、
「シャッターが閉まった家=しばらく家に戻りません」と言っているのと同じですよね。

つまり考え方によっては、逆にキケンですよね。

理由④:窓が割れたら保険で直せばOK

もしも『窓ガラスが割れたら、保険で直せばOK』です。

年1〜2回ほどの窓ガラスが割れる級の台風に備えて「オプション費 100万」はコスパがかなり悪いです。

僕なら下記を選びます。

  1. 全ての窓をシャッター無し
  2. 免責ゼロの火災保険に加入する
  3. 窓ガラスが割れたら火災保険で修理

「火災保険が高くなるのでは?」と思うかもですが、1年単位で見れば誤差なので心配ご無用

シャッターのオプション費と比べると激安なので、僕は火災保険を選びました。

理由⑤:メンテナンスが手間

最後に『シャッターはメンテナンスが手間』です。

  • 蜘蛛の巣
  • 虫の死骸
  • 砂汚れ
  • シャッターの故障

メンテナンスの手間・コストは、シャッターが要らない理由の1つですよね。

特に電動シャッターが壊れると、修繕費・交換費が高いので要注意です。

スポンサーリンク

【結論】一条工務店はシャッターいらない

記事をまとめると『一条工務店の家はシャッターがいらない』が結論です。

  • 窓は超強力3枚ガラスで割れない
    →シャッターを取り付ける必要が無い
  • 防犯ブザー付き窓で安心の防犯性◎
    →「防犯設備アリの家=狙われにくい」
  • 「窓=シャッター」は逆にキケン
    →泥棒に狙われるリスクがアップ

ちなみに我が家はシャッターを1か所も取り付けていません。

つまり「一条工務店の窓ガラスは割れない、もし割れたら火災保険で修理すればOK」が僕の結論です。

なんせシャッターのオプション費で「手動 50〜80万・自動 100〜160万」は高過ぎですよね。

「一条工務店でシャッターがいらない理由は分かったけど、それでもシャッターを付けたいって!」って人は、タウンライフ家づくりをどーぞ。

こちらは希望する条件(家の特徴・予算など)に合わせて、プロの設計士から「間取り設計・見積書」が貰えます。

「展示場と同じ情報量が手に入る!」と今、大人気のサービスです。

あつぎり
あつぎり
展示場に自分の足で出向いて調べるのは、手間で効率が悪いよねっ!

希望する条件は、何でもOKで例えば下記の通り。

  • 吹き抜けがある開放的なリビングが欲しい
  • 趣味の部屋・書斎が欲しい
  • 窓は全てシャッター有り

複数社に「間取り設計・見積書」を一括で依頼できるので、家づくりをスムーズに進められます。

同じ条件で依頼すると、
各社の「家の特徴・設計士の提案力・建築コスト」などの新発見が多く見つかり、他社同士の違いが明確に分かります。

最初に情報収集をしっかりすると、家づくりがラクになります。

「35年かけて払う2,000万の家だからこそ、失敗・後悔はしたくない。でも色んな展示場に行って比較するのは大変…」

と言うときに使うのがタウンライフ家づくりです。

  1. 間取り・見積書を依頼
  2. 各社の特徴・予算で比較
  3. 厳選した住宅メーカーに訪問
  4. 間取りプランの決定
  5. 見積書で「値引き交渉→契約」

計5ステップのうち「①・②・④・⑤」は、タウンライフ家づくりのサービスがピッタリですよっ。

僕は下記の使い方がオススメです。

  • 間取りプラン
    →「水回り=A社、リビング=P社、洋室=S社」と間取りアイデアを組み合わる
  • 見積書
    →同条件のプラン比較で値引き交渉
  • 契約する住宅メーカー
    →プラン・価格でお気に入りの住宅メーカーに依頼

全てのサービスが『完全無料』なので、試しに1回だけでも使ってみるのがオススメです。

勿論、僕も使いました(/・ω・)/

ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。