一条工務店

一条工務店の価格は高すぎる【充実の標準仕様が原因です】

悩むオヤジ
一条工務店をマイホームの候補に検討しているのだけど、価格が高すぎる…。

他の工務店よりも価格が高い理由は何かあるの?

本記事は、こんな疑問に答えます。

先に結論を言うと、一条工務店の家が高い理由は下記の3つです。

  • 坪単価の値上げが止まらない
  • 標準仕様が充実し過ぎている
  • 必須設備を坪単価に含んでいない

結果、坪単価が高すぎる工務店へと進化してしまったのです。

「モデルハウス仕様が標準仕様」

何だか良さそうに聞こえる響きですが、一条工務店の価格が高い理由はこれに尽きます。

つまり「坪単価が高い理由=標準仕様が充実し過ぎ」です。

標準仕様には「全館床暖房・タイル外壁・ロスガード」等の高級設備が多く含まれているため、この標準仕様の充実っぷりが坪単価の高さに繋がっています。

ここでの質問が「上記の標準仕様は本当に必要ですか?」です。

  • 必要な人 → 一条を選ぶとお得
  • 不要な人 → 一条を選ぶと損する

住宅メーカーの良し悪しは自分達に「合うか・合わないか」なので、条件がピッタリな住宅メーカーを選びましょう。

例えば「床暖房が必要ないのに一条工務店を選ぶ人」は、割高な建築コストを支払うことになって損しますよ。

本記事では、下記の4つを分かり易く解説します。

本記事の内容

  • 一条工務店の価格が高い理由
  • 標準仕様が充実のウラと注意点
  • 実質の坪単価は100万越え
  • 住宅メーカーを選ぶ基準

本記事を読み終えると「一条工務店の価格は高すぎる」と思っている人も、見方・考え方が変わるはずです。

記事の後半では「住宅メーカーを選ぶ基準」の注意点も解説済みなので、ぜひ参考にして下さいm(_ _)m

筆者の紹介

  • マイホーム:一条工務店(i-smart)
  • 住宅ローン:4,300万
  • 家の特徴 :2階建て
  • 家族構成 :3人暮らし
一条工務店に住む「あつぎり(@atsugili01)」が解説するよっ!僕のInstagramも参考にしてね!
あつぎり
\ 間取りはアイデアいっぱい /

家づくりのご希望に沿って、
設計士がお作りします。
  • 間取り:豊富なアイデア
  • 見積書:建築費を明確に
  • 比較 :大幅な値引きも
  • 手続き:スマホ3分で家に届く
カタログでは得られない、
あなた専用のオリジナルプランです。
プロの提案力をお試しください。

≫ 家づくり計画書:完全無料

スポンサーリンク

一条工務店の価格は高すぎる【充実の標準仕様が原因です】

本記事は、下記の順番で解説を進めます。

上記の「③・④」は、特に一条工務店を判断するポイントなので、読んで判断して下さい。

それではサクサクっといきましょう(/・ω・)/

スポンサーリンク

【高すぎる価格】坪単価は10年で15万も値上がり

一条工務店の坪単価は、10年で15万も値上がりしています。

人気のアイスマートの坪単価を例にすると、下記の通りです。

  • 2011年:55万
  • 2015年:60万
  • 2018年:65万
  • 2020年:68万
  • 2021年:70万

これを見て「値上げし過ぎだろ…」と感じる人は多いはず。

現在の坪単価は、下記の通りです。

  • アイキューブ:65万
  • アイスマート:70万
  • グランセゾン:75万

この15年で一条工務店のイメージは、大きく変わりました、、、

昔は「安くてお得な工務店」でしたが、今となっては「ハウスメーカーと同じくらい高級仕様の工務店」と言えます。

もちろん価格が高くなっただけではありません。同時に設備のグレード・標準仕様が徐々にランクアップしています。

高すぎると感じる原因は「標準仕様の充実」

一条工務店の価格が高いと感じる原因は「標準仕様の充実」です。

家の「高い・安い」を判断する1つの基準が「坪単価」です。坪単価を言い換えると『住宅メーカーが提供する標準仕様の設備』ですよね。

一条工務店は「モデルハウス仕様が標準仕様」とアピールするだけあって、標準仕様の充実しています。

ですが、この標準仕様の充実っぷりが、高い建築コストに繋がっているとみて間違いありません、、、

例えば高価格の標準仕様の設備は、下記の3つです。

  • 全館床暖房:家全体を暖める
  • タイル外壁:修繕頻度を減らす
  • ロスガード:空気清浄機の役割

これらの推定価格は「約300万」ほど。

どれも快適な暮らしに繋がる設備ですが、この設備って本当に必要ですか?

例えばロスガードがあると、家全体の空気をキレイに換気してくれます。24時間・全館換気を行えるので、素晴らしい設備です。

ですが良い設備だけあって、導入費・メンテ費は高額で下記の通りです。(ロスガードの修繕費から計算した想定価格)

  • 初期の導入費   :約60万
  • 30年間のメンテ費:約90万

「空気清浄機に30年間で150万は、さすがに高すぎる…」と多くの人が感じるはず、、、

他にも床暖房やタイル外壁も同じです。良い設備は導入費が高く、その後のメンテナンス費も高いです。

つまり一条工務店の良し悪しを判断するポイントは、ココですね。

  • 標準仕様が必要 → 一条を買うとお得
  • 標準仕様が不要 → 一条を買うと損

住宅メーカー選びは「合うか・合わないか」なので、万人受けする住宅メーカーはありません。

だからこそ、多くの住宅メーカーを比較して何十社の中から自分達にピッタリの住宅メーカーを探し出す必要があるんですよね。

続いて、下記で一条工務店の「実際の坪単価」について深掘りします。

スポンサーリンク

実際の坪単価は100万越え

一条工務店の実際の坪単価は「100万超え」です。

  • 一条の坪単価: 70万前後
  • 実際の坪単価:100万前後

ご存じの方も多いですが、家は坪単価だけでは建ちません。

他に「申請費・設計費・火災保険・諸経費」等の色んな費用が必要です。

ちなみに我が家は「アイスマート・33坪」ですが、上記を合計した実際の坪単価は「103万」です。

一条工務店が公表する坪単価70万よりも+30万も高くなるのは、下記の2つの理由があります。

  • 建物価格以外に「+20%」の費用がかかる
  • 標準仕様に含まれていない設備も多い

特に一条工務店は「標準仕様の定義」が少し意味不明なので、そこを解説したいと思います。

建物価格以外に「+20~30%」

注文住宅は「坪単価 × 家の坪数」だけでは、家が建てられません。

これはどこの住宅メーカーでも同じです。建物価格に加え「+ 20〜30%」ほど、追加コストがかかることを想定して起きましょう。

参考までに、下記が我が家の建築コストです。

  • 建物本体 :2,400万
  • 太陽光  : 230万
  • オプション: 180万
  • 諸経費  :  45万(※)
  • 付帯工事 : 120万(※)
  • 外構工事 : 165万(※)
  • その他  : 270万(※)
    → 3,410万

建物本体・太陽光・オプションを除く合計金額は「600万」です。

建物価格の「25%」ほどですね。上記のその他には「申請費・設計費・火災保険・引っ越し代・借入費用・登記費用」などが含まれます。

標準仕様に含まれない設備も多い(+α)

一条工務店は、実は標準仕様に含まれない設備も多いです。

「モデルハウス仕様が標準仕様」とアピールするにも関わらず、必須設備を標準仕様から抜いてくるあたりが何かセコイです。

下記の設備は、全て標準仕様には含まれません。

  • ベタ基礎: 40万
  • 照明設備: 10万
  • 網戸  : 13万
  • 太陽光 :230万
    → 293万

まず「①・②・③」は家を建てる・暮らすために必須の設備です。

そもそも「①基礎」がないと家が建てられませんし、「②照明器具」がないと暮らせません。そして「③網戸」がないと、かなり不便です。

にも関わらず、標準仕様から抜いて計算するとか意味不明ですよね、、、

「④太陽光システム」は必須ではないものの、一条工務店と契約する以上は付けないと損する設備です。

その理由は太陽光システムの原資回収の期間が「約10年」と短いからです。

それに一条工務店で採用できる他の屋根材(スレート・パラペット)が「微妙」ということもあり、個人的には「一条の屋根材=太陽光パネル」の一択かなと。

一条工務店で建てる人の約7〜8割の人が導入する設備なので「一条で家を建てる=必要な初期コスト」と思っておいても良いかもしれません。

まとめると「坪単価以外に必要なコスト」は、下記の通りです。

  • 諸経費・その他工事等:600万
  • 必須のオプション費 :300万
  • その他のオプション費:100万
    → 合計 1,000万

一条工務店は、意外と坪単価以外に必要な費用が多いです。事前の「モデルハウス仕様が標準仕様」のイメージもあることから、実施に見積書を見て「一条工務店は高すぎる…」と感じる人が多いのではないでしょうか。

高すぎるとは言えない理由

「一条工務店の坪単価の高さ」には、僕も同感です。ですが他社の住宅メーカーと比較すると、そうとも言い切れないんですよね。

それは「もし一条工務店の標準仕様と全く同じ家を建てる」ケースで比べると、一条工務店がダントツでお得だと言い切れるからです。

その理由は「少品種 × 大量生産」で安く作る仕組みにあります。

本来、タイル外壁・全館床暖房の導入コストはかなり高いです。ですが標準仕様に含めて、大量に販売する仕組みのため生産コストをかなり下がっています。

他社の住宅メーカーだと顧客の注文に応じて発注するため、一条工務店よりも導入コストが高くなってしまうんですよね。

「もし同じ内容の家を建てるなら、一条工務店が最も安い」

これが一条工務店の価格が高すぎるとは言い切れない理由です。

住宅メーカーは「合うか・合わないか」

住宅メーカー選びは「合うか・合わないか」で選ぶべきです。

万人受けする住宅メーカーは存在しません。一条工務店がピッタリの人もいれば、一条工務店を絶対に選んではいけない人もいます。

マイホームは幸せな生活を手に入れるための道具でしかないので「家族が最も満足するお金の使い方は何か?」で判断すべきですよね。

一条工務店の判断は「標準仕様が必要?不要?」がポイントになりそうです。

「一条工務店こそマイホームの理想にピッタリだ!」と感じる人は、一条工務店がオススメです。ですが住宅メーカーの数は山ほど存在するので、気になる住宅メーカーは見比べた上で判断するようにしましょう。

「知らなかった」は、最も後悔する理由の1つですよ、、、

【まとめ】一条工務店は家づくりの条件で判断が分かれる

最後に本記事をまとめます。

一条工務店の建築コストは『充実の標準仕様がいる?いらない?』で、高いとみるか安いとみるかの意見が分かれそうです。

具体的には「全館床暖房・タイル外壁・ロスガード(換気システム)・高気蜜高断熱」などが必要な人は、一条工務店を選ぶとお得です。

例えば「ロスガードが必要ないのに一条工務店を選ぶ」ような人は、割高な買い物になる点に注意ですね。

一条工務店は魅力的な住宅メーカーなので、多くの人に選ばれています。ですが実際は他社の住宅メーカーを選ぶ方がお得になる人が多いのも事実です、、、

結局のところ「住宅メーカーを選びは合うか・合わないか」だけなんですよね。


住宅メーカー選びにお悩みの方はタウンライフ家づくりを使ってみて下さい。

こちらはマイホームの「間取り設計・見積書」を依頼できるサービスです。

「□の広さで〇の設備があって△な家」と家づくりの要望を伝えると、住宅メーカーの設計士がベストなプランをオーダー設計してくれます。

実際に僕も使っておりまして、実際に使った様子を「大満足のマイホームを作る方法【でも間取り設計は難しい】」の記事にまとめました。

5社の設計士に依頼すると、内容が異なる5つのプランを提案して頂けます。

同じ条件で依頼しているにも関わらず、完成する間取りが違います。その理由は設計士毎に考え方・テクニックが違うからです。

間取りを見るだけでも新発見・アイデアに繋がるはずなので、試しに使ってみて下さいm(_ _)m

利用料は、完全無料なので安心してください。

≫住宅メーカー比較する:完全無料

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-一条工務店
-