【初心者向け】株主優待の始め方≪1年で優待50個は余裕です≫

株主優待に興味を持つ人

株主優待に興味ある!でも株って難しそうだし…、損するのも怖い。でも優待生活には憧れるわ。

こういった疑問を解決します。

他にも

  • 株主優待でお得に暮らしたい
  • お金は無いけど、優待ライフに憧れる
  • 株を持つのは怖いけど、株主優待は欲しい

などなど、

こういった方は、ぜひ記事を読んで下さい。

記事を読み終えると、

  • 「えっ?優待投資って、コレだけ?」
  • 「こんな簡単なら、優待を貰わなきゃ損じゃん!」

ってなるはずです。

Chii

分かりやすく、簡潔に記事にまとめました!

※優待投資の入門者向けの記事です。

用語や仕組みの解説で少し長い記事ですが、
「優待投資の始め方」の解説記事のわりに
簡潔で分かりやすいはずですm(_ _)mスミマセン


本記事の内容
  • 【5分で学ぶ】株主優待の基礎≪3つだけ≫
  • 【準備編】株主優待投資の始め方
  • 【実践編】優待クロスで優待GET

どーも、あつぎり(@atsugili001)です!

オイラは優待投資家で、1年で50個以上の優待をGETしてるぞ!

この方法を記事で伝授するぞ!

あつぎり

この記事を書いている僕は、株主優待を1年間で50個以上もGETする優待投資家です。

1か月で平均3~5個の株主優待が家に届き、お得な優待ライフを満喫してます。

そんな僕が「株主優待ライフをスタートする方法」を解説します。(↓Twitterでも優待情報を発信中)

Chii

株主優待は安くお得に楽しめて最高よ!家計の節約にも!

【5分で学ぶ】株主優待の基礎≪3つだけ≫

実は株主優待投資って、凄く簡単なんだ!

あつぎり

株主優待は「株の売買=ハードルが高い」のイメージかもですが、

誰でも出来るくらい簡単です。

難易度は「楽天市場で買い物するレベル」ですね。

つまり仕組みを理解すれば、楽勝です\(^o^)/

Chii

わたしでも出来てるんだから、簡単だよ!やってみる価値アリ!!

株主優待が貰える仕組み

優待は権利落ち日の「1日だけ」保有すれば貰えるぞ!

あつぎり

権利付き最終日と権利落ち日

株主優待は、株式を権利付き最終日までに購入すると貰えます。

優待投資の用語解説
  • 権利付き最終日:株を買っておく期日
  • 権利落ち日:株を手放してOKな日

下記は2021年6月の優待スケジュールです。

優待スケジュールの画像

  • 6/28(月) → この日まで株を購入
  • 6/29(火) → 株を売却してもよい

例えば株を1/5〜12/15まで保有しても、権利落ち日が12/29だと株主優待は貰えません。

Chii

↓で補足説明してるよ!参考にどーぞ♪
↓クリックでタブが開きます↓

2021年優待投資スケジュールです。

優待投資を始めると、毎月の楽しみが1つ増えるぞ!

あつぎり

権利付き最終日 権利落ち日 権利確定日
1月 1/27 木 1/28 金 1/31 月
2月 2/24 木 2/25 金 2/28 月
3月 3/29 火 3/30 火 3/31 水
4月 4/27 火 4/28 水 4/30 金
5月 5/27 木 5/28 金 5/31 月
6月 6/28 月 6/29 火 6/30 水
7月 7/28 水 7/29 木 7/30 金
8月 8/27 金 8/30 月 8/31 火
9月 9/28 火 9/29 水 9/30 木
10月 10/27 水 10/28 木 10/29 金
11月 11/26 金 11/29 月 11/30 火
12月 12/28 火 12/29 水 12/30 木
「権利確定日」とは?

「権利確定日」は、企業が株主名簿に株主の名前を記載する日です。

ここに自分の名前が記載されると、株主優待を受け取る権利が貰えます。

なら「この日に株を持っていないと、駄目なんじゃない?」と思いますよね。

でも既に株を売却済みの状態で大丈夫です。

理由は権利が確定する日株主名簿に記載される日は事務的なタイムラグがあるからです。

つまり権利確定日は企業側の手続きの話で、僕たちは関係ありません!

まとめると下記です。

  • 権利付き最終日 → この日までに株を買っておく
  • 権利落ち日 → 株を売却してOK
  • 権利確定日関係なし(企業側の話)

Chii

優待が魅力的な企業は、毎月のようにあるから要チェックね!

株式の取引は「土日祝を除く、平日のみ」なので、優待権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日も月末の平日に割り当てられています。

1年間の株主優待の件数だ!2021年だと1,500銘柄以上の企業が株主優待を実施中だぞ!

あつぎり

優待権利月は、特に3月9月の件数が多いです。

その次に2月・8月・12月なども注目したいですね。

優待権利月カレンダーの画像

ちなみに

1年間で50個以上の株主優待をゲットするには、どれだけの資金が必要だと思いますか?

”優待クロス”という方法を使えば、資金50万でも十分に達成可能です。

次で詳しく、解説します。

Chii

こんなにお得のチャンスがあれば、優待取りに参加しなきゃ損ね!

【優待クロス】Noリスクで優待投資

優待クロスは、別名「つなぎ売り」とも言うぞ。

あつぎり

優待投資は「優待クロス」という方法で行います。

コレは証券会社がおススメする優待投資で、最もメジャーな取引方法です。

優待クロスとは?

優待クロスは、株の購入と空売りの取引を行って損失リスクをゼロにする方法です。

空売りとは「株価が下がれば利益が出る」仕組みです。

「株価が下がって何で利益が出るの?」と意味不明かもですが、こういう取引方法がある認識くらいでOKです。

Chii

優待クロスは、取引で損をしないことがポイント!

空売りについて、詳しく知りたい方は↓で解説しています。

Noリスクで優待をゲットするために空売りを使う!

あつぎり

空売りとは、証券会社に株を借りて先に株を売る手法です。

「株を買ってもいないのに、何で売れるの?」は、将来的に株を買い戻す取引をするためです。

まず株の取引は「買い」「空売り」の2種類あります。

買いの取引イメージ

買いの取引イメージの画像

  • 9/1(月) → 株を2,150円で購入
  • 9/2(火) → 株を2,200円で売却

→株価上昇「+50円」が利益!

空売りは、この逆です。

空売りの取引イメージ

空売りの取引イメージの画像

  • 9/1(月) → 株を2,200円で空売り
  • 9/2(火) → 株を2,150円で買い戻す

→株価下落「ー50円」が利益!

株価が将来、値下がりすると予想するときに使う売買の方法です。

で、空売りをするとどうなるかと言うと

  • 株価が上昇損失
  • 株価が下落利益

Chii

空売りは、株の購入とは「利益と損失が逆になる」と考えると分かりやすいかもね!

権利落ち日は株価が急落?

優待クロスを使う理由はコレだ!

あつぎり

権利落ち日は、ほぼ株価が大きく下落します。

下落幅は「優待価値=下落幅」が目安です。

理由は、多くの投資家が「優待の権利を手に入れたから、もう株を持ってる必要ないよね?じゃあ、売っちゃおう!」となるからです。

Chii

「株価の下落(損)=優待の価値」だと意味ないから、空売りで損失をカバーするよ!

当たり前ですが「株主優待を受け取っても、取引で同じくらい損してたら意味ない」ですよね?

かといって株を買わないと、優待は受け取れないし…

そこで!先ほどの買いと空売りを組み合わせます!

「株価の下落=空売りの利益」でカバーする作戦です。(←これが優待クロス)

優待クロスの解説画像

※優待の権利は「100株以上の保有」が条件です。そのため「株価の変化幅×100株=損益」で計算します。

この取引の損益を計算すると、下記の通りです。

  • 保有 → -5,000円
  • 空売り → +5,000円
  • 優待 → 5,000円相当

取引の損益は「保有 -5,000円」「空売り +5,000円」となり、プラマイゼロです。

でも「株主優待 5,000円相当」が貰えることで、優待分がお得になります。

コレが優待クロスを使うメリットです\(^o^)/

Chii

取引では利益が出ないけど、株主優待でお得なのが優待クロスだよ!

優待の長期投資は、難易度が高い上に資金力も必要だぞ。

あつぎり

ここで少し余談ですが、

株主優待の長期投資は、ハードルが高いので個人的にはおススメしません。

株を買って5年・10年と長期保有する投資家もいますが、下記の理由よりNGです。

  • 【リスク①】「優待価値<株価下落」
  • 【リスク②】優待の「廃止or改悪」
  • 【非効率】資金効率が悪い

長期保有はリスクが大きく、効率が悪いことが理由です。

【リスク①】優待価値<株価下落

株の保有期間が長くなるほど、株価が大きく値下がりするリスクがあります

例えば1年に3,000円相当の優待を貰う代わりに、何万円・何十万円と損するケースもよくあります。

逆に大きな利益に繋がるケースもありますが、数年単位の株価の予測はかなり難しいです。

空売りは保有期間が「短期向け」なので、長期投資では使えません。

SBI証券の一般信用では、「最大15営業日」です。

【リスク②】優待の「廃止or改悪」

株主優待の内容が今後もずっと続くとは限りません。

よくあるのは下記のケースです。

  • 企業が優待配布を廃止する
  • 優待内容が、違う物に変更される
  • 優待の量が減る(「3,000円→2,000円」に減少など)

株主優待は、企業のコスト負担なので「廃止or改悪」する企業はたまにあります。

【非効率】資金効率が悪い

株の長期保有は、獲得できる優待の数が少なくなります。

資金50万で買える優待銘柄数は、「2~5銘柄」くらいです。

  • 長期:1年で2~5個の優待ゲット
  • 優待クロス:1か月で2~5個の優待ゲット

優待クロスは権利落ち日に合わせ、毎月のように取引するため資金50万円を最大限に生かせます。

つまり「1か月2~5個×12か月=24~60個」の優待が獲得できるわけです!

Chii

優待クロスは、Noリスクで資金効率◎だよ!

スポンサーリンク

【準備編】株主優待投資の始め方

次は優待投資を始める「準備編」だ!

あつぎり

3ステップで解説します。

優待投資のポイント
  • ①資金準備 → 50万でOK
  • ②証券口座を解説 → SBI証券
  • ③資金を入金

ステップ①:資金準備 → 50万あれば十分

資金は多いほど、獲得できる優待数が増えてお得だぞ!

あつぎり

まずは優待投資に使う資金の準備です。

目安は「50万ほど」で、十分です。

これで年間24~60銘柄ほどの優待がゲットできますね。

ステップ②:証券口座を開設 → SBI証券

次にSBI証券口座開設しましょう!

証券口座は、株を取引するために必要な口座です。

証券会社は何十社とありますが、僕はダントツでSBI証券がおススメですね。

「なぜSBI証券か?」の理由は3つです。

  • 最高の証券口座
  • 取引コストが1日100万まで無料!
  • 一般信用の銘柄数が多い

順番に解説します。

SBIは最高の証券口座

オイラの周りでSBI証券の口座を持っていない奴はいないぞ!

あつぎり

「最高の証券口座」とまとめましたが、具体的にはこちらです。

  • 口座開設数 No1(600万件超え)
  • ネット証券口座比較ランキング 1位
  • 運営が東証1部上場企業で安心
  • 無料で使える投資ツールが盛りだくさん
  • 取り扱い投資商品数が多い
  • IPO取り扱い件数が業界No1
  • 世界9か国へ投資できる

などなど。

ズラッと書きましたが、

要は「とりあえずSBI証券を選んでおけば安心」ということです。

開設料や開設後の管理費なども無料なので、作って使わなかっても損はしません。

後で紹介するモッピーからSBI証券の口座開設をすると「+6,000円」が貰えるので、使わなくても作った方がお得です。

最近、流行りのポイ活ってやつですね!

Chii

どこか証券口座を迷ったら、SBI証券でOKだよ!

取引コストが1日100万まで無料!

タダで売買とか、最高すぎ!

あつぎり

SBI証券は、1日に100万円以下は取引を何回しても無料です。(※アクティブプラン)

  • 株の購入 → 1日100万まで無料
  • 空売り → 1日100万まで無料

購入と空売りは別口カウントなので、「購入 100万 + 空売り 100万」が無料で取引できます。

他社の証券口座は「20万の取引 = 手数料 200円前後」が一般的です。

もちろん取引コストは安いほどお得なので、手数料無料のSBI証券は最強ですね。

Chii

私の場合だと1年で2万円くらい、手数料がお得になってるかな♪

優待クロスの銘柄数が多い

「一般信用」が使える証券口座は少ないんだ!だからSBI証券を使おう!

あつぎり

優待クロスでは、一般信用取引を使います。

信用取引には「制度信用」「一般信用」の2種類があります。

制度信用は「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という、追加コストが必要なケースがあります。

これはかなり大きなリスクで逆日歩が数千円~数万と高額になり、「優待を獲得しても逆日歩で大損!」するケースも多いです。

でもSBI証券の一般信用を使えば、このリスクがゼロになるので安心ですよ。

Chii

「信用取引」と「逆日歩」について詳しく知りたい方は、↓のタブをクリックしてね。

信用取引とは?

信用取引とは、証券会社に預けた資金を元にお金を借りて取引をする方法です。

「お金を借りて取引?借金みたいで、何か危なそう…。」と感じるかもですが、

株の取引はコレが普通なので仕方がないですm(-_-)m スマヌ

信用売は「貸株料」を払わなくちゃいけない!

あつぎり

信用取引は証券会社に株を借りるため、レンタル料が必要です。それを貸株料と言います。

貸株料は、空売りを行う日数で計算されます。

MEMO

【貸株料】 3.9%

【計算式】(取引金額×貸株料×日数)÷365=貸株料

例えば「20万の取引の貸株料」は下記です。

  • 1日 → 21円
  • 5日 → 106円
  • 10日 → 213円
  • 15日 → 320円

優待クロスでは、権利落ち日に合わせて株を数日間だけ保有します。

↑のケースだと「株を5日間保有して、貸株料は106円です。

そんなに大きな額じゃないので最初は難しく考えず、

「貸株料を払う必要がある、でも少額だから気にしなくてもよい。」くらいの認識でOKです。

Chii

逆日歩は、簡単に言うと証券会社に支払う手間賃ね!

逆日歩とは、制度信用の空売りで発生する追加コストです。

そのため一般信用を使う場合は、気にしなくてOKです。

  • 制度信用逆日歩が発生する確率あり
  • 一般信用 = 逆日歩は発生しない

逆日歩は、空売りする投資家が増えて「株不足」になった時に発生します。(株には在庫がある)

「信用売りの増加 → 株不足」になると、証券会社は追加で株を調達しなければなりません。

この調達で証券会社に払う手間賃が逆日歩です。

SBI証券の一般信用だと、逆日歩が発生することはないぞ!安心!

あつぎり

ここで1つだけ例を出します。

優待クロスを制度信用ですると、下記のケースが考えられます。

  • 優待クロス:3,000円の優待GET
  • 逆日歩:-5,000円

これだと合計で「-2,000円」の損です。

優待を受け取ってもトータルで損してたら意味ないですよね?

でもこれはマシな方で、逆日歩が2~3万に跳ね上がるケースもあります。

Chii

逆日歩は、株不足が深刻なほど高くなるよ!ほんとに危険!

MEMO

株主優待は個人投資家に人気で、優待クロスの手法もかなりメジャーになりました。

つまり「優待人気→空売り増加→株不足深刻→逆日歩の高騰」といった感じです。

逆日歩は取引後にしか分からないので、運次第ですね。

SBI証券をお得に口座開設

モッピーからSBI証券の口座開設で、6,000円をゲット!!!

あつぎり

SBI証券の口座開設は、モッピー(ポイントサイト)経由がおススメです。

公式HPから口座開設してもOKですが、
モッピーのサイトからSBI証券にアクセスするだけで、+6,000円GETです。

最近、人気のポイ活ってやつですね\(^o^)/

口座開設の流れは、こんな感じです。

手順①
モッピーにアクセス(会員登録)
累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

手順②
「SBI証券」を検索
モッピーのSBI証券の案件の画像
手順③
公式HBから口座開設の手続き

SBI証券の申し込み手続き画面の画像

公式サイトに画面が切り替わるので、必要項目を埋めて口座開設を進めます。

Chii

どうせ口座を作るなら、モッピーを経由しなきゃ損よね!

ステップ③:SBI証券に入金

口座開設が完了すれば、SBI証券にサクッと入金しましょう。

銀行口座は何でもOKですが、住信SBI銀行があると便利ですよ。

住信SBI銀行を使うメリット
  • 入金と出金が爆速で早い
  • 入金と出金の手数料が無料
  • 銀行預金残高で、直接の売買OK

などなど。

普段使いでも最大「ATM引き出し15回無料」「他行振込15回無料」とお得満載なので、僕のメイン銀行です。

【実践編】優待クロスで優待GET

ついに優待ライフの第一歩だな!

あつぎり

次に優待クロスの取引方法の解説です。

【取引の注意点】たった2つだけ

取引に進む前に2つだけ、注意点を解説します。

「買う株数=売る株数」で同じに

優待クロスは、損益ゼロで優待ゲットする投資法です。

損失リスクをゼロにするには、「買う株数=売る株数」にして下さい。

もし買いでも売りでも片方が多いと、損失リスクが出てきます。

優待クロスの注意点の画像

  • 9/29(権利付き最終日) → 株を2,200円で購入
  • 9/30(権利落ち日) → 株価が2,150円まで値下がり

もし「買い=200株、空売り=100株」の場合、株価の値下がり分が損失です。

  • 買い → 200株 × -50円 = -10,000円
  • 空売り → 100株 × -50円 = +5,000円

→トータル -5,000円の損失

これでは価格下落のリスクを排除できていないので、「買いの量=売りの量」で取引しましょう。

寄付きの成行注文で発注

注文方法は「寄付きの成行注文」で発注です!

  • 寄付き = 前場9:00、後場12:30の取引開始時のこと
  • 成行注文 = 価格を指定せず、約定を優先した注文方法

取引の最初のうちは、意味が分からないかもなので何となく理解でもOKです。

実践で試しながら覚えましょう\(^o^)/

次で発注方法を解説するので、同じやり方をすれば↑の注文になります。

【発注手続き】簡単3ステップ

超簡単!オイラは楽天市場で買い物する方が難しいと思う!笑

あつぎり

繰り返しですが優待クロスの取引は、
「買い」と「売り」の注文を同時に出します。

注意点は、下記の2つでしたね!

優待クロスのポイント
  • 「買う株数=売る株数」で同じに
  • 「寄付き×成行注文」で発注

下記の画像で解説済みなので、同じように進めてみて下さい。

Chii

「パソコン版」「スマホ版」の両方共、解説してるよ!

↓クリックでタブが開きます↓

まずはSBI証券のサイトにログインしよう!

あつぎり

ステップ1
企業名(銘柄コード)を検索
SBI証券のPC版取引方法の画像1

  • SBI証券の公式サイトにログイン
  • 画面上の検索窓に企業名(銘柄コード)を入力

銘柄コードとは、KDDIだと「9433」です。

企業ごとに数字4桁の番号が振り分けられています。

ステップ2
発注画面に進む

企業名(銘柄コード)を打ち込むと、下記の画面に切り替わります。

SBI証券のPC版取引方法の画像2

優待クロスの取引で使うのは、この2つです。

  • 現物買 = 買い注文
  • 信用売 = 空売り注文
注意
株を購入する際に「信用買」を選ぶと、株主優待の権利が貰えません。
ステップ3
「現物買」の注文

先ほどの画像の「現物買」をクリックすると、画面が切り替わります。

下記は株を購入する画面です。

SBI証券のPC版取引方法の画像3

↑の画像と同じように入力します。(100株で取引する場合)

  • ①売買株数「100株」
  • ②注文方法「成行→寄成」

→取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

ステップ4
「信用売」の注文

先ほどの画像の「信用売」をクリックすると、画面に切り替わります。

下記は信用売りを行う画面です。

SBI証券のPC版取引方法の画像4

↑の画像と同じように入力します。(100株で取引する場合)

  • ①売買株数「100株」
  • ②注文方法「成行→寄成」
  • ③信用取引区分「一般(15日)」

→取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

信用取引区分「一般(15日)」の解説

15日とは、15営業日以内に一般信用売りをクローズしないといけない期日です。

土日祝は株式市場が休みなので、除く15営業日が保有できる最長期間です。

優待投資は短期保有なので、あまり気にしなくてOKです。

ステップ5
注文一覧を確認

発注ができたら、「注文一覧」で発注内容を確認しましょう。

SBI証券のPC版取引方法の画像5

確認項目は①・②・③です。

  • ①注文が「現物買」「信新売(15日)」
  • ②現物と信新売の株数が同じ
  • ③執行条件が「寄成」
ステップ6
権利落ち日に「現渡」

手持ち株が見れるポートフォリオのタブをクリックすると、下記の画面が開きます。

SBI証券のPC版取引方法の画像6

ここで「現渡」をクリックすると、下記の画面に切り替わります。

SBI証券のPC版取引方法の画像7

権利落ち日に現渡(げんわたし)をして、優待クロスの売買が完了です。

  • ①ポートフォリオを開き、「現渡」をクリック
  • ②現渡する株数を入力「100株」

→取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

現渡とは?

現渡とは、買った株と空売りした株を相殺して決済する方法です。

本来は、それぞれ買いと売りで計2回の取引が必要ですが、現渡だと1回の取引で済みます。

現渡が使えるのは、同じ企業の株を同じ株数だけ保有する場合のみです。

現渡の仕組みは少しややこしいから、「1回の手続きで2つの取引を終了させるラクな方法」くらいの認識でOK!

あつぎり

ステップ7
株主優待をGET

権利確定日の2~3か月後に株主優待が届きます。

例えばこちらです。

アルペンは12月優待銘柄で、優待券は3/14に届いてます。

Chii

たったコレだけよ!慣れたら1~2分で、ササっとできるわよ!

スマホ操作の注文方法を解説するぞ!

あつぎり

使うのは下記の3つの項目です。

SBI証券のアプリ版取引方法の画像1

現物買・信用新規売・現渡(げんわたし)の3つだけです。

  • 現物買 → 株の購入
  • 信用新規売 → 空売り
  • 現渡 → 取引を完了する決済方法

Chii

この流れで取引すれば大丈夫!

ステップ1
基本操作

まずはSBI証券のアプリの基本操作を解説します。

SBI証券のアプリ版取引方法の画像2

  • SBI証券のアプリにログインして開く
  • ①の銘柄検索から企業名(銘柄コード)を入力
  • 「取引」ボタンを押すと、↑の画面が開く

銘柄コードとは、KDDIだと「9433」です。

企業ごとに数字4桁の番号が振り分けられています。

今回は、赤枠でマークした「現物買・信用新規売・現渡」の3つを使います。

ステップ2
「現物買い」の注文

先ほどの画像の左上の「現物買(赤色)」を押すと、下記の画面が開きます。

SBI証券のアプリ版取引方法の画像3

↑の画像と同じように入力します。(100株で取引する場合)

  • ①売買株数「100株」
  • ②注文方法「成行」
  • ③執行条件「寄成」
  • →取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

注意
株を購入する際に「信用買」を選ぶと、株主優待の権利が貰えません。
ステップ3
「一般信用売り」の注文

先ほどの画像の「信用新規売り(緑色)」を押すと、下記の画面が開きます。

SBI証券のアプリ版取引方法の画像4

↑の画像と同じように入力します。(100株で取引する場合)

  • ①信用取引区分「一般(15日)」
  • ②株数「100株」
  • ③価格「成行」
  • ④執行条件「寄成」

→取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

ステップ4
注文一覧を確認

SBI証券のアプリ版取引方法の画像5

アプリの下部の「注文紹介」を押すと、下記のような発注一覧が表示されます。

SBI証券のアプリ版取引方法の画像6

確認項目は①・②・③です。

  • ①注文が「現買」「信売(15日)」
  • ②現物と信新売の株数が同じ
  • ③執行条件が「寄成」
ステップ5
権利落ち日に「現渡し」
SBI証券のアプリ版取引方法の画像7

  • ①「口座管理→信用建玉→銘柄→現渡」をクリック
  • ②現渡しする株数を入力「100株」

→取引パスワードを入力し、「発注」をクリック

現渡とは?

現渡とは、買った株と空売りした株を相殺して決済する方法です。

本来は、それぞれ買いと売りで計2回の取引が必要ですが、現渡だと1回の取引で済みます。

現渡が使えるのは、同じ企業の株を同じ株数だけ保有する場合のみです。

現渡の仕組みは少しややこしいから、「1回の手続きで2つの取引を終了させるラクな方法」くらいの認識でOK!同じようにすれば大丈夫!

あつぎり

ステップ5
株主優待をGET

権利確定日の2~3か月後に株主優待が届きます。

例えばこちらです。

アウトソーシングは12月優待銘柄で、優待券は3/27に届いてます。

Chii

PC版よりスマホ版の方がササっと、早く注文できるよ!

【まとめ】優待クロスで優待投資

これで優待クロスのやり方は完璧だな!

最後に優待銘柄の探し方を解説するぞ。

あつぎり

優待銘柄の探し方
  • SBI証券
  • みんなの株式
  • 僕のTwitterアカウント

Chii

私は12月の優待がお気に入り♪

SBI証券

口座開設すれば、優待検索が使えるようになるぞ!

あつぎり

株主優待はSBI証券の公式サイトが探しやすいです。

WEB版もスマホ版も直観的で、初めての人も検索しやすいデザインになってます。

【公式】SBI証券

Chii

どの月にどこの企業の優待があるか、直観的に分かる使い易いよ!

WEB版

SBI証券の優待検索の画像1

スマホ版

SBI証券の優待検索の画像2

みんなの株式

知らない企業の優待が見つかると楽しいぞ!

あつぎり

みんなの株式もかなり使い易いので、おススメです。

みんかぶの優待検索の画像

おススメの検索方法は、下記の3つです。

  • ①ランキング
  • ②おすすめ優待
  • ③ジャンル毎のランキング

Chii

気になる企業名で検索してみても良いかもね!

僕のアカウント

Twitterでも株主優待の情報を発信してるぞ!

あつぎり

こういった「早いもの勝ちの株主優待の速報」とか。

「〇月にはこの企業の優待がお得だよー!」とか。

実際に僕がGETした優待情報とか。

などなどを発信してます。

わりと分かりやすくまとめているので、参考になるはずです。

よかったら、オイラのアカウント「あつぎり(@atsugili001)」をフォローしてくれよな!待ってるぞ!

あつぎり