【結果を最大化】人生を変えるオプティマイザ―の思考法

この記事では「【結果を最大化】人生を変えるオプティマイザ―思考」を解説します。

どーも、アツギリ(@atsugili001)です!
まずは心に響くオイラの有難いツイートだ!!ビシッ!!

アツギリ


Chii

質問です!ミニマリストは分かるけど、オプティマイザ―って何?教えて!

僕はオプティマイザ―です。ミニマリスト歴も長く、両方経験済みなのでわりと参考になる記事だと思います。

それではオプティマイザ―思考について解説します。

オプティマイザ―の概念を解説

「オプティマイザ―」って知ってるか?

アツギリ

メンタリストのDaiGoさんがYouTubeで解説して話題になった思考法です。オプティマイザ―思考で生き方を最適化するのはかなりおススメです。

オプティマイズとは最適化

オプティマイザ―ってカッコいい響きだな!!

アツギリ

まずは「オプティマイザ―」の言葉を解説します。「オプティマイザ―」の元の単語は「optimize(オプティマイズ)」です。

直訳すると下記です。

オプティマイザ―の意味
  • 最適化する
  • 最適な状態にする

簡単に言うと最適化する人のことをオプティマイザ―と言います。

このオプティマイザ―思考(最適化思考)は仕事・プライベートの色んな場面で使えます。この考え方を元に生きるだけで、より良い結果に結びつけられます。

スポンサーリンク

オプティマイザ―とミニマリストは違う

オプティマイザ―とミニマリストは違うぞ!

アツギリ

オプティマイザ―とミニマリストは一緒にされがちです。この2つは似ているようで、意味や目的が全然違います。

排除する基準、つまり「何を基準に無くすか?」がポイントです。

Chii

「排除」って何だか難しそうね。

下記がオプティマイザ―の特長です。

オプティマイザ―の特長
  • 「排除する」が目的ではない
  • 排除の目的は清算・効率性UP(=最適化)
  • 生産・効率性UPしない排除は無駄
  • 生産効率性・可能性がUPするなら必要

オプティマイザ―は結果の最大化を大事にします。

たぶん「ミニマリスト=断捨離」のイメージが強いと思うので、物の断捨離をテーマに解説します。

断捨離なので「排除する=物を減らすこと」で考えて下さい。

「排除する」が目的ではない

オプティマイザ―は「排除する」が目的ではありません。

物の断捨離だと下記のイメージです。

断捨離の目的の違い
  • ミニマリスト → 極限まで物を減らす =目的
  • オプティマイザ― → 必要に応じて物を減らす =手段

つまりミニマリストは断捨離の目的が「物を減らすこと」です。

でもオプティマイザーは断捨離で物を減らして、生活を最適化することが目的です。

物を減らすことは最適化の手段の1つなので、生活が最適化されるなら断捨離以外の他の方法でもOKです。

排除の目的は生産・効率性UP(=最適化)

オプティマイザ―が排除する目的は「生産・効率性UP」です。

オプティマイザ―が断捨離をする目的は以下です。

断捨離をする目的
  • 掃除をラクで簡単に → 家事を減らす
  • お掃除ロボで掃除が完結する部屋に → 掃除ゼロ
  • 物が少ないスッキリした部屋に → 意思決定力UP↑
  • 生活アイテムを最小限に → 生活コストDown↓
  • 小さい部屋でも快適 → 住居費Down↓

家事や生活費を削減することで仕事やプライベートがより良く最適化されます。

物を減らすだけの断捨離は無意味で、何かしらの結果が伴う見立てが必要です。

生産・効率性UPしない排除は無駄

オプティマイザ―は「生産・効率性UPしない排除は無駄」と考えます。

コレが最も大きな違いだぞ!

アツギリ

例えば「使わない部屋に不要なマンガ本が500冊あります。この部屋は生活空間では無く、今後も使う予定はありません。(分譲マンション住みで賃貸ではない)」というケースです。

それぞれの考え方は下記です。

思考の違い
  • ミニマリスト → 使わない不要物は捨てる
  • オプティマイザ― → 不要物でも捨てて生活が最適化しないなら放置

要らないマンガ本500冊は邪魔かもしれないですが、使わない部屋に置かれてるので捨てて実際の生活が「便利になる」「快適になる」変化はありません。

この場合、オプティマイザ―は何もしないを選びます。

理由は以下です。

何もしないを選ぶ理由
  • 捨てる本の選別 → 時間を消費
  • 後で読みたくなると → 再購入コスト
  • 本を捨てる行為 → 労力の負担

1番の理由は本を捨てても、実際の生活に変化が無いからです。本を捨てても生活は最適化されず、結果が伴ってません。

オプティマイザ―思考だとこの断捨離は時間・コスト・労力を浪費するデメリットしかないです。なので排除する行為自体が無駄と考えます。

生産効率性・可能性がUPするなら必要

オプティマイザ―は「要らない物でも生産効率性・可能性がUPするなら必要」と考えます。意思より結果の最大化の有無で判断します。

オプティマイザ―は結果の期待値を元に判断するぞ!

アツギリ

「趣味=ゲーム」のケースで解説です。

ゲームは「時間の浪費」「無駄な出費」「嗜好品」と考えると、ミニマリストは「要らない物=全て捨てる」なので断捨離の対象です。

でも下記のようにゲームがプラスになるケースもあります。

ゲームがプラス要素になるケース
  • ゲーム → モチベ―ションUP → 仕事のやる気UP=生産・効率性UP
  • ゲーム → 攻略スキル → プロゲーマー=可能性UP
  • ゲーム → ゲーム実況YouTuber → 趣味を仕事に=可能性UP

となると「ゲーム=必需品」であり、仕事の生産効率性や可能性UPへのプラスの効果が見込める大事な要素です。

  • ゲームの種類を増やす → 仕事の幅が広がる
  • ゲームの時間を増やす → 趣味が仕事に繋がる

生活にゲームを取り込むことで、結果の最大化に繋がるなら積極的に増やします。

繰り返しになりますが、断捨離は成果を最大化のための手段なので「ゲームを捨てる=結果が悪くなる」は意味がありません。

これがオプティマイザ―の結果を最大化する思考法です。

まとめ

オプティマイザ―はとにかく結果を大事にします。

最適化することで生産効率性をアップし、結果の最大化に徹します。

これは仕事・私生活など全般に適用し、人生単位で最適化を図ります。

何事もオプティマイズ(最適化)を意識するだけで数年後の結果が大きく違うので楽しみです。