【最適化】オプティマイザ―の生き方!ミニマリストと何が違う?

アツギリの画像
アツギリ
オプティマイザーのアツギリだ!趣味は仕事とプライベートの最適化!

どーも、アツギリ(@atsugili001)です!

この記事では「【最適化】ミニマリストよりオプティマイザ―!何が違う?」を解説します。

アツギリの画像
アツギリ
ビシッ!心に響くオイラの有難いツイートだぞ!!

オプティマイザーはメリットしかないのに、オプティマイズ思考(最適化)を知らない人が多いです。なので僕が解説します。

chiiの画像
Chii
オプティマイザーって初めて聞くわ!

オプティマイザーとは?

オプティマイザ―とは?の画像

僕はオプティマイザーです。

オプティマイザーとはオプティマイズ(最適化)という言葉が元になっており、生き方の最適化をする人のことを言います。

最適化の基準は人それぞれですが、イメージはこんな感じです。

  • 収入 → 短い時間でたくさん稼ぐ
  • 家事 → 工夫して家事ゼロ
  • 仕事 → 趣味を仕事に楽しく稼ぐ

例えば趣味が仕事で、1日3時間勤務でOK、家事はほぼゼロの生活をイメージして下さい。この生き方、最高じゃないですか?

これらの元にあるのは生き方の最適化です。仕事や家事を少しずつ改善してオプティマイズ(最適化)すると、どんどん人生がラクになります。

ミニマリストと比較されがち

アツギリの画像
アツギリ
似てるようで全然違うぞ!

オプティマイザーはミニマリストと比較されがちです。ですがそれぞれ目的が違います。

chiiの画像
Chii
何が違うのかしら?

仕事の考え方

オプティマイザーとミニマリストの「仕事」の考え方の違いです。

  • オプティマイザー → 働く時間は短く、でも収入は最大化
  • ミニマリスト → 生活費を下げて、極力働かずに生活する
アツギリの画像
アツギリ
ミニマリストは節約上手だな!

ミニマリストは生活費を極限まで下げます。すると月10万以下で生活が可能になり、働く時間も最低限まで削れます。

オプティマイザーの労働時間は減らしますが、効率的に多くのお金を稼ぎ結果の最大化に努めます。コスパ重視型です。

「仕事=趣味」で好きなことを仕事にするオプティマイザ―も多いです。好きなことだと上達も早いし、楽しくて最高の生き方ですよね。

chiiの画像
Chii
オプティマイザ―は効率や結果を重視するのね!

プライベートの考え方

オプティマイザーとミニマリストの「プライベート」への考え方です。家事を例にします。

  • オプティマイザー → 自動家電で家事を減らし、ラクに暮らす
  • ミニマリスト →  最低限の物で家事をこなし、ミニマムに暮らす

簡単に解説します。

ミニマリストは「物を減らす」ことにフォーカスして断捨離します。

目的は「物を減らす」で、ゴールは「断捨離され最低限のモノしか無い部屋」です。

アツギリの画像
アツギリ
過剰な断捨離は生活が不便になるぞ!オイラは1度、経験済み。

オプティマイザーは「家事の最適化」にフォーカスします。同じ断捨離でも片付けや掃除の手間を減らすことが目的で、ゴールは「最適化された部屋」です。

極度な断捨離は不要で生活が便利に、家事がラクになるなら物を増やしてOKです。ここがミニマリストと違う点ですね。

断捨離はあくまで豊かな生活を手に入れるための1つ手段なので、物を減らすことが目的ではありません。

chiiの画像
Chii
オプティマイザ―は多くの人が出来そうね!

オプティマイズは最適点が大事

オプティマイザ―は最適点が大事の画像

アツギリの画像
アツギリ
自分の最適点を見つけよう!

オプティマイザーは常に「最適点」を意識して改善を繰り返します。

最適点とは「丁度良い状態」のことです。これは人によっても違いますし、その人の状況によっても違います。

例えば「~しすぎ」は良くないです。 「物が多すぎ or 物が少なすぎ」とかです。

  • 物が多すぎ → 管理コストや手間が増加、決断力は低下 → NG
  • 物が少なすぎ → 不便で非効率な生活、ストレスUP → NG

自分好みのスタイルに調整OKなのもオプティマイザーの良さです。

chiiの画像
Chii
最適点は人それぞれよね!

ミニマリストよりオプティマイザ―がおススメ

アツギリの画像
アツギリ
オイラはミニマリスト寄りのオプティマイザ―だ!

僕は昔、「持たないミニマムな暮らし」に憧れ、徹底的に断捨離してミニマリストになりました。でも生活スタイルが合わずにオプティマイザーに転身です。

理由はコレです。

  • 時間の浪費は本末転倒
  • 生活スタイルに合わない
  • 過度な断捨離は可能性を潰す

オプティマイズ(最適化)に断捨離は効果的です。ですが過剰な断捨離はデメリットが多く出てきます。

順番に解説します。

時間の浪費は本末転倒

アツギリの画像
アツギリ
便利な物は使わなきゃ損だぞ!ラクに生きるために必須!

時間は凄く大事です。「失った時間は戻らない」「お金で時間を買う」と誰も聞いたことがあるくらい時間は大切です。

でもミニマリストの過剰な断捨離は時間の浪費に繋がります。

  1. ベット無し → 床で寝る → 睡眠の質の低下
  2. 洗濯機無し → 手洗い or コインランドリー → 時間浪費
  3. 自動家電無し → 自分でやる → 時間浪費

例えが極端かもですが、ベースの考え方が伝わればOKです。

睡眠も寝つきの悪い状態で8時間寝るより、最高のマットレスで良質な睡眠を5時間取る方が疲れが取れて、1日の時間も長くなります。

他にも物を減らし、不便になることで時間の浪費につながることは多いです。

生活スタイルに合わない

アツギリの画像
アツギリ
生活スタイルに合うか合わないかは大事だぞ!

極限まで断捨離されたミニマリストの部屋は、生活スタイルに合わないと感じました。

  1. 嫁の同意が得られない
  2. 子供の物でミニマム化が難しい
  3. 過度なミニマム化は効果無し

家族がいるとミニマリストの部屋で暮らすのは難しく、そもそも子供の物でミニマムな部屋は成立しないです。なので①と②は説明いらずかと思います。

chiiの画像
Chii
家庭の平和は互いの意見の尊重が大事よ!!!

なのでここでは③を深堀りします。

繰り返しですがオプティマイザ―にとって、断捨離は良い生活を手に入れるための手段の1つです。物を減らすメリットがあるから断捨離します。

でも一定よりも物が減ると断捨離の効果が一気に下がります。

少し分かりにくいかもですが、こんなイメージです。200とか100の数字は物の数だと思って下さい。

  1. 200 → 断捨離 → 100 = 大満足
  2. 100 → 断捨離 → 50 = やや満足
  3. 50 → 断捨離 → 25 = ストレス

断捨離の過程で物が減っても、必ず満足するとは限りません。

②になると満足度は下がり、③になるとストレスを感じます。断捨離のやりすぎはNGで、最適点が大事です。

家族がストレスを感じるなら無理に断捨離する意味ないですもんね。

アツギリの画像
アツギリ
オイラは嫁が第1のダンディなペンギンだ☆

過度なミニマム化は可能性を潰す

アツギリの画像
アツギリ
人生の可能性は無限にある!選択肢の多い生き方がしたい!

必要以上の断捨離を行うミニマリストは自分の可能性を自分で潰しかねません。

「ゲーム」を例にします。

  • ミニマリスト → ゲーム=嗜好品 → 断捨離の対象
  • オプティマイザー → ゲーム=? → 最適点で判断

オプティマイザーの「ゲーム=?」で書いた理由は、それぞれゲームに対する考えが違うからです。「ゲーム=嗜好品」で捨てれば、人生の可能性が1つ消えます。

今の時代、趣味を仕事にして稼ぐオプティマイザ―は多いです。ゲームだと例えばYouTuberのゲーム実況などですね。

「ゲームが好き → ずっとゲームしたい → ゲームを仕事に → ゲーム実況のYouTuber」はオプティマイズされた1つの例です。

chiiの画像
Chii
大好きな趣味を仕事に出来て、お金が稼げたら最高の生き方よね!
POINTミニマリストの過度な断捨離はこういった可能性を潰すリスクがあります。かといって部屋の中が物で溢れた状態は絶対NGなので、最適点を探してオプティマイズすることが大事です。

オプティマイザ―の具体例

オプティマイザ-の具体例の画像

アツギリの画像
アツギリ
具体例を出すぞ!

説明だけだと分かりにくいかもなので、僕が思うオプティマイザ―の例を紹介します。

仕事をオプティマイズ

まずは仕事のオプティマイズ(最適化)の例です。

オプティマイザ―の有名人を紹介します。趣味と仕事が組み合わさった最高のパターンです。

アツギリの画像
アツギリ
オイラの独断で選んだから違ったらスミマセン!

マナブさん

「manablog」を運営するマナブさんです。

manablogはマナブさんの人生で得たスキルや考え方を元にした情報発信ブログです。本人いわくブログは趣味らしいですが、収益が1000万越えの月もあり趣味の域を超えてます。

オプティマイズという視点で見れば「人生の学び→ブログで情報発信=仕事」となり、大好きなブログを仕事にされているケースです。

1日の仕事時間は最大6時間(筋トレ1時間含む)らしく、ハイレベルなオプティマイザ―です。

メンタリスト/DaiGoさん

メンタリストのDaiGoさんです。趣味の読書で得た知識を元に動画配信し、それを仕事にされてます。

「本を読んで得た知識をYouTubeやニコニコ動画で解説」という、やり方はシンプルです。

自分の趣味を仕事に繋げて完璧にオプティマイズされてます。

プライベートをオプティマイズ

次にプライベートをオプティマイズ(最適化)する例です。

僕にとって最適化の目的は「自分の時間を少しでも多く確保し、自分のやりたいことをする」です。

空いた時間をどう使うかは人次第なので、ここではオプティマイズのやり方と例を紹介します。

家事の最適化

アツギリの画像
アツギリ
オイラは家事はやるために生まれたんじゃない!

「家事の時短」は効果的です。仕事と家事は1日に多くの時間を使うのでオプティマイズの2大テーマですね。

家事は毎日、多くの時間を使います付加価値を何も生み出さない無駄な時間です。なので絶対にオプティマイズすべきです。

自動化できる家事は全て自動家電に任せましょう。ベタですが効果は大きいです。

  1. 食洗器
  2. ドラム式洗濯機
  3. お掃除ロボット

家事をオートにできる自動家電を使わないのは損です。例えば食洗器は導入コストがかかりますが洗剤、水道代、時間で直ぐに元が取れます。

断捨離を徹底するばかりに、生活を不便にして大事な時間を浪費するのは本末転倒です。

chiiの画像
Chii
ドラム式洗濯機も食洗器もお掃除ロボットもぜーんぶ自動で最高!!幸せ♡

買い物の最適化

アツギリの画像
アツギリ
ネットを有効に使おう!

次に買い物の最適化です。普段の買い出しに自分で行くのは止めるべきです。

僕はリアル店舗で買い物はほぼしません。

  • 食材 → 食材ネットスーパー
  • 日用品 → 楽天市場
  • 書籍 → Amazon

特に食材、日用品は買う物がだいたい同じですよね。同じものを買うのに、わざわざ自分で店に出向く必要は無いです。

いつも買う物をお気に入りに登録しておき、無くなればネットでポチればOKです。

chiiの画像
Chii
便利な時代よね!

まとめ

まとめの画像

まとめます。僕はオプティマイザ―ですし、みんなにもオプティマイザ―をおススメしたいです。

ミニマリストとオプティマイザ―は、目的が違います。

  • ミニマリスト → 減らすこと
  • オプティマイザ― → 最適化

ミニマリストの断捨離は途中まではかなり有効ですが、一定を超えると不便でかなりデメリットが出てきます。なのでミニマリストはあまりおススメではありません。

僕にとってオプティマイザ―の最適化は人生の楽しみの1つです。

今後も最新技術を生活に取り入れて、オプティマイズしていきます。

物を増やし過ぎるのはNGですが、使えるものはどんどん利用してもっと精錬されたオプティマイザ―になりましょう!