【ミニマリスト】iPadはいらない!大画面スマホ+PCが1番コスパ良い!

気になるペンギン

iPadって必要?持っているとカッコ良いけど、どういう時に使うんだろう?

僕はガジェットオタクですが、少し前にiPadの使い道に迷走しました。

「iPadって要る?要らない?」の答えが出たので、記事にまとめました。

僕はミニマリストなので「要らない物は減らす」を前提に記事を書いています。

記事で分かること
  • iPadを使う理由は?
  • iPadの便利機能が要らない理由
  • ガジェットの最高の組み合わせは?

ということで、「iPadって要る?要らない?」を解説します。

これは僕の相棒のMacとiPhoneです。

MacとiPhone12ProMaxの画像

過去にiPad、androidタブレット、Macデスクなど色々、購入しましたが今はこの組み合わせです。

「MacBookAir+iPhone12ProMax」の組み合わせが最強!

あつぎり

※追記

先日、appleの下取りでiPad+iPhoneXを手放しましたm(_ _)m

今はiPhone12ProMaxの1台のみに移行し、ミニマム化に成功です☆

【要らない7つの理由】iPadって意外と出番がない

下記を順番に解説します。

  1. 12インチの大画面
  2. applePencilが使える
  3. PCモニター化
  4. iPad+キーボード接続
  5. PCのサブディスプレイになる
  6. iPhone vs iPad
  7. スマホ+iPadは買い替えコストが高い

iPadは便利そうに聞こえる機能も多いですが、実際はどれも微妙な機能が多いのも事実です。

①12.9インチの大画面 → 最大の魅力

コレは文句なしのiPadの魅力!

あつぎり

最大12.9インチ

iPadの1番の魅力は12.9インチのPC級の大画面です。

下記が「iPhoneX vs kindle vs iPad」の画面サイズ比較です。

iPhoneXとiPadの画面サイズを比較する画像

僕の旧iPadの「iPad Air 9.7インチ」でも、iPhoneやkindleに比べてダントツのデカさです。

  • 左:iPhoneX → 5.8インチ
  • 中央:kindle → 6インチ
  • 右:iPadAir2 → 9.7インチ

ちなみに2021年モデルだと、画面は最大「12.9インチ」と更に大きくなります。

僕のMacBookAirは13.3インチなので、PC画面と同じサイズとイメージすると分かりやすいです。

大画面でタッチ操作が出来るのはiPadだけなので、1番の魅力です。

スマホの大画面化で、iPadの出番が減る

最近のスマホは、画面サイズがどんどん大きくなってます。

大画面スマホ
  • iPhone 12ProMax 6.7インチ
  • Galaxy Note10+ 6.8インチ
  • Galaxy S20+ 6.7インチ

画面が6インチを超えると、小さめのタブレット級のサイズです。

昔は「iPadは画面が大きくて、スマホより見やすーい!」だったのが

今だと「iPadは必要ないな、スマホの6インチで十分!」に変わり、

今ではiPadを買うことも使うことも減っているはずです。

12.9インチも必要ない

今のiPadの主力商品は、12.9インチのiPadProです。

iPadの画面サイズは年々大きくなっていますが、僕は12.9インチも要らないと思います。

12.9インチも要らない理由
  • デカ過ぎて重く、持ち運びがしにくい
  • 画面が大きいと、目が疲れやすくなる
  • 情報量が多過ぎて、逆に読みにくい
  • 画面タッチの動き幅が大きくなり、操作性ダウン

大画面のデメリットが意外と多く、画面はデカければ良いものでもないですよね。

②ApplePencil → 要らない

ApplePencilの画像

ApplePencilが使えるのは、iPadの魅力です。

「ApplePencil=超高性能のタッチペン」なので、筆圧の感知や書き心地の良さで超ハイスペックなタッチペンです。

とはいえ、タッチペンは「使う・使わない」がハッキリ分かれますよね。

ApplePencilで「メモを取る」「絵を描く」等の使い方をするなら便利かもですが、僕は使わないので必要ないですね。

ミニマリストはタッチペンすらも要らない!

あつぎり

③PCモニター化 → 要らない

iPadのサブディスプレイの画像

iPadはPCモニターとして、デュアルディスプレイに使えます。

PC側はMacでもWindowsでも対応おり、12.9インチの大画面だからこその使い方ですね。

便利そうですが、僕はこれも要らない派です。

iPadモニター化が要らないワケ
  • 外で2画面モニターで本気作業はしない
  • PC画面内の2分割で十分に足りる
  • モニターに比べ、iPadの価格が高い
  • PCモニターのわりにiPadは小さい

つまり「iPadはモニターとしても使えるが、モニターとしては超微妙」です。

PCモニターは24インチで1万円台で買えるので、iPadを拡張モニターに使うよりコスパが圧倒的に良いです。

ミニマリストとしては、部屋にPCモニターを置かなくて良いのは魅力的だな。

あつぎり

④iPad+キーボード接続

iPadは後付けキーボードが対応

iPadは専用キーボードが後付けできます。

画面キーボードは打ちにくさMAXなので、iPadの文字入力では必須アイテムです。

Apple純正だと2〜4万ほどと、キーボードにしては高めですね。

後付けキーボードは何かと使いづらい

後付けなので、操作性はかなり微妙です。

しかもiPadのアプリ操作は画面タッチが必要なケースが多く、キーボードだけじゃ操作が出来ないことも多いです。

ちなみに「キーボード+タッチパネル」の操作は、手が上下のあっちゃこっちゃ動かさないといけないので作業性が悪いです。

iPad用のキーボードは僕も1つ購入済みですが、使い道が少ないので出番は皆無でした。

iPad +キーボードより、PCが10倍便利

「iPadがあればパソコンが要らない」と言う人もいますが、iPadで出来ることはiPhoneとほぼ同じです。

なのに「iPad +キーボード」だと、購入価格は超高めなのが難点です。

購入金額
  • iPad 4〜15万
  • キーボード 2〜4万

組み合わせ次第ですが、ざっと6〜19万ほど。

「安いiPad=性能が低め」なので、予算は10万ちょいが目安ですね。

ほぼスマホと同じ用途に10万はムダなので、価格の高さもiPadが要らないと思う理由の1つです。

10万でMacを買った方が作業の幅が格段に広がるよ!

あつぎり

【ブロガー向け】文字入力はiPhone +アプリでOK

ブロガー向けに「iPad +キーボードは要らないよっ!」の話をします。

少し工夫すればブログくらいは、iPhoneで余裕ですね。

ちなみにこの記事もほぼiPhoneで作りました。↓が僕のiPhoneの画面です。

iPhoneのキーボードの画像

CannedTextというアプリを使うと定型文やコードの登録が出来ます。

ブログ作成でよく使うコードをワンタッチで呼び出せる便利アプリです。

例えば↑の「赤字」を押すと、「‹span class~」の赤字の装飾コードを一発で呼び出せます。

定型文キーボード - CannedText

定型文キーボード – CannedText
無料
posted withアプリーチ

ブログを書かない人は興味ないかもですが、便利なアプリなので一応リンクを貼っときます。

⑤iPhone vs iPadを比較

iPhone vs iPadで比較します。

僕は最低限の物で生活したいミニマリストなので、同じ用途の物はムダです。

Wi-Fi接続の手間

iPhoneは電波があれば、どこでも使えます。

でもiPadはWi-Fi環境が必要です。

iPhoneのテザリングを使うにしても、使う前に接続が必要なので少し手間ですよね。

iPadのセルラーモデルを契約するにしても、スマホ料とは別に通信料が必要なのでNGです。

利用シーンが少ない

iPadは薄いけど、普段から持ち運ぶには邪魔なサイズだよな!

あつぎり

iPhoneはポケットに入れば、どこへでも持ち運べます。

iPadはPCと同じくらいのサイズなので、持ち運びの自由度は低めです。

なので僕は過去に「今、iPadを使いたいけど手元にない…。」シーンが山ほどありました。

常に手元に置いておけるiPhoneとは、持ち運びのし易さが全然違いますね。

長時間利用もiPhoneが有利

「長時間利用=大画面」の方が良さそうですが、意外とiPhoneの方が使い勝手は良いです。

  • iPadは重たいので、腕が疲れる
  • 「大画面=大量のブルーライト」で目が疲れる
  • 片手で持てるiPhoneは、どんなシーンにも対応

例えば家で1日動画を見るにしても、iPhoneだと部屋・トイレ・風呂・歯磨き・散歩など色んなシーンに片手で持てば対応できますがiPadではムリです。

データ共有が不十分

iPhoneとiPadは、各端末で別々にデータ保管するアプリが多いです。

データをクラウド保存するアプリは気にしなくてOKですが、iPhoneやiPadの中にデータ保存するアプリは使い勝手が悪いです。

つまりiPhoneで保存したデータを、iPadで見る・使うが出来ません。

メインのiPhoneで完結させてしまい、どんどんiPadの使用頻度が減るのはよくあるケースですね。

⑥スマホ+iPadは買い替えコストが高い

コスト的にも「iPhone+iPad」の2台持ちは、負担が大きいですよね。

iPad 4~15万
iPhone 6~15万

どのモデルを選ぶか次第ですが、僕的には良さげな組み合わせは20万程です。

処理速度・バッテリーなどの理由で、5年毎の買い替えで20万の出費はかなり痛手ですね。

スポンサーリンク

【結論】iPhone+PCが1番コスパ良い

ミニマリストの僕には、やっぱりiPadは要らないかな!

あつぎり

結論、僕にはiPadの使い道が見出せなかったです。

なのでiPadは売却しましたし、今後も買う予定は無いです。

僕は「iPhone+PC」の組み合わせがおススメです。

  • iPhoneに出来なくて、iPadで出来ることは少ない
  • iPadはPCに比べ、かなり機能が劣る

結局、iPadの要らない理由の1番は「iPhoneとiPadは用途がかなり似ているから」です。

下記に当てはまる人は、iPadがあっても良いかもしれません。

  • iPhone12ProMaxの6.7インチで足りない人
  • ApplePencilを使った何かをしたい人
  • PC操作が苦手でiOSの範囲で済ませたい人
  • PCの汎用性は一切不要で持ち運び性を重視する人

でも僕は↑に一切、当てはまらないのでiPadはいらないですね。僕はiPhone12ProMaxを1台持つ方がミニマリストとしてもマッチしてます。

結論、iPhone+PCが最高の組み合わせですね。