【ミニマリスト】5W1Hの応用でラクラク断捨離!「捨てられない」を解消する方法

5W1Hを使って物を断捨離し、ミニマリストになる方法を解説します。正直、かなり使えます!

アツギリの画像
アツギリ
部屋の物を減らしてシンプルに生きるミニマリストライフは最高だな!

数年前に大きな断捨離をして、僕もミニマリストの端くれです。今、思うのは「2度と物に囲まれた生活に戻りたくない」です。

「なかなか物を捨てられない」「どれを捨てたら良いのか分からない」、だからミニマリストになるのは難しいと聞きます。

でもこれは考え方の問題で、「5W1H」を使った断捨離方法を実践すればミニマリストは簡単になれます。

5W1Hで断捨離する方法

5W1Hの画像

5W1Hとは?

5W1Hとは、本来はビジネスや仕事で使う現状把握のツールです。

アツギリの画像
アツギリ
オイラはスマートなビジネスマンだから5W1Hくらい余裕だぜ!

今の状況をしっかり把握した上で次の行動を考えないと、間違った判断を下す可能性があります。5W1Hは「5つのW+1つのH」のそれぞれ意味があって、解説するとこんな感じです。

  • When=いつ
  • Where=どこで
  • Who=だれが
  • What=なにを
  • Why=なぜ
  • How=どのようにして

これだけだと少し分かりにくいかもなので、断捨離やミニマリストに応用した5W1Hも解説します。

5W1Hを断捨離に応用

5W1Hを断捨離に応用する場合は↓です。全て家の中の物に当てはめて考えます。

  • When=いつ使うか?(いつ使わないか?)
  • Where=どこで使うか?(どこでは使わないか?)
  • Who=誰が使うのか?(誰が使わないか?)
  • What=何に使うのか?(何には使わないか?)
  • Why=なぜそれを使うのか?(他の物ではダメなのか?)
  • How much=どうやって無くすか?

5つのWは基本的に物を使う視点で考えますが、使わないケースも当てはめて考えると更に理解度が上がります。(↑のカッコの中)

5W1Hはビジネスでは業務改善や問題解決、ロス削減に使われることが多いですが、断捨離も基本的な考え方は同じです。

5W1Hで断捨離の例

これだけじゃ分かりにくいかもなので、我が家で実践した具体例をいくつか出します。イメージしてみて下さい。

5W1H:ケトル(ポット)

1つ目の例は「ケトル(ポット)」です。

ケトルはお湯を沸かすときに便利ですが、僕の家にはケトルがありません。

ケトルを例に5W1Hを作ってみました↓

When(いつ) 料理をする時
Where(どこで) キッチンで
Who(誰が) 僕と嫁
What(何に) お湯を使う料理
Why(なぜ) お湯を作るのに便利

まとめると「お湯を使う料理をキッチンで作る時に僕と嫁が湯沸かしにケトルを使っている」状況です。

更に分解するとこんな感じです。

  • ケトルを使うのはお湯を沸かす時だけ
  • お湯が作れればケトルじゃなくてOK

なので「How much=どうやって無くすか?」は「鍋でお湯を沸かせばケトルは要らない」となり、ケトルを捨てました。

アツギリの画像
アツギリ
お湯を沸かすだけの機械って無駄だよな。ケトルって底がちゃんと洗えないから不衛生だぞ!(持論)

5W1H:ローテーブル

2つ目の例は「リビングのソファ前のローテーブル」です。

今までリビングにはダイニングテーブル(食事用)とローテーブル(ソファ前の机)の2つが有りました。↓の写真のこういうやつです。
リビングのローテーブルの画像

でも今のリビングはダイニングテーブルの1つだけです。

同じくリビングのローテーブルを例に5W1Hを作ってみました。

When(いつ) ソファでくつろぐ時
Where(どこで) リビングで
Who(誰が) 僕と嫁
What(何に) 飲み物などを置く
Why(なぜ) ソファ近くにローテーブルしかない

まとめると「僕と嫁がリビングでソファでくつろぐ時にローテーブルに飲み物を置いている」状況です。

更に分解するとこんな感じです。

  • ローテーブルを使うのは週に1~2回、ソファでくつろぐ時だけ
  • 飲み物を置く程度なので小さな机でOK

なので「How much=どうやって無くすか?」は「飲み物を飲む時はダイニングテーブルで飲んでからソファでくつろぐ」となり、同じくローテーブルも捨てました。

今後、ソファ近くにどうしても机が必要になれば移動式の小さな机を買う予定です。

アツギリの画像
アツギリ
そもそも2人暮らしのリビングに机が2つも要らない!

まとめ

5W1Hはビジネスや仕事で使っている企業は多いですが、日常やプライベートで活用するケースは少ないように感じます。

ですが5W1Hは断捨離をしたいミニマリストと相性がかなり良く、プライベートの色んな場面で応用も出来ます。

ちなみ同様ツールでECRSもおススメです!ECRSも同じくビジネスのロス削減で使うツールですが、断捨離する際に大活躍です。↓の記事で解説してます。