口座開設

仮想通貨の積立投資が意味ないって本当?【5つのルールに従おう】

悩むオヤジ
仮想通貨の積立投資が意味ないって、本当なの?

自動でビットコインの積立ができて便利そうだから使ってみたいんだけど、投資の経験者に話を聞きたいなぁ…。

といった疑問に答えます。

先に結論をいうと『仮想通貨の積立は、かなり効果的な投資法』です。

なぜならコツコツと仮想通貨を買い増すことで、投資タイミングに失敗するリスクを最小限にできるからです。

これは初心者〜上級者までが使う投資法で、仮想通貨への投資との相性も良いです。そのため僕も活用しています。

ですが積立投資をしていれば、何でも良いというワケではなく、必ずルールに従って積立投資を行って下さい。

積立投資のルール

  • 積立頻度は「毎日」を選ぶ
  • 中・長期投資で保有する
  • マイナー通貨は積立候補から外す
  • 積立する投資金額を変えない
  • 自己判断で余計な売買を行わない

一定のルール・条件の元で行わないと意味のない投資になる可能性が高いです。

なお本記事で紹介する内容は、僕が実践する積立投資のルールです。仮想通貨への投資を推奨するものではないので、参考程度にお願いします。

この記事を書いた人

僕のTwitter( @atsugili01 )も参考にしてねっ!
あつぎり

仮想通貨の積立投資が意味ないって本当?【5つのルールに従おう】

本記事では『仮想通貨の積立投資における5つのルール』を解説します。

上記は、どれも僕が積立投資で実践するルールです。

「株式7年・仮想通貨5年」の実体験を元に意見・考え方も交えつつ、本記事で解説しますね。

仮想通貨の積立投資のルール①積立頻度は「毎日」を選ばないと意味がない

仮想通貨を積立する頻度は「毎日」プランがオススメです。

例えば「月1回」などの積立回数が少ないと、積立の効果が得られにくいと思った方が良いです。

なぜなら仮想通貨の価格は「±10〜30%」と価格の変動幅が大きいので、積立する回数が多いほど購入タイミングに失敗するリスクを分散できるからです。

積立頻度の設定を各社で比較すると、下記の通りです。

毎日週1回月2回月1回
コインチェック××
ビットフライヤー
GMOコイン××

どこの取引所でも「毎日」プランの設定があります。

積立頻度はビットフライヤーが選べる種類が多いものの「毎日」プラン以外を選ぶメリットはほぼないので、気にしなくて大丈夫です。(ルール④で深掘りします)

つまり積立投資の頻度は「毎日」プランの一択と言えます。

僕はビットフライヤーで毎日プランで積立投資をやっているよっ!
あつぎり

仮想通貨の積立投資のルール②中・長期投資で保有する

積立投資は、中・長期投資での保有がオススメです。

短期で積立を行っても、積立投資の効果が薄いです。最低でも投資期間を「2年以上」に設定した方が良いです。

なぜならビットコイン価格は短期的に急落するケースがあるものの、中・長期では過去の最高値を何度も超えてきている事実があるからです。

下記はビットコインの価格チャートです。


ビットコインは「暴落 → 高値更新 → 暴落 → 高値更新」を何度も繰り返しており、価格の変動幅が大きい資産です。

例えば直近のケースだと、下記の通りです。

  • 2021年11月:780万円
  • 2022年 1月:375万円

たった3か月ほどで「-約400万円」と価値が半分になっています。つまり短期保有して目先の価格変動で売買する人は、大きく損する可能性が高いと言えますよね。

ですが数年単位の中・長期で積立投資をしている人の多くが利益を出せているというのも事実です。

話をまとめると、ビットコイン積立は中・長期投資で長く保有しないと意味がなく、損失を出すリスクが高くなると思った方が良いでしょう。

仮想通貨の積立投資のルール③マイナー通貨は積立候補から外す

マイナーな通貨は積立候補から外すことをオススメします。

積立投資は中・長期で行うため「価値が上がる可能性の高い通貨」を優先して選ぶべきです。

確かにマイナー通貨ほど規模が小さくて、成長した時の価格の伸び率が大きいことも事実です。ですが積立投資では「伸び率 < 成長可能性」を重視すべきだと僕は考えます。

これらの特徴を書き出すと、下記の通りです。

  • メジャーな通貨
    価格が上昇する可能性が最も高いが、規模が大きいため成長率は小さい
    (例)ビットコイン、イーサリアムなど
  • マイナーな通貨
    価格が下落する可能性が高いが、価格が爆発的に上昇するかも…
    (例)その他のアルトコイン

マイナーな通貨の先行きを予測するのが得意な人は別ですが、個人的にはビットコイン・イーサリアムの2つで良いかなと考えています。

僕は「ビットコインとイーサリアムを毎日500円ずつ」購入しているよっ!
あつぎり

仮想通貨の積立投資のルール④積立する投資金額を変えると意味ない

仮想通貨の積立投資は『投資する金額をコロコロ変えると、積立の意味がなくなる』ので注意して下さい。

そもそも積立投資とは「投資資金を均等割りして、何回にも分けて購入することで、投資タイミングに失敗するリスクを最小限にできる投資法」です。

仮想通貨の積立投資のドルコスト平均法の画像

上記の通りで「安い時は多く買い、高い時は少なく買う」ことで、保有する平均価格を低くすることが強みの投資法です。(これをドルコスト平均法と言います)

ですが下記のように積立する金額をコロコロ変えてしまうと、ドルコスト平均法の効果が薄まります。

  • 3月:月3万円分を積立する
  • 4月:月1万円分を積立する
  • 5月:月5万円分を積立する

例えば「5月にビットコイン価格が急上昇すると、高い価格帯で多くの金額を積立購入する」ことになりますよね。

すると保有するビットコインの平均価格が高くなってしまい、これだと積立投資の意味がないです。

つまり積立投資は「投資期間を長く、同じ金額を積み立てする」ことが前提になるので、無理のない金額をコツコツと買うようにしましょう。

仮想通貨の積立投資のルール⑤自己判断で余計な売買を行わない

ルール④と少し似ていますが、積立投資は自己判断で売買を行わない方がより高い投資結果が得られることが多いです。

つまり「積立を設定した後は何もせずに放置」でOKです。

例えば、下記はNG行為です。

  • ビットコインが下がったから、2万円分を追加購入
  • 仮想通貨に良いニュースが出たから、2万円分を追加購入
  • ボーナスが出たから、10万円分を追加購入

もちろん取引が得意な人は別ですが、仮想通貨の投資が初めての方はオススメできません。

繰り返しですが、積立投資は「同じ金額で、購入回数を分けて、コツコツと買い続ける」方法が鉄則です。このルールを守らないと、積立投資を選ぶ意味がなくなります。

最後に:仮想通貨の積立投資の補足

本記事の内容をまとめると、下記の通りです。

積立投資のルール

  • 積立頻度は「毎日」を選ぶ
  • 中・長期投資で保有する
  • マイナー通貨は積立候補から外す
  • 積立する投資金額を変えない
  • 自己判断で余計な売買を行わない

どれも僕が実践する積立投資のルールばかりです。

そして最後に積立投資における補足を2つお伝えして、本記事を終わりにします。

積立投資の補足

  • 積立投資は数年後に価格が上がる前提で行う
  • 銘柄の分散は過度に行わなくてOK

補足①:積立投資は数年後に価格が上がる前提で行う

積立投資は「数年後に仮想通貨の価格が上がっているだろう…」という前提の元、行う投資法です。

もちろん数年後の仮想通貨の価値が大きく下がっている可能性もあるため「未来の仮想通貨の価格上昇を信じられる人だけ」が積立投資を行って下さい。

投資は利益が出ることもあれば、損失が出ることもあります。そのため「購入したビットコインが下がって含み損でも、毎月コツコツと買える勇気」がスゴく大事です。

補足②:銘柄の分散は過度に行わなくてOK

積立投資では、銘柄の分散を過度に行う必要はないと考えています。

投資はリスク分散が大事ですが、その方法は下記の2つです。

  • 投資する「銘柄」の分散
  • 投資する「期間」の分散

積立投資は「②投資する期間の分散」を最大限に活用できる投資法です。

毎日積立で購入するタイミングを分けて、これを数年単位で継続すれば充分なリスク分散が行えていると、僕は考えます。

更に「①投資する銘柄の分散」も併用すると効果的ですが、最大でも2〜3銘柄で充分かなと思います。逆に5銘柄を超えると過度な分散で、むしろ投資リターンへ悪い影響が出る可能性が高いです。

例えば「ビットコインが上昇しているのに、他の▲コインの価格が下がっててトータルの投資結果がイマイチ」といったような感じです。

仮想通貨の積立がオススメである理由」を下記の記事で解説済みですm(_ _)m

【仮想通貨の積立】おすすめの取引所・通貨・積立頻度を1記事で全て解説

続きを見る

本記事は僕の投資への考え方を元に作成したよっ!
あつぎり
  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-口座開設
-