口座開設

コインチェックの積立はいつから始まる?【Coincheckつみたて】

悩むオヤジ

  • 積み立ては、いつから始まるの?
  • 申請後、どれだけの期間が必要?
  • 積立を開始時の注意点があれば、聞きたいな?

といった疑問にお答えする記事です。

まず結論を言うと『コインチェックは申請した1か月後に積立がスタート』します。

具体的には、下記の通りです。

  • 申込:1月11日
  • 積立:2月7日

どの月に申込しても「申込→積立」に中1か月ほど必要です。

中には「開始まで1か月もかかるのか…」と感じた人がいるかもですが、その理由はこちらです。

  • 「取引口座 ↔ 銀行口座」で連携する
  • その後は、自動積立で放置できる

つまり最初に①の手続きに少し時間がかかります。

でも積立開始後は「銀行口座から自動引き落とし」で自動で行ってくれるので、わざわざ取引口座に入金する手間は必要ありません。

完全放置で投資できるので、かなりラクですよ(/・ω・)/

本記事では、詳細なスケジュールや上記の深掘りを行います。

筆者の投資歴

  • 仮想通貨の投資歴「5年」
  • 株の投資歴「8年」
  • 運用資産「約2,000万」

この記事を書いた人

僕のTwitter( @atsugili01 )も参考にしてねっ!
あつぎり

コインチェックの積立はいつから始まる?【Coincheckつみたて】

本記事では『コインチェックの積立プラン』について、深堀りします。

本記事は、下記の順番で進めます。

記事の後半では「仮想通貨の積立は、できるだけ早くに始めた方が良い」という理由をデータ付きで解説しています。

記事を読み終えて、ぜひ投資の参考にして下さい。

2種類の積立プランから選ぶ

Coincheckつみたては『2種類の積立プラン』から選べる

  • 月イチつみたてプラン
  • 毎日つみたてプラン

人気のプランは「②毎日つみたて」で、多くの人に選ばれています。

その①:月イチつみたてプラン

月イチつみたてプランは、「月1回」ペースで積立するプランです。

最低金額は「1万円~」です。

積立日は既に1年先まで決まっており、次の「積立スケジュール」の表で確認してください。

その②:毎日つみたてプラン

毎日つみたてプランは、毎日購入するプランです。

こちらも最低金額は「月1万円~」で、指定した金額を1か月間の日数で分割して毎日コツコツと購入します。

例えば「月1万円」で積立を行うケースだと、1日あたりの購入金額は「334円(30日計算)」になります。

「1か月でいくら投資するか?」を決めると、後はシステムが自動で均等割りしてくれる仕組みです。

こちらが多くの人に選ばれており、その理由は下記の通りです。

  • 月イチ → 購入タイミングに委ねられ、リスクが高くなる
  • 毎日  → 平均価格で積立ができ、利益が出しやすくなる

①は購入タイミングを間違えると損失が出ます。つまり一発勝負の要素が高くなり、リスクが上がります。

②は少額を毎日コツコツと購入します。仮想通貨が下がっても買い続けることで、取得単価を下げることができ、価格が上昇する局面で利益が出やすくなる投資法です。

積立スケジュール

コインチェックの『積立スケジュール』は、下記の表の通りです。

積立月申込/変更引落日積立日
2022/33/113/284/7
2022/44/114/275/9
2022/55/135/276/7
2022/66/116/277/7
2022/77/107/278/8
2022/88/138/299/7
2022/99/99/2710/7
2022/1010/1110/2711/7
2022/1111/1111/2812/7
2022/1212/1112/271/10
2023/11/131/272/7
2023/22/102/273/7
2023/33/103/274/7

月イチプランの場合、上記の「積立日」に購入が行われます。

つまり「その1日の価格が安いのか・高いのか」がかなり重要と言えますよね。

そのため積立日の価格に左右されない「毎日つみたてプラン」が人気で、僕もこちらで積立をしています。

銀行引き落としで放置できる

コインチェックの積立は『銀行からの自動引き落としで放置できる』ので、かなりラクです。

最初に「仮想通貨の取引口座 ↔ 銀行口座」を連携させるため、わざわざ取引口座へ入金する手間がかかりません。

同じく取引所大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」と比較すると、下記の通りです。

  • コインチェック :銀行口座より引き落とし
  • ビットフライヤー:取引口座より引き落とし

ビットフライヤーは「銀行口座 → 取引口座」への振込作業が必要です。

なので下記の当てはまる人は、コインチェックがオススメです。

  • 振込に手間をかけたくない…
  • 振込手数料を節約したい…
  • 手元にまとまった資金が無い…

お給料が振り込まれる銀行口座と連携させておくと、完全放置で積立ができます。

「1か月後の積立スタート」はデメリットなのか?

中には「1か月後のスタートは遅い…」と思う人がいるかもですが、特に気にしなくても良いかなと思います。

例えば積立NISA・iDeCoも手続きに「1~2か月ほど」かかるので、これと同じくらいですよね。

積立投資は「3年・5年・10年」といった長期で行うものなので、1か月は誤差の範囲と思って良いかなと思います。

なので気長に待ちましょう(/・ω・)/

積立投資のシミュレーション

最後に『仮想通貨の積立投資は本当に効果的なのか?』を過去のデータからシミュレーションしてみます。

先に結果を言うと、「過去5年間では約9倍の利益が出た」というデータがあります。

過去5年間でシミュレーション

シミュレーションする条件は、下記の通りです。

  • 通貨:ビットコイン
  • 期間:5年間(60カ月)
  • 積立:1か月/1万円ずつ

結果は「9倍の利益」

過去5年間の投資リターンは「約9.2倍」で、下記がグラフ化したデータです。

  • 現金保有(青):60万
  • 積立投資(赤):556万

ビットコイン価格が変動するため、資産額の増減はありますが利益は着実に伸びています。

ちなみに1年ごとの資産推移は、下記の通り。

  • 2017年:95万(原資12万)
  • 2018年:29万(原資24万)
  • 2019年:70万(原資36万)
  • 2020年:302万(原資48万)
  • 2021年:556万(原資60万)

注目は「2017年→2018年」で大きく目減りしつつも、ちゃんと利益を出せていることが積立投資の強みです。

こちらを次で深掘りします。

ビットコインは積立投資との相性が良い

ビットコインと積立投資は、相性が良いです。

上記のケースで大幅に目減りしている「2017年→2018年」のビットコイン価格は、下記の通りです。

  • 2017年:167万
  • 2018年:40万

なんとたった1年で「4分の1」にまで、下落しています…。

もし2017年に50万円分のビットコインを買っていれば、たった1年間で12.5万円にまで目減りしていることに、、、

これを見て「ビットコイン、怖すぎる…」と思うかもですが、積立投資をきちんと行っていれば、上記の通りちゃんと利益が出ています。

その理由は「ドルコスト均等法」という投資法です。

1回でまとめた金額を買う(一発勝負)と損が出やすいです。ですが「1回・2回・3回・・・」と安くなった時に買い続けると、ビットコインの次の上昇局面で利益が出やすくなります。

少しずつコツコツと買うので、投資するタイミングを間違えて損するリスクが小さくなります。

悩むオヤジ
でもビットコイン価格が上がらなかったら大損じゃないのか…

と思う人に向けで、下記で「明るいニュース」を紹介します。

ビットコイン価格は2025年に「1億円」

最後に「ビットコインの価格予想」の紹介です。

下記は僕の予想ではなく、世界の投資の専門家が発表した予想値です。

  • ゴールドマンサックス
    →1,100万
  • JPモルガンチェース
    →1,600万
  • ストックフローモデル①
    →1,000万
  • ストックフローモデル②
    1億円
  • 金(ゴールドと比較)
    →5,000万

今のビットコイン価格は「1ビットコイン=450万」くらいなので、まだ充分な上昇余地があると言えそうですね。

特に今は「高値 770万 → 現在 450万」まで下落しています。

今後のビットコイン価格が「どこまで下がるのか・いつになれば上がるのか」は不明ですが、こういう時こそ積立投資がピッタリなんですよね。

数日後・数か月後の値動きが予測できない時だからこそ、積立投資でコツコツと買っていきましょう。

朝の缶コーヒーを我慢して、毎日200円だけでも積立すると「3年後・5年後・10年後に大きな資産になっているかも…?」です。

僕はそう信じて積立投資を続けています。

  • この記事を書いた人

あつぎり

株式7年・仮想通貨5年・ブログ2年|2020年ブログ開始 ▶︎ 2022年 ブログ収入 月20万円達成 ▶︎ 1年後に会社を辞める(願望)

-口座開設
-