ゲーム

【大注目BCG】ブランコスの始め方と稼ぎ方:攻略まとめ【BLANKOS BLOCK PARTY】

僕が注目するBCG『BLANKOS BLOCK PARTY』を記事で解説します。

次世代ゲームスタジオである「Mythical Games」が手掛ける初タイトルのMMOゲーム(大規模多人数同時参加型オンライン)です。

Blankosは2018年より開発を始め、開発資金30億を投じた渾身のブロックチェーンゲームです。

Blanko(ブランコ)という「ビニール製のおもちゃ」で独特の世界観が特徴的なメタバースのゲームですね。

スポンサーリンク

Blankos(ブランコス)の始め方と稼ぎ方:攻略まとめ

記事の結論を先に言うと、下記の通りです。

  • Blankosは今は稼ぎにくいゲーム
  • 将来性に期待でき、人気化する可能性大
  • 今は先駆者優位狙い、仕込むタイミング

その理由を記事にまとめました。

Blankosの稼ぐ仕組み→今は稼ぎにくい

最も気になる「Blankosがどれだけ稼げるか?」ですが「Blankos=今は稼ぎにくいゲーム」です。

ゲーム内に稼ぐ仕組みがほぼ無く、今は「2022年に実装を期待」という状況です。

なので「Blankosを始めても、スグに稼げない」です。

だからこそ「今は世間の注目度が低く、早く始めておくと有利になる」状況とも言えるので僕はBlankosに参戦しています。

MarketplaceでNFTを売買して稼ぐ

今はBlankos公式が運営するMarketplaceで、Blankoを売って稼ぐことは可能です。

ですがMarketplaceはNFT出品数が多い(需要<供給)ため、NFTが売れにくい状態です。

Marketplaceで稼ぐ方法は、下記の通り。

  • NFTの初期販売で購入し、Marketplaceで売る
  • Marketplaceで安く購入し、Marketplaceで売る
  • MarketplaceでBlanko購入→ゲーム内でレベルUP→Marketplaceで売る

要は「NFTを安く買って、高く売る」です。

特にNFTの初期販売セールは「Blanko+アイテム」が安く買えるので、参加する価値アリですよ。

BlankosのNFTは割安に放置されている?

ちなみに「BlankosのNFTは割安に放置されている?」気がします。

今のNFT価格は、ザックリこちら↓

  • Blanko(通常)   :3000円~2万
  • Blanko(希少)   :3万~
  • 装着アイテム(通常):300円~
  • 装着アイテム(希少):3000円~

僕の見方だと「BlankosのNFTは、一般的なNFT価格(ゲーム系)よりかなり安い」です。

安く感じる理由は、下記の通り。

  • ゲーム品質の高さに対し、NFT価格が安い
  • 希少性(NFT販売数)に対し、NFT価格が安い
  • Blankosは夢中にプレイする面白さがある
  • 開発資金30億の大型ブロックチェーンゲーム

今後「ゲーム人気化→NFT価値の上昇」の流れがくるかなと僕は予想しています。

例えばBlankosの公式Twitterは「フォロワー数 2.6万人」と少なく、周囲がゲームの面白さに気が付いていない?気がします。

BlankosのTwitterの画像

▼BCGで有名な「根本晃(Hikaru)」さんもBlankosをプレイしており、BlankosのNFTをいくつも購入されています。

【4種類の遊び方】Blankosはミニゲームの集合体

Blankosには大きく「4種類」の遊び方があります。

  1. ミニゲームをプレイする
  2. メタバース空間で自由に遊ぶ
  3. ブランコを鋳造する
  4. 自分でメタバース空間を作る
  5. デイリーミッションをクリアする

順番に解説しますね。

その1:3種類のミニゲーム

Blankosには、3種類のミニゲームがあります。

Blankosのミニゲーム
  • RACE(レース)
  • SHOOTING(銃撃バトル)
  • VIBES(カミナリ集め)

どれも「1回/5分ほど」で遊べる内容です。

サクッと解説しますね。

VIBES(カミナリ集め)
BlankosのVIBES(カミナリ集め)の画像

1つ目のミニゲームは「VIBES(カミナリ集め)」です。

「ステージ内に配置されたカミナリをどれだけ獲得できるか?」を競うゲームです。

カミナリの色で獲得できるポイントが変わり、下記の通りです。

  • 紫:1ポイント
  • 青:5ポイント
  • 黄:10ポイント

ポイントは「ダッシュを使いつつ、カミナリを獲得し続けること」です。

  • ダッシュは、高速移動できるスキル
  • ダッシュは、体力ゲージを消費する
  • 体力ゲージは、カミナリで回復する

体力ゲージがゼロになるとダッシュできなくなるので、「時間が経過して回復 or カミナリを取得して回復」のいずれか。

つまりゲームで勝つには「ダッシュで高速移動する→カミナリを獲得し続ける→高速移動を続ける」で、より多くのカミナリを獲得することです。

SHOOTING(銃撃バトル)
BlankosのSHOOTING(銃撃バトル)の画像

2つ目のミニゲームは「SHOOTING(銃撃バトル)」です。

ゲームの進め方はシンプルで、下記の通り。

  • ゲーム内で銃・銃弾を拾う
  • 敵を銃・爆弾で倒す
  • 倒した敵の数を競う

「相手を拾った銃で攻撃し、体力ゲージがゼロになるとスコアを獲得できる」ゲームです。

攻撃で受けた時の体力の減りが早く、直ぐに死にますw

倒されても時間内であれば何度も復活してバトルできるので、上手い下手に関係なく楽しくプレイできるはずです。

RACE(レース)
BlankosのRACE(レース)の画像

3つ目のミニゲームは「RACE(レース)」です。

名前の通り、「誰が早くゴールにたどり着けるか?」を競うシンプルな内容です。

ステージ内に設置されたチェックポイントを順番にクリアして、ゴールを目指します。

ゲームで勝つには先ほどと同じ「ダッシュ→カミナリ取得→高速移動を継続」し、いかに速く移動できるかがポイントですね。

その2:メタバース空間で自由に遊ぶ

Blankosのメタバース空間の画像1

Blankosはメタバース空間で自由に遊ぶことができます。

文字で解説するよりプレイ画面を見る方がゲームの世界観まで分かるはずなので、下記の画像をどうぞ。

Blankosのメタバース空間の画像2

かなり幻想的で、他のメタバース(SandBox・Decentraland)と違う世界観で楽しいですね。

個人的に最も好きなメタバースで、プレイしていてウキウキする世界観に楽しみしかないです。

Blankosのメタバース空間の画像3

ログインした場所から少し前に進むと地面に地面に穴が開いており、この穴の中に飛び込むとゲームがプレイできます。

Blankosのメタバース空間の画像4

このようにエリア毎に島で分けられており、ブランコの背中のロケットで向こうの島まで飛んで渡ることもできます。

Blankosのメタバース空間の画像5

メタバースの世界を引きで見ると、こちら↑

世界はコレだけじゃなく、画面に収まりきらない規模感です。
この感覚はプレイしないと多分伝わらないはず…。

Blankosのメタバース空間の画像6

話をまとめると「Blankosのメタバース=ヤバい」です。
僕は「将来的に伸びるメタバースなのでは?」と考えており、下記のように世界観が違うのでユーザーが住み分けしそうですよね。

  • SandBox:レゴブロック
  • Decentraland:リアリティ重視
  • Blankos:ビニール玩具

例えばSNSも特徴が異なり、共存している状態ですよね。

  • Instagram:写真・画像で直感的
  • Twitter:テキスト主体の速報性
  • LINE:密に交流できるチャット型
  • TikTok:最大60秒で楽しむ短編動画
  • Voicy:「~ながら」で聞く、音声SNS

各SNSで「特徴・使い勝手・ユーザー層」は違い、用途に分けて複数を利用する人が多いですよね。

今のメタバースは「SandBox・Decentraland」の2強ですが、今後はBlankosのような少し違う世界観のメタバースが人気化するのでは?と予想しています。

その3:鋳造プロセスでレアなブランコをゲット

購入したブランコ(NFT)を鋳造して、完全オリジナルなブランコを作ることができます。

鋳造する目的は、下記の通りです。

  • 「レア=希少性UP」で、ブランコの価値を上げる
  • 自分だけのオリジナルのブランコを手に入れる

「NFT=所有する権利」ですが、ブランコのNFTは同じ見た目のブランコが何百・何千と存在します。

BlankosのBoxBの画像

僕が購入した「Box B」というブランコのNFTです。
BlankosのNFTには固体No(例:#900)が割り振られており、NFTとして「BOX Bの#900」を所有する形になります。

「BOX B」の総発行数は1859体あり、オリジナリティ(個性)という点では微妙なんですよね…。

そこで!ブランコの鋳造を行います。
すると「唯一無二で世界中で自分だけが所有するブランコ」を作ることができ、加えて好きなアイテム(NFT)を装着すると更にオリジナリティがアップします。

鋳造で価値をアップさせる方法

鋳造でNFTを進化させることが可能な「AT0M.atn」というブランコもあります。

BlankosのAT0M.atnの画像

画像の右に行くほど、価値が高くなります。

  • AT0M.atn  :0.7万
  • AT0M.atn.ERR:4.5万
  • AT0M.atn.KM :17万

鋳造を進めると「AT0M.atn → AT0M.atn.ERR → AT0M.atn.KM」へとブランコが進化します。

AT0M.atn.KMは鋳造できる上限が「上限200体」と少なく、希少性がアップするので価格が高くなります。

「AT0M.atnを7000円で購入 → ゲーム内で鋳造 → AT0M.atn.KMへ進化 → 17万で売れる」となり、結果的に『16.3万の利益』です。

これぞPlay to Earn(/・ω・)/

その4:BuildModeで自分のメタバース世界を作る

BlankosはBuildModeを使うと、ゲーム内に自分の世界を作ることができます。

特徴は下記の通り。

  • 自分の世界を自由に作れる
  • プログラミング知識は不要
  • 作った自分の世界でプレイ

例えばミニゲーム終了後に”クリエーター名”が一瞬だけ表示されます。

これは「先ほど自分がミニゲームで遊んだステージは、〇さんがBlankosで作ったステージ」というワケです。

「自分の世界観でステージを作り、Blankosのミニゲームで世界中の人がプレイして遊ぶ」、これヤバいですよね。

ステージ作成は操作方法を少し覚える必要アリですが、ゲームの操作方法の延長なのでわりと簡単です。

その5:デイリーミッションをクリアする

Blankosはデイリーミッションが用意されています。

例えば下記のように普通にプレイしていればクリアできる内容です。

  • SHOOTINGで相手を5体倒す
  • RACEで5000m走る
  • ミニゲームでTOP3以内に入る

そしてデイリーミッションをこなすと下記のようなゲーム内アイテムが貰えます。

  • ブランコのNFT
  • 装着アイテム(キャップ・シューズ等)
  • レベルアップに使えるXP(経験値)

自分のブランコをレベルアップさせ、ゲームを有利に進めるための必須アイテムなので獲得しておきたいところです。

Blankosの始め方【3ステップ】

Blankosの始め方を3ステップで解説します。

手順は下記の通りです。

  1. Blankos公式サイトで会員登録
  2. Blankos Block Party(無料)をインストールする
  3. 実際のプレイでキーボード操作に慣れる

対応するスペックのパソコンさえあれば、無料でゲームに参加できます。

それでは順番に解説を進めます。

手順1:Blankos公式サイトで会員登録

最初にBlankosの公式サイトで会員登録を行います。

一般的なブロックチェーンゲームは「Wallet接続→プレイ」と数秒で始められますが、Blankosは会員登録が必要なので少し手間です…。

よくある登録情報を入力するだけなので、サクッと完了です。

手順2:Blankos Block Partyをインストールする

登録が完了すれば「Blankos Block Party(無料)」をインストールしましょう。

Blankosは高グラフィックなゲームなので、専用ソフトが必要です。

推奨スペックは下記の通りで、相応のPCスペックが必要です。

Windows
  • OS:Windows 10 64-bit
  • CPU:Intel Core i7-4770
  • GPU:Nvidia GTX 660, AMD Radeon HD 7870, DX11 GPU
  • MEMORY:8GB RAM
Mac
  • CPU:Intel Core i5
  • GPU:Intel Iris Plus Graphics 640 or equivalent
  • STORAGE: 4GB of free space

PCスペックが不足していても、設定で画質を落として処理を軽くすることも可能なので、試す価値アリです。

スペック不足でプレイ動作に問題ありなら、潔くPCを買い換えるのがオススメです。NFTゲームは相応のPCスペックが必要なので…。

ちなみに僕が使うMacBookはこちらです。

「日常使い+ゲーム」ならコスパ◎ですし、カッコ良い見た目に大満足ですね。

僕は国内メーカーの「低スペック×割高」なノートPCは、オススメできません…。

手順3:実際のプレイでキーボード操作に慣れる

次は『Blankos Block Partyを立ち上げ、実際にBlankosでプレイ』です。

BlankosはPCゲームなので、「キーボード+マウス」操作です。

操作方法は下記の通りで、慣れない人はスゴく厄介…。

  • W 前進
  • S 後退
  • A 左
  • D 右
  • Shift ダッシュ
  • Space ジャンプ
  • E 突き飛ばし
  • Q パワームーブ1
  • R パワームーブ2
  • T チャット
  • マウス左 射撃
  • マウス右 ズーム
  • マウス移動 視点変更

僕はPCゲーム歴が浅く、キーボード操作は初めて…
なのにBlankosの立体的に激しく動くゲームをPCキーボードで行うのは無理ゲーでした。これだけでゲームの難易度はMAXですwww

ミニゲームを何回プレイしても、1回も勝てず…。

そこで!AmazonでPCゲーム用コントローラーをAmazonでポチり。

1個「3000円ちょい」と安く、しかも「PCゲーム+テレビゲーム」等とゲーム全般に使えて汎用性◎です。

特徴をまとめと、下記の通り。

  • スムーズに操作できる6軸ジャイロ
  • 「直感的×簡単」に操作できるタッチパッド
  • 10時間の長持ちバッテリーで充電いらず
  • 使い勝手◎な「無線接続+優先接続」に対応

「反応・操作・軽さ」も3000円とは思えないレベルなので、かなりコスパ良いですね。

ゲーム用コントローラーを使い始めたことで、ミニゲームの勝率が一気にアップしました。デイリーミッションも簡単にクリアできています。

やはりゲーム環境は大事です。
キーボードとは操作性がまるで違うので、Blankosを有利に進めるには必須アイテムに感じました。

初期投資としては安いもんです(/・ω・)/

スポンサーリンク

【更に深堀り】Blankosを様々な視点から分析

Blankosを色んな角度から更に深掘り分析してみます。

BCGは「ゲームが楽しそうっ!」だけじゃ人気化せず、他にも色んな要素が大事です。

Blankosのロードマップ→公表なし?

Blankosはロードマップを正式に公表していません。

この規模感のBCGでロードマップ無しは違和感を感じますが、僕は見つけられませんでした。

YouTubeで「BuildMode」のロードマップを解説されており、部分的に解説をされている情報はありました。

Blankosの直近の動き

Blankosの直近の動きは、下記の通りです。

Blankosのホワイトペーパーは?

Blankosのホワイトペーパーも公式サイトには、公表されていませんでした。

下記がブクマ必須のBlankosの情報元です。

情報源が多くて全てを確認するのは大変な人は、Twitterと公式ブログを確認しておけばOKかなと。

僕のTwitterアカ(@atsugili01)をフォローすると、最新のブロックチェーンゲーム情報が届くので良ければご活用ください(/・ω・)/

Blankosの仮想通貨は?

Blankosは仮想通貨を発行していません。

今はゲーム内で使える通貨「MOOLA」のみです。

PlaytoEarnゲームをアピールするなら、ゲームで稼げる仕組みは必須なので2022年の変化に期待ですね。

BlankosのNFTは公式Marketplaceのみで売買が可能

BlankosのNFTは公式Marketplace(Mythical Games Marketplace)以外では、売買することができません。

  • OpenSeaで購入・売却はできない
  • メタマスクへNFTを送付できない

BlankosのNFTは、ゲーム外の汎用性が低いです。

理由は「EOSチェーンで作られたゲームだから…」で、ここは残念なポイントです。

BlankosはEOSチェーンで作られたBCG

Blankosは「EOSチェーン」で作られたBCGです。

ザックリいうと「性能は高いけど、かなり残念なチェーン」といった感じです。

「ゲームに使われているチェーンの種類」は大事なので、僕なりの見方を解説しますね。

EOSは「爆速×無料」のチェーン

EOSチェーンは「爆速の処理スピード×手数料無料」で使い勝手はバツグンです。

BitcoinやEthereumとは異なり、EOSに決済機能はありません。

EOSの爆速っぷりを「1秒間に処理できる件数」で比較すると、下記の通りです。

  • Bitcoin:6件/秒
  • Ethereum:15件/秒
  • SOLANA:5万件/秒
  • EOS:100万件/秒

ちなみにVISAのクレジットカードは「4000件/1秒」なので、他の処理速度と比較するとEOSの爆速っぷりが分かります。

「処理速度=スムーズになゲームプレイ」に直結するので、かなり重要なポイントです。

これだけ見ると「EOSって最強じゃん!」と感じるかもですが、少し視野を広げると残念なニュースがどんどん見つかるチェーンなんですよね…。

EOSは詐欺の温床に?

EOSチェーン特徴をググると「EOS=詐欺系の情報」が大量にヒットし、詐欺に悪用されるケースが多い残念な内容でした…。

  • EOSのDappsへのハッキング被害が多発
  • 「投資家→開発者」へ集団で訴訟された
  • EOSの専用ウォレットで出口詐欺が勃発
  • EOSのDeFiで出口詐欺が勃発

EOSは「不祥事・詐欺」系のニュースが多く、何だか信頼を置けなさそうなチェーンなんです…。

なので「Blankos楽しそう→ググる→EOSチェーンか…→資金は投入しない」と判断する人(投資家)は一定数いるはず…。

SOLANAチェーンだと最高なのに(/・ω・)/

NFT購入は「クレカ・仮想通貨」に対応

BlankosのNFT購入は「クレジットカード・仮想通貨」に対応しています。

  • どこで買う?:公式Marketplace
  • 購入方法は?:クレカ・仮想通貨

「クレジットカードで買えるNFT」は、かなり珍しいです。

もちろん仮想通貨決済(BTC・ETH・USDC)にも対応しているので、お好みの決済方法を選んで購入しましょう。

「Blankos×バーバリー」のコラボNFT

2021年8月に「Burberry×Blankos」のコラボNFTを発表済みです。

「ブランコ本体・ジェット・シューズ・アームバンド」の計4種類を販売しており、今は公式Marketplaceの2次流通から購入できます。

2021年後半に「Nike×CloneX」や「adidas×BAYC」のコラボNFTが話題でしたよね。

その点、Blankosの先見性がスゴイですよね。

BlankosのNFTはコレクション要素が強い

BlankosのNFTは、コレクション要素がスゴく強いです。

購入したNFTは、コレクションタワー(ガラスに陳列されたような状態)として見ることができます。

このBlankos本体に「キャップ・バッグ・シューズ」等を装着するのは、下記のように行います。

1つ購入すると、他にも2個・3個と欲しくなるのはBlankosが魅力的だからこそですよね。

スポンサーリンク

【まとめ】Blankosの成長に期待→先駆者優位を狙う

Blankosの今後の成長に期待しています。

「ゲームの品質・今後の拡張性」に対して、「NFT価格・Twitterフォロワー・YouTubeチャンネル登録数」などが成長段階ですよね。

僕の勝手な妄想を書き出すと、下記の通り。

  • BlankosのNFT価格が高騰する?
  • 既存ユーザーへのエアドロ案件がある?
  • ゲーム内コインの現金化に対応する?

ゲームが人気化すれば十分に実現可能かなと。

Blankosの今後に期待です(/・ω・)/

ABOUT ME
あつぎり
「投資家×NFTゲーマー」です。NFTゲームの学び・情報をBlog・Twitterへ投稿します。自分で言うのもですが…、かなり有益で速報性◎です。