i-smart

【全館さらぽか空調】要らない6つの理由 ≪一条工務店の家には不採用に≫

疑問を持つペンギン
疑問を持つペンギン
床冷房って必要かな?一条工務店の全館さらぽか空調について知りたいな!

この記事では「【全館さらぽか空調】要らない6つの理由 ≪一条工務店の家には不採用に≫」を解説します。

あつぎり
あつぎり
良さげなオプションだけど、不採用に!

我が家は一条工務店で建てた25坪の平屋(i-smart)です。

「全館さらぽか空調」は、我が家では『不採用』です。

不採用になった6つの理由を記事で解説しますね。

chii
chii
私たちには「合わない」オプションでした!

【全館さらぽか空調】要らない6つの理由

あつぎり
あつぎり
まずは一条工務店の「全館さらぽか空調(床冷房)」を簡単に説明するよ!

全館さらぽか空調の特徴は、3つです。

全館さらぽか空調の特徴
  1. 全館さらぽか空調=床暖房+床冷房
  2. 湿度をコントロールして快適な空間に
  3. サーキュレータで部屋が涼しくなる

ザックリ、解説しますね。

chii
chii
全館さらぽか空調の特徴を知っている人は、読み飛ばしてもOK!

特徴①:全館さらぽか空調=床暖房+床冷房

全館さらぽか空調とは、床で「暖房+冷房」の両方が可能な空調システムです。

  • 夏(床冷房):床を冷やして、冷房運転
  • 冬(床暖房):床を温めて、暖房運転

「床暖房」は一般的ですよね。

その床暖房の床下の配管に水を通すことで床を冷やし、夏に冷房運転を行うことが可能です。

これが全館さらぽか空調の冷房の仕組みです。

あつぎり
あつぎり
床で冷房も暖房も空調管理できるのは画期的!

特徴②:湿度をコントロールして快適な空間に

全館さらぽか空調は「湿度をコントロール」して快適な空間を作ります。

  • :湿気を逃がし、部屋の湿度を下げる
    →部屋がサラッと涼しく感じる
  • :保湿された空気を取り込む
    →部屋の乾燥を防ぐ

つまり梅雨の湿気、冬の乾燥に最適な機能です(/・ω・)/

特徴③:サーキュレータを組み合わせて快適に

「全館さらぽか空調+ロスガード」を組み合わせて使うと、全館空調として使えます。

一条工務店の家には「ロスガード」という、サーキュレーターが全部屋についています。

ザックリ言うと、「ロスガード=天井埋め込み式の扇風機」ですね。

  • 床を冷やす → ロスガード循環 → 部屋が快適に

全館さらぽか空調で冷やした床の空気をロスガードで循環させ、部屋全体をまんべんなく冷やすイメージですね。

【メリット】全館さらぽか空調の冷房運転を使うと?

全館さらぽか空調の第1印象はこちら↓

  • スゲー、近未来の冷房機能!!
  • 全館さらぽか空調があれば、エアコン要らず?
  • ”光熱費”にこだわる一条ならお得そう。

などなど、

かなり魅力に感じたわけですが

結局、我が家では『全館さらぽか空調=不採用』です。

その理由を解説しますね。

あつぎり
あつぎり
全館さらぽか空調は不採用!オプションには「合う・合わない」があるよね。
スポンサーリンク

全館さらぽか空調が要らない6つの理由

chii
chii
我が家で全館さらぽか空調が不採用の6つの理由です。
全館さらぽか空調が要らない理由
  1. 全館さらぽか空調の導入コストが高い
  2. 猛暑にさらぽか空調だけはキツイ
  3. 直ぐに部屋を冷やせない
  4. 全館さらぽか空調は電気代が高い
  5. 10年ごとのメンテナンス費が高額
  6. 新商品で不確定要素が多い

下記を元に不採用の判断をしました。

  • 一条の宿泊体験(8月猛暑)
  • 一条の入居宅訪問(8月猛暑)
  • SNS等の口コミ
あつぎり
あつぎり
全館さらぽか空調の解説は、僕に任せてっ!

理由①:全館さらぽか空調の導入コストが高い

要らない理由の1つ目は「全館さらぽか空調の導入コストが高い」です。

全館さらぽか空調は有料オプションで「1坪=1.5万」で計算です。

家の坪数でオプション金額が変わるので「小さい家ほど安く、大きい家ほど高く」なるというワケです。

ザックリ言うと、『全館さらぽか空調=約40~50万』のオプションですね。

僕は正直、全館さらぽか空調はかなり高いと感じました( ゚Д゚)

  • 全館さらぽか空調は「40~50万」とオプション費用が高い

理由②:猛暑にさらぽか空調だけはキツイ

要らない理由の2つ目は「猛暑にさらぽか空調だけキツイ」です。

全館さらぽか空調の床冷房は、基本的には快適です。

でも真夏に全館さらぽか空調だけで過ごすと、かなり暑いです。

あつぎり
あつぎり
暑がりの人には、夏はシンドイかも…。
真夏 × さらぽか空調
  • 床が冷たいだけで、部屋が暑い
  • 風呂の後は涼しさが物足りない
  • 寝る時が特に暑い

日中の外気温が32~33度を超えると「全館さらぽか空調+エアコン運転」の併用が必要になるはずです。

特に「暑がり体質が全館さらぽか空調だけで夏を過ごすのはシンドイ」です。

chii
chii
夫婦で冷房温度の感じ方が違うと、温度調整が難しいかも!

もし追加で洋室にエアコンを購入すると「6畳用 7万 × 3台=21万」ほどと、更に高額なコストが必要です。

つまり空調だけで60~70万ほどのコストが必要に…( ゚Д゚)

  • 全館さらぽか空調だけで真夏は暑い。エアコン追加すると空調コストが60~70万と高額に

理由③:直ぐに部屋を冷やせない

要らない理由の3つ目は「直ぐに部屋を冷やせない」です。

あつぎり
あつぎり
暑い時はひたすら我慢しなきゃいけないのか…?

全館さらぽか空調で部屋が冷える仕組みを考えたら、イメージしやすいです。

部屋が冷える仕組み
  1. 床下の配管内の水を冷やす
  2. 床下の配管が冷える
  3. 床の表面が冷たくなる
  4. ロスガードの送風で循環

つまり「水→配管→床→送風」の4ステップが必要です。

なので「暑い→設定温度を下げた」としても、直ぐには涼しくなりません。

設定温度まで下がるのに「1~2日ほど」必要なので、「暑いから数時間だけ冷やしたい」シーンには不向きです。

全館さらぽか空調が不向きなシーン
  • 買い物から帰宅後の数時間だけ
  • 風呂あがりの30分間だけ
  • 急な来客の時だけ
  • たまたま暑かった1日だけ
  • 寝つきが悪い夜だけ
  • 暑くなる夕食の時だけ

部屋が冷えるまでのタイムラグで、色んなシーンへの対応力は低めですね。

chii
chii
部屋の温度管理が難しそうね…。
  • 部屋の温度が設定温度になるまで1~2日ほど必要。直ぐに部屋を冷やせない。

理由④:全館さらぽか空調は電気代が高い

要らない理由の4つ目は「全館さらぽか空調は電気代が高い」です。

一般的な「32坪×3LDK」の家を「28度」設定で使った時の冷房運転の電気代の比較です。

全館さらぽか空調の方が約20%くらい電気代が高くなるイメージですね。

全館さらぽか空調は24時間ずっと電源ONなので、常に涼しくて快適という点を加味すると安く感じます。

あつぎり
あつぎり
でも暑くてエアコンを併用すると、電気代は更に高くなる点に注意!

先に解説した注意点も合わせて判断すべきですよね。

  • 全館さらぽか空調の導入コスト
    40~50万ほど
  • エアコンの追加コスト
    30万ほど
  • 高くなる電気代
    +20%ほど(エアコン比)

快適性を加味すると、電気代には納得ですが「さらぽか空調+エアコン」の導入コストが2重に必要なのはシンドイですよね。

  • 全館さらぽか空調は、電気代が+20%ほどエアコンより高い
chii
chii
一条工務店の高気密・高断熱の家だと、普通よりもエアコンの電気代は安くなるよ!

理由⑤:10年ごとのメンテナンス費が高額

要らない理由の5つ目は「10年ごとのメンテナンス費が高額」です。

あつぎり
あつぎり
メンテナンス費は採用「する・しない」の大事な基準!

10年で「55万」のメンテナンス費が必要

一条工務店の家って「屋根も外壁もメンテナンスフリー」で導入後のコストが安い家ですよね。

なので「全館さらぽか空調も導入後は、メンテナンス費が安くてお得なんじゃ?」と思いましたが、逆に割高でした(`・ω・´)

約10年ごとに必要なメンテナンス費はこちら↓です。

全館さらぽか空調のメンテナンス費
  • デシカント(耐久年数10年)
    → 40万
  • サーキュレーター(耐久年数8年)
    → 1台 3万 × 5個 = 15万

つまり10年毎に「メンテナンス費 55万」が必要なんですよね。

メンテナンス費を比較「さらぽか空調 vs エアコン」

一条工務店の家は全館さらぽか空調の「有・無」に関係なく、リビング用エアコンが1台無料で設置されます。

なので「さらポカ空調 vs エアコン」のメンテナンス費は、リビング以外の「洋室3部屋」で比較しました。

10年後のメンテナンス費
  • エアコンで空調
    約21万(エアコン 1台7万 × 3台)
  • さらぽかで空調
    約55万(デシカント+サーキュレーター)

ポイントは「最初から全ての部屋にエアコンが必要か?」です。

「子供部屋の未使用期間=エアコン不要」となると、それだけメンテナンス費も安くなりますよね。

↑は洋室3台設置のケースですが、主寝室1台だけの設置だと「10年/7万」ほどです。

逆に「全館さらぽか空調=部屋数が多いほどお得」とも言えますよね。

chii
chii
一条工務店のメンテナンス費が分かる記事だよ!
【後悔ポイント】一条工務店で家を建てる前に知っておくこと 「一条工務店で家を建てる前に知っておくこと」を解説します。 この記事は「一条工務店で家を建てる人」向けに、僕の後悔ポイ...

一条工務店は「ロスガード・太陽光・床暖房」と魅力的な設備が多いです。

でも良い設備なだけに、メンテナンス費が高い点に注意です( ゚Д゚)

  • 10年ごとのメンテナンス費が55万と高額

理由⑥:新商品で不確定要素が多い

要らない理由の6つ目は「新商品で不確定要素が多い」です。

あつぎり
あつぎり
全館さらぽか空調の情報が少ない印象!

全館さらぽか空調は一条工務店で「2016年」に発売され、2021年時点で3世代目です。

  • 発売:2016年
  • モデルチェンジ:3世代目

歴史が浅いので、故障・耐久性・使い勝手で心配が多めですね。

実際に住んでいる人でも否定的な口コミも多い点も不安です。

全館さらぽか空調の否定的な意見
  • 室温に対して、床が冷た過ぎ
  • 床が結露で濡れる
  • 運転音が大きくてうるさい
  • 故障の予測が難しい(価格)

特に「床が冷たい」のは冷え性の人にとって、地獄かもです。

全館さらぽか空調を採用した家だと、夏は常にスリッパ着用とも聞きます。

もしこんな感じ↓になると、最悪( ゚Д゚)

  • 室温を下げたいけど、直ぐに冷えない
  • でも床は冷たくて、冷え性でツライ
  • 室温が下がる前に床が結露で濡れてきた( ゚Д゚)

ネットで調べると「洗面所・脱衣所」の床が結露しやすいようですね。

真夏にエアコンが必須にも関わらず、↑のリスクは…ですよね。

情報の信頼性は低いかもですが、不安要素なので要らない理由の1つです。

スポンサーリンク

【まとめ】全館さらぽか空調を不採用の理由

『全館さらぽか空調が要らない6つの理由』の解説でした。

あつぎり
あつぎり
僕が要らないと判断した6つの理由だよ!
全館さらぽか空調が要らない理由
  1. 全館さらぽか空調の導入コストが高い
  2. 猛暑にさらぽか空調だけはキツイ
  3. 直ぐに部屋を冷やせない
  4. 全館さらぽか空調は電気代が高い
  5. 10年ごとのメンテナンス費が高額
  6. 新商品で不確定要素が多い

正直なところ、全館空調システムは他社の方が性能が高い印象です( ゚Д゚)

最近は低コストの全館空調が多く、一般住宅向けが増えています。

20年・30年で計算すると”お得”な全館空調も多いので、気になる人は他社に問い合わせる価値アリですね。

参考記事をどーぞ(/・ω・)/

【使い方】タウンライフで無料の間取り設計 家づくりの必須サービスの『タウンライフ家づくり』の使い方を解説します。 我が家は一条工務店で平屋2...

『全館空調付きの家を作りたい』と依頼すれば、無料で間取り設計ができるタウンライフというサービスです。

chii
chii
スゴく良いサービスだよ!全て無料♪
ABOUT ME
あつぎり
『家づくり』情報を発信するイカしたペンギンです。一条工務店のi-smartに住んでます。